フィレンツェのブランド本店10選!グッチ本店で気になったことは?

エミリオ・プッチ本店のディスプレイ(1) フィレンツェ

フィレンツェはルネサンス芸術が多く残る都市ですが、魅力はそれだけではありません!

グッチ、サルヴァトーレ・フェラガモ、エミリオ・プッチなどの著名ブランドが本店を構えており、ファッションを満喫することもフィレンツェ観光の醍醐味だと言えます。

今回はグッチなど人気ブランドを中心に、フィレンツェに本店を構える10ブランドを紹介。日本法人がある注目のレザーブランド、老舗陶磁器ブランド、ディスプレイ商品の価格なども見所です。筆者が実際に撮影した写真も掲載しますので、ぜひフィレンツェ観光の参考にしてください!

スポンサーリンク

フィレンツェに本店を構えるブランド10選

1.グッチ(GUCCI)

グッチオ・グッチ(Guccio Gucci、1881〜1953年)が1921年に設立したブランド。革を使用した馬具専門店からスタート。第二次世界大戦中の材料不足により、リネンや麻、コットン、竹等の材料を使用してハンドバッグなどを作成したことが転機に。1953年に米国ニューヨークへ出店し、現在は全世界に約300の公式ストアを持つまでに成長しています。

本店はトルナブオーニ通り(Via de’ Tornabuoni)沿いにあり、内部はピンク色が強く、少し迷路のようでわくわく感のある造りになっています。ただ、店員が商品前で談笑するなど、落ち着いて商品を見ることができなかったことは残念でした。

【PR】Amazonでグッチの財布を購入する

営業時間:10:00~19:30(日〜19:00)
住所:Via de’ Tornabuoni, 73r, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩6分
公式サイト:https://www.gucci.com/
スポンサーリンク

2.サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo、1898~1960年)が1927年に設立したブランド。靴に特化し、1965年からは皮革製品や既製服なども手掛けています。1933年に一度倒産しましたが、1938年には現在の本店を購入できるほどに持ち直しています。著名人では、マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーン、ソフィア・ローレン、アンディ・ウォーホルなどに愛用されたことで知られています。

ディスプレイ商品の価格については、靴が530〜550ユーロ、財布が495〜595ユーロ、バッグが1690ユーロほどでした。なお、トルナブオーニ通り沿いに位置する本店にはサルヴァトーレ・フェラガモ博物館(Museo Salvatore Ferragamo)が併設されています(チケットは9ユーロ)。気になる方はぜひ訪れてみてください。

【PR】Amazonでサルヴァトーレ・フェラガモの財布を購入する

サルヴァトーレ・フェラガモについて

サルヴァトーレ・フェラガモ(1898~1960年)は、イタリア南部カンパニア州アヴェッリーノ県ボニートに生まれ。ナポリで靴製作を学んだ後、実家で小さな店舗を開業。

その後、1914年に兄弟がいたアメリカ・ボストンに渡った後、カリフォルニア・サンタバーバラでオーダーメイド&リペアの靴専門店を開業。その際、足を痛めない靴作りのため、南カリフォルニア大学で解剖学を学んでいます。1927年にイタリアに戻り、フィレンツェでサルヴァトーレ・フェラガモを設立しています。

営業時間:10:00~19:30(日〜19:00)
住所:Via de’ Tornabuoni, 4r, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩8分
公式サイト:https://store.ferragamo.com/
スポンサーリンク

3.エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)

フィレンツェのエミリオ・プッチ本店

エミリオ・プッチ(Emilio Pucci、1914~1992年)が1947年に設立したブランド。マリリン・モンローやエリザベス・テーラーなどに愛用され、現在はLVMHグループに属しています。本店はトルナブオーニ通り沿い、サルヴァトーレ・フェラガモ本店近くに位置しています。

