クアラルンプールのショッピングセンター15選!スリアKLCCなど

経済成長を遂げるマレーシアの首都「クアラルンプール」には多くのショッピングセンター、ショッピングモールが建設されています。

高級ブランドのブティックが多く入る富裕層向けのものから、カジュアル系主体のショッピングセンター、ファミリー向け、電化製品に特化したものまで幅広く展開されています。

今回は観光客も注目しておきたいクアラルンプールのショッピングセンターを15ヵ所紹介していきます!

クアラルンプールのショッピングセンター15選

1、スリアKLCC​

KLCC公園から撮影したスリアKLCC(Suria KLCC) スリアKLCC内の写真

ペトロナスツインタワーと下階部分が共有されているショッピングセンター。クアラルンプール観光の中心地とも言える場所にあります。

ルイ・ヴィトンなど多くの高級ブランドのブティックに加え、伊勢丹など日系企業のテナントも多く入っています。さらに、地下にはスーパーや伊勢丹の食品売り場があり、旅行者の強い味方とも言える場所になります。

スリアKLCCのブランド一覧

2、パビリオン

パビリオン・クアラルンプールの外観 パビリオン・クアラルンプールのサンローラン

クアラルンプール有数のショッピング街「ブキッ・ビンタン地区」の中心的ショッピングセンター。

グッチやプラダなどの人気ブランドに加え、大手デパート「パークソン」がアンカーテナントとして入っている点がポイントです。日本をモチーフにした東京ストリートやフードコート、スーパーマーケットなど日本人旅行者が訪れておきたい施設も目白押しです!

パビリオンのブランド一覧

3、スターヒル・ギャラリー

スターヒル・ギャラリー(Starhill Gallery)の外観 スターヒル・ギャラリーの美しい吹き抜け

ブキッ・ビンタン地区にある富裕層向けショッピングセンター。パビリオンの向かいにあり、この辺りがクアラルンプールにおける高級ブランド店街になっています。

「パテック・フィリップ」など高級腕時計ブランド、宝飾品ブランドが多い点がポイントです。本格的なマレーシア料理が楽しめるレストランなどもあり、現地セレブが訪れる人気スポットにもなっています。

スターヒル・ギャラリーのブランド一覧

4、ザ・ガーデンズ・モール

ザ・ガーデンズ・モール(The Gardens Mall) ザ・ガーデンズ・モールのルイ・ヴィトン

ミッドバレーシティに位置するショッピングモール。ミッドバレーメガモールと接続されており、一大買い物スポットが形成されています。

エルメスなど高級ブランドのブティック、高級腕時計を販売する店舗が入っているため、高級ブランド好きな人におすすめです。そのほか、中核テナントとして伊勢丹、デパートの「Robinsons」も入っています。

ザ・ガーデンズ・モールのブランド一覧

5、ミッドバレーメガモール

ミッドバレーメガモールの外観 ミッドバレーメガモール内

ミッドバレーシティに位置する中間層、ファミリー向けショッピングモール。

マレーシアで6番目の規模になり、カジュアル系主体に約430のテナントが入っています。ソニー、キヤノンを始め、エイスースやデルなど電化製品のショップが多い点がポイントです。日系企業ではイオン、無印良品、ユニクロ、吉野家に加え、ヤマハ(楽器店)などもあります。

ミッドバレーメガモールのブランド一覧

6、ロット・テン

ロット・テン(lot 10)の外観 ロット・テンの伊勢丹「The Japan Store」

ブキッ・ビンタン地区に位置するクアラルンプールで最も古いショッピングセンターの一つです。

伊勢丹「The Japan Store」がアンカーストアになり、マレーシア初のH&Mの店舗もあります。なかでも、飲食店街「ロット・テン・フートン」がおすすめ。歴史ある中華料理の名店が多く、麺料理や点心など日本人にも馴染みある食べ物が楽しめます!

ロット・テンの詳細はこちら

7、そごう・クアラルンプール

そごう・クアラルンプール(SOGO Kuala Lumpur)の外観 そごう・クアラルンプール内

1994年にオープンしたデパート。旧リトル・インディアの面影を残すチョウ・キットエリアに位置しています。

現在は日本のそごうグループから離れていますが、商標は引き続き利用されています。1階には有名ブランドのコスメ売り場がありますが、基本的には安い価格帯の商品が多く取り扱われています。そのため、地元の人が多いのが特徴です。

フロアガイドはこちら

8、ファーレンハイト88

ファーレンハイト88(Fahrenheit 88)

2010年8月に再オープンしたショッピングセンター。以前はKLプラザとして知られていました。中核テナントはユニクロ(マレーシア初の店舗)、「Brands Outlet」などになり、カジュアル系衣料品店を中心に170以上の小売店が入っています。4階(Level 3)にはフードコートもあります。

アクセスはこちら

9、スンガイ・ワン・プラザ

スンガイ・ワン・プラザ(Sungei Wang Plaza)

ブキッ・ビンタン地区にある1977年にオープンしたショッピングセンター。カジュアル系衣料など若者向け商品が主体です。携帯電話のアクセサリー、おもちゃ、雑貨類など様々なものが売られています。安価なものが多いため、掘り出し物のお土産などを探してみるのも面白い場所です。

アクセスはこちら

10、ベルジャヤ・タイムズ・スクエア

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア(Berjaya Times Square)

2003年10月にオープンしたショッピングセンター。マレーシアで3番目の規模を誇り、毎月250万人以上の人が訪れています。

ユニクロやソニーストアなどもありますが、基本的にはローカルストアが主体になります。子供向けテーマパークやスーパーマーケットを目的に訪れる場所と言った印象を受けました。

地図はこちら

11、プラザ・ロウ・ヤット

プラザ・ロウ・ヤット(Plaza Low Yat)

ブキッ・ビンタン地区にあるマレーシアで最も大きいITライフスタイルモールです。AcerやASUS、DELL、HP、Lenovoなど様々なメーカーのIT製品を購入することができます。また、リペアストアも豊富なため、旅行中のスマートフォントラブルの際はこちらに訪れてみると解決するかもしれません。

アクセスはこちら

12、ニューセントラル

ニューセントラル(NU Sentral)

セントラル駅に隣接するショッピングセンター。百貨店の「パークソン」やH&M、ユニクロ、Harvey Normanが中核テナント。スポーツ系ストア、コスメ、本屋などもあります。地下にはスーパーマーケット「Sam’s Groceria」があり、周囲に宿泊した際は力強い味方になります。

地図はこちら

13、マイタウン・ショッピング・センター

マイタウン・ショッピング・センター(MyTown Shopping Centre)

2017年3月にオープンしたショッピングセンター。

マレーシアで7番目の大きさを誇り、中核テナントのIKEAなど400以上のテナントが入っています。マレーシア最大のZARAの店舗があるなど、ファストファッションブランドは充実しています。そのほか、ベスト電器、無印良品もあります。

アクセスはこちら

14、クイル・シティ・モール

クイル・シティ・モール(Quill City Mall)

2014年10月にオープンしたショッピングモール。イオンが中核テナントで、アディダス、ベスト電器、ダイソー、H&M、UNITED COLORS OF BENETTON.など180以上のテナントが展開されています。向かいのドライサミ通りはナイトクラブなどがあることで知られています。

アクセスはこちら

15、サンウェイプトラモール

サンウェイ・プトラ・モール(Sunway Putra Mall)

プトラ世界貿易センター近くに位置するショッピングモール。PWTC駅と接続されており、アクセスは良好。以前は「The Mall」として知られていました。H&MやMANGO、ユニクロなどカジュアル系が主体です。スーパーマーケットやゲームセンター、サンリオショップなどもあります。

地図はこちら

■営業時間について

上記のショッピングセンターの営業時間は10:00〜22:00(※毎日)になります。

※そごう・クアラルンプールは21:30まで。時間変更の場合あり。

滞在後記

スリアKLCCやパビリオンは幅広い層をターゲットにしているため、非常にバランスの良いショッピングセンターだと感じました。高級ブランドから実用品まで揃い、旅行中のちょっとしたニーズも満たしてくれる、そのような場所だと言えます。

個人的なおすすめはスターヒル・ギャラリーになります。富裕層をターゲットにしたショッピングセンターということで、高級腕時計ブランドのブティックなど「ハイソサエティ感」満載です。雰囲気だけでも楽しむことができ、ウインドーショッピングだけでも良い思い出になりました。

また、上記のほかには、マレーシアで最も大きいショッピングセンター「1 Utama Shopping Centre」がクアラルンプール近郊にあります。規模感を楽しむならこちらがおすすめです。

ぜひ、以下の地図(ショッピングセンターは青色)を参考に、ショッピングセンター巡りをしてみてください!