パビリオン・クアラルンプールのブランド一覧は?アクセス方法も紹介!

パビリオン・クアラルンプールの外観 クアラルンプール

パビリオン・クアラルンプール(Pavilion Kuala Lumpur)は、マレーシアの首都「クアラルンプール」のブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)地区にあるショッピングセンターです。

周囲には「ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール」、「JWマリオット・ホテル・クアラルンプール」、「グランド・ミレニアム・ホテル・クアラルンプール」などの5つ星ホテルがあり、多くの観光客が滞在するエリアになっています。

スポンサーリンク

パビリオン・クアラルンプールについて

パビリオン・クアラルンプール

2007年9月20日にオープンした大型ショッピングセンターになります。

総床面積は約12万7277m²(東京ドーム約2.7個分)、500以上のショップが展開されています。設計は「KKR2タワー」や「グランドハイアット・クアラルンプール」を手掛けた「GDP Architects」が担当しています。

高級ブランドのブティックはバランス良く揃っています。また、カジュアルも展開されており、若年層の顧客もしっかり取り込んでいます。さらに、マレーシアの大手デパートチェーン「パークソン(Parkson)」などがテナントとして入っている点もポイントです。

ショッピングエリアについて

8つのショッピングエリアがありますが、クチュール・パビリオン(Couture Pavilion)、ファッション・アベニュー(Fashion Avenue)が買い物の主体になります。それ以外のほとんどは飲食店エリアになります。なお、東京ストリート(Tokyo Street)という面白いエリアもあるので、今回はそちらも合わせて紹介します。

■クチュール・パビリオン

クチュール・パビリオン

ブルガリやグッチ、プラダなど高級ブランドのブティックが軒を連ねるエリアです。落ち着いた雰囲気が特徴になり、歩いている人も少ないのでウィンドーショッピングには最適です。

■ファッション・アベニュー

クチュール・パビリオンと比べ、カジュアル志向の強いエリアです。ショップはアルマーニ・ジーンズ、ロンジン、テッド・ベーカー、ヴィクトリアズ・シークレットなどがあります。

■東京ストリート

日本をモチーフにしたエリアです。日本食レストランや100円ショップのダイソー、日本製の時計を取り扱っているショップ、日本のお菓子を販売しているショップなどがあります。

レストラン&スーパーマーケット

■レストラン

パビリオン・クアラルンプールのフードコート

「Level 1」にはフードコートがあり、マレー料理やタイ料理、日本食などを食べることができます。また、CoCo壱番屋や日本のスウィーツ店のほか、マレー料理のナシレマッで有名な「Madam Kwan’s」、「Tony Roma’s」などのレストランもあります。

「Level 7」のダイニング・ロフト(Dining Loft)には、アラビア料理、広東料理、ビュッフェ式焼肉レストランなどがあります。

■スーパーマーケット

パビリオン・クアラルンプールのスーパーマーケット

「Level 1」にはメルカト・スーパーマーケット(Mercato Supermarket)があります。街の中心にあるスーパーとしては値段も高くなく、積極的に利用するのがおすすめです。ポカリスエットなど日本の商品も売られています。

ブランド一覧(一部)

・AIGNER
・ANYA HINDMARCH
・BALENCIAGA
・Bell & Ross
・BOTTEGA VENETA
・BREITLING
・BURBERRY
・Cartier
・CÉLINE
・CHOPARD
・COACH
・DKNY
・EMILIO PUCCI
・Ermenegildo Zegna
・FENDI
・FURLA
・GIORGIO ARMANI
・GIUSEPPE ZANOTTI
・GIVENCHY
・GUCCI
・HERMÈS
・HUGO BOSS
・ISSEY MIYAKE
・IWC
・JAEGER-LECOULTRE
・JIMMY CHOO
・Kate Spade New York
・LANCEL
・LOEWE
・LONGCHAMP
・LONGINES
・MANOLO BLAHNIK
・Max Mara
・MCM
・MICHAEL KORS
・MIKIMOTO
・MIU MIU
・MONTBLANC
・MOSCHINO
・MULBERRY
・OFFICINE PANERAI
・OMEGA
・Paul Smith
・PIAGET
・PRADA
・RADO
・Roger Vivier
・ROLEX
・SAINT LAURENT
・Salvatore Ferragamo
・TAG Heuer
・TIFFANY & CO.
・TOD’S
・TORY BURCH
・TUDOR
・VERSACE
スポンサーリンク

パビリオン・クアラルンプールの基本情報

パビリオン
開業2007年9月20日
設計GDP Architects
総店舗数500以上
総床面積約12万7277m²
営業時間10:00〜22:00
最寄り駅MRTのブキッ・ビンタン駅
公式サイト

アクセス

MRTやKLモノレールの「ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)」駅が最寄り駅になります。

MRTの駅からは徒歩2分になり、ブキッ・ビンタン通り(Jalan Bukit Bintang)を約150メートルほどまっすぐ進むだけになります。KLモノレールの駅からも基本的には同じルートになります。

滞在後記

パビリオン・クアラルンプールはとにかく大きく、隣接するエリート(Elite)を含めると、1日の多くの時間をこちらで過ごすことができそうでした。

ショッピングセンターの規模的にカジュアル系ショップは少なめですが、高級ブランドのブティックはバランス良く展開されています。スリアKLCCほど人はおらず、比較的ゆっくりと買い物を楽しむことができると思います。

また、気軽に利用できるスーパーマーケットやフードコートは観光客にとってとても便利です。さらに、日本の製品もたくさんあるので、現地の食事が合わない人はこちらに来れば安心です。

クアラルンプールで一番おすすめしたい買い物スポット「パビリオン」にぜひ行ってみてください。