ディスプレイ商品の価格については、ダウンコートが1600ユーロ、カーディガンが1500ユーロ、セーターが490ユーロ、レギンスが490ユーロ、スカーフが680〜750ユーロ、バッグが520〜1300ユーロ、財布が320ユーロ、サングラスが240ユーロでした。ぜひ商品購入を検討する際の参考にしてください。

■エミリオ・プッチについて

エミリオ・プッチはフィレンツェの貴族「プッチ家」に生まれ、ドゥオーモ近くのプッチ宮殿(Palazzo Pucci)で人生の大半を過ごしました。第二次世界大戦中は空軍パイロットとなり、戦後は政治家としても活躍した人物になります。

営業時間:10:00~19:00(日曜日は11:00〜)
住所:Via de’ Tornabuoni, 20, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩7分
公式サイト:https://home.emiliopucci.com/

4.オフィチーネ・パネライ(OFFICINE PANERAI)

フィレンツェのオフィチーネ・パネライ(OFFICINE PANERAI)本店

ジョヴァンニ・パネライ(Giovanni Panerai、1825~1897年)が1860年に設立した高級腕時計メーカー。グラツィエ橋(Ponte alle Grazie)付近で創業。その後、現在の本店があるサン・ジョヴァンニ広場(Piazza San Giovanni)に移転しています。

イタリア海軍向けダイバーズウォッチを手掛けるなど、長く軍事用として展開されていました。1993年にイタリア軍との契約終了に伴い、一般向けにも販売を開始しています。レギュラーラインナップのラジオミール(RADIOMIR )は日本円で50〜93万円ほど。ルミノール(LUMINOR)は55〜90万円ほど。限定モデルは1600万円超の商品もあります。

営業時間:10:00~19:00(日曜日は11:00〜)
住所:Piazza di San Giovanni, 14R, 50129 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場からすぐ
公式サイト:https://www.panerai.com/
スポンサーリンク

5.ステファノ・リッチ(STEFANO RICCI)

ステファノ・リッチ(Stefano Ricci)と彼の妻「クラウディア(Claudia)」が1972年に設立したブランド。本店はペシオニ通り(Via dei Pescioni)に位置しています。スーツ、カジュアルなどメンズウェアを中心に展開されており、特徴はデザインから製造、仕上げまで全てイタリアで行われている点になります。値段感はスーツが4600〜5900ユーロ、カシミアコートが5900ユーロ、シャツが650〜750ユーロ、ジーンズが600〜900ユーロほどになります。

営業時間:10:00~19:00(日曜日は定休日)
住所:Palazzo Tornabuoni, Via dei Pescioni, 1c, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩5分
公式サイト:https://www.stefanoricci.com/

6.エルマンノ・シェルヴィーノ(ERMANNO SCERVINO)

デザイナーのエルマンノ・ダエッリ(Ermanno Daelli)、起業家のトニ・シェルヴィーノ(Toni Scervino)が2000年に設立したブランド。世界中に約40店舗あり、本店はストロッツィ通りに位置しています。エルマンノ・シェルヴィーノもイタリアでのみ製品の製造を行っています。

なお、エルマンノ・ダエッリ(Ermanno Daelli)はニューヨークに在住していた頃、ポップアートの巨匠「アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)」に出会ったことで、ブランド立ち上げを決めたとも言われています。

営業時間:10:00~19:00(通常は毎日営業)
住所:Via degli Strozzi, 32R, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩5分
公式サイト:https://www.ermannoscervino.com/
スポンサーリンク

7.ジャンフランコ・ロッティ(GIANFRANCO LOTTI)

フィレンツェのジャンフランコ・ロッティ(GIANFRANCO LOTTI)本店

ジャンフランコ・ロッティ(Gianfranco Lotti)が1968年に設立したレザーバッグブランド。トルナブオーニ通りに最初のブティックを開き、現在は中国・重慶、ドバイ、ドーハ等にもブティックがあります。ディスプレイ商品の価格については、バッグが1150〜2050ユーロ、カードホルダーが310ユーロ、ブレスレットが410ユーロ、ブレスレット(小)が290ユーロになります。

※トルナブオーニ通りのブティックは閉店しています。

8.パトリツィア・ペペ(PATRIZIA PEPE)

パトリツィア・バンビ(Patrizia Bambi)、彼女の夫「クラウディオ・オレア(Claudio Orrea)」が1993年に設立したブランド。本店はサン・ジョヴァンニ広場に位置しています。東京・表参道ヒルズ等で店舗が展開されていましたが、ブランドのアジア撤退により日本からも撤退しています。

値段感はコートが388ユーロ、ドレスが238ユーロ、ジーンズが198ユーロ、バッグが338ユーロ、ブーツが308ユーロ、サンダルが248ユーロほどで、比較的手が届きやすいブランドになっています。

営業時間:10:00~19:30(日〜19:00)
住所:Piazza di San Giovanni, 12r, 50129 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場からすぐ
公式サイト:https://www.patriziapepe.com/
スポンサーリンク

9.リチャード・ジノリ(RICHARD GINORI)

1735年に創業したイタリアの老舗陶磁器メーカー。カルロ・ジノリ(Carlo Ginori)侯爵がセスト・フィオレンティーノに磁器窯を開いたことが始まり。1896年にリチャード製陶社と合併し、社名がリチャード・ジノリになりました。

値段感はカップが48ユーロ〜、平皿が59ユーロ〜、マグカップが114ユーロほど。食器のシリーズ等によって価格は異なるため、目安として参考にしてください。なお、同社は2013年1月に破産し、同年にグッチによって買収されています。

【PR】Amazonでリチャード・ジノリのカップを購入する

営業時間:10:00~19:00(日曜日は12:00〜18:30)
住所:Via dei Rondinelli, 17, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩4分
公式サイト:https://richardginori.co.jp/

10.ベンハート(BENHEART)

フィレンツェのベンハート(BENHEART)本店

イシャム・ベンバレク(Hicham Benmbarek)、マッテオ・マッシーニ(Matteo Massini)が2011年に設立したレザーブランド。旗艦店はカルツァイウオーリ通り(Via dei Calzaiuoli)に位置しています。

東京・原宿にも店舗がありましたが、新型コロナウイルスの影響などにより閉店しています。オンラインショップ(日本語)から商品購入ができます。メイド・イン・イタリー、ハンドメイドが特徴で、値段感はメンズジャケットが日本円で14万円前後、レディースジャケットが13万円前後になります。

営業時間:9:00~20:30(通常は毎日営業)
住所:Via dei Calzaiuoli, 78/r, 50122 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩2分
公式サイト:https://benheart.jp/
スポンサーリンク

番外編

グッチガーデン(Gucci Garden)

シニョリーア広場(Piazza della Signoria)に位置する旧グッチ博物館(GUCCI MUSEO)。グッチ博物館として運営されていましたが、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)の発案によって、2018年2月にリニューアルオープン。

ギャラリーに加え、限定商品等が取り扱われているショップ、ミシュランで3つ星を獲得したシェフが手掛ける「グッチ・オステリア(Gucci Osteria)」も併設されています。

営業時間:10:00~23:30(通常は毎日営業)
料金:8ユーロ(ギャラリー)
住所:Piazza della Signoria, 10, 50122 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩6分
公式サイト:https://www.gucci.com/
スポンサーリンク

最後に

中世ルネサンス芸術のみならず、ブランドショッピングを楽しむこともフィレンツェ観光の醍醐味になります。

フィレンツェの街にグッチなどのブランドは欠かせないものであり、一つの文化を見るという観点からもブランド本店巡りはおすすめです。ぜひ、こちらの記事を参考にしてブランド本店巡りを楽しんでみてください。

※各ブランド本店の場所については以下のグーグルマップ(青色)にまとめています。