ミラノのおすすめ観光地13選!見逃せない唯一の世界遺産とは?

中世と近代文化が織り成す芸術の街「ミラノ」!

イタリア第2の都市「ミラノ」は、第二次世界大戦の空襲で多くの建物が破壊された歴史を持っています。

しかし、戦後は急速に復興したほか、開発が可能になっていることなどを背景に、ミラノには近代的な建物が多くあります。

そんなミラノを世界一周で訪れ、印象に残った13カ所をおすすめ観光地として紹介しますので、ミラノ観光の参考にしてみてください!

■プラダなどミラノブランドの本店はこちらをチェック!

ミラノで高級ブランド本店巡り!プラダ、ドルチェ&ガッバーナなど
イタリア・ミラノで高級ブランド本店巡りをしよう!プラダ、ドルチェ&ガッバーナ以外で本店を構える人気ブランドとは?「ファッションの街」にあるブランド店街で展開されているブティック一覧も掲載。グーグルマップで場所のおさらいをしよう!

イタリア・ミラノのおすすめ観光地13選

ドゥオーモ周辺の観光スポット
ドゥオーモ
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
スカラ座
スフォルツェスコ城
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会周辺の観光スポット
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(※最後の晩餐)
レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館
おすすめの教会
サン・ロレンツォ聖堂
サン・バビラ教会
サン・カルロ・アル・コルソ教会
サンタ・マリア戴冠教会
サン・ナザロ・マッジョーレ聖堂
ミラノ中央駅周辺の観光スポット
ロンバルディア州庁舎
ガエ・アウレンティ広場

※上記の観光スポットの場所は、以下のグーグルマップ(赤色)をチェック!

ドゥオーモ周辺の観光スポット

ドゥオーモ(Duomo di Milano)

1300年代に着工され、1800年代に完成したゴシック様式の大聖堂。ミラノのシンボル。

第二次世界大戦でメインエントランスなどに爆撃を受けたが、その後改修されました。脇には王宮があり、現在は博物館として利用されています。

観光情報
開館時間 8:00~19:00
料金 無料 ※屋上、博物館、洗礼堂などは別料金(共通券が11~15ユーロ)
最寄り駅 地下鉄1、3号線の「ドゥオーモ(Duomo)」駅(地図
公式サイト http://www.duomomilano.it/

イタリア・ミラノのドゥオーモ(Duomo di Milano)

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele II)

1865年~1877年に建設されたネオ・ルネサンス様式のギャラリー。

ジュゼッペ・メンゴーニ(Giuseppe Mengoni、1829年~1877年)が設計を担当。

プラダ(PRADA)本店のほか、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)やヴェルサーチ(VERSACE)など高級ブランド店が入っています。

観光情報
最寄り駅 地下鉄1、3号線の「ドゥオーモ(Duomo)」駅(地図

イタリア・ミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele)の入口

イタリア・ミラノにあるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele)のプラダ店

スカラ座(Teatro alla Scala)

1700年代後半に建設された劇場。オペラの最高峰。

現在の建物は二代目で、初代の建物は1776年に火災により焼失しています。

第二次世界大戦中の1943年には連合国の爆撃で深刻な被害を受けましたが、その後すぐに再建されています。

観光情報
開館時間 9:00~17:30
料金 7ユーロ(ガイドツアー)
最寄り駅 地下鉄1号線のCordusio駅、1、3号線のDuomo駅(地図
公式サイト http://www.teatroallascala.org/

イタリア・ミラノのスカラ座(Teatro alla Scala)

スフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)

1360~1499年に建設された城塞。

領主ガレアッツォ・II・ヴィスコンティ(Galeazzo II Visconti)の命により建設されましたが、1447年にヴィスコンティ家が追放され、1450年にミラノ公爵のフランチェスコ・スフォルツァ(Francesco Sforza)によって城が再建されました。

その後、ナポレオンにより一部建物が破壊されましたが、1891~1905年にルカ・ベルトラミ(Luca Beltrami)によって再建されています。

現在は美術館などとして利用されており、ミケランジェロの遺作「ロンダニーニのピエタ」(未完成)などを見ることができます。

観光情報
開館時間 9:00~17:30(火~日)※月曜日は休館
料金 5ユーロ
最寄り駅 地下鉄1号線のカイローリ(Cairoli)駅(地図

イタリア・ミラノのスフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会周辺の観光スポット

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie)

1400年代に建設されたゴシックとルネサンス様式の教会。

第二次世界大戦中の爆撃で大きな被害を受け、その後再建されています。

【レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院】として1980年に世界遺産に登録されています。

世界遺産である「最後の晩餐」は食堂の壁画として描かれたものであり、サイズは420 x 910cm。拝観は予約制で、公式予約サイトから行えます。

なお、時期により予約が終了、もしくは開始されていない場合があるので注意が必要です。

観光情報
開館時間(教会) 7:00~12:00/16:00~19:30
開館時間(最後の晩餐) 8:15~18:45 ※曜日などにより異なる
料金 教会は無料、最後の晩餐は手数料込みで12ユーロ
最寄り駅 地下鉄1号線のコンチリアツィオーネ(Conciliazione)駅(地図
公式サイト http://www.vivaticket.it/

イタリア・ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Santa Maria delle Grazie)
※写真左が最後の晩餐への入口

イタリア・ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Santa Maria delle Grazie)
※サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie)の内部

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館(Museo Nazