ムルデカ・スクエアの基本情報:独立広場はKL観光の中心地!

ムルデカ・スクエア(独立広場)

■ムルデカ・スクエア(Merdeka Square)

ムルデカ・スクエア(Merdeka Square)はクアラルンプールの中心地、旧モスク(Masjid Jamek)近くに位置しています。

ムルデカ(Merdeka)とはマレー語で独立という意味になり、独立広場とも呼ばれています。1957年8月31日にマレーシアがイギリスからの独立を宣言した場所であることが、名前の由来になっています。そのため、8月31日の独立記念日にはこちらで大規模なイベントが開催されています。

広場にはマレーシア国旗が掲揚されているほか、噴水や印象的な歴代首相の肖像画があります。また、ベンチがあるため、休憩する場所としても適しています。

※屋根がないため、日陰での休憩はセント・マリー聖堂付近のベンチがおすすめです。

ムルデカ・スクエアの周辺、アクセス情報

ムルデカ・スクエア(独立広場)の歴代首相の肖像画

周囲には旧モスクのほか、1800年代後半から1900年代前半に建てられた多くの歴史的建造物があり、クアラルンプール観光の「中心」と言える場所になっています。主な観光スポットは以下の通りです。

  • スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)
  • 旧郵便局
  • ロイヤル・セランゴール・クラブ
  • クアラルンプール・シティギャラリー
  • 国立テキスタイル博物
  • クアラルンプール記念図書館
  • 旧モスク
  • セント・マリー聖堂
  • カウントダウン・クロック

上記のほか、広場の地下にはダタラン地下街(Dataran Underground)があります。少し寂れていますが、トイレ休憩やレストラン休憩ができる場所として押さえておくといいと思います。

ムルデカ・スクエア(独立広場)

アクセス

RapidKL、Ampang Lineのマスジット・ジャメ(Masjid Jamek)駅から徒歩8分。

旧モスク側から広場に向かうコースでは、駅から200メートルほど歩き、左に曲がります。すると旧市庁舎(現劇場)があるので、そちらをまっすぐ進むと広場に到着します。

旧市庁舎横には整備された橋があるので、そちらからゴンパック(Gombak)川周辺の景色を見るのがおすすめです。

ゴンパック(Gombak)川

滞在後記

ムルデカ・スクエアはマレーシア独立を象徴する場所であり、この国はここから始まったんだなと感じされてくれる場所でした。

周囲には英国統治時代の建物が多く残り、チャイナタウン周辺、KLCC周辺とは違った姿を我々に見せてくれています。

実際に訪れてみると、噴水と旗が掲揚されている広場です。ただの広場だと思う人もいると思います。しかし、上記の通り周囲には素晴らしい建物、観光スポットがあります。

現在のマレーシアという国のスタート地に来たんだという気持ち、感動を持つことができれば、きっとより良い観光ができると思います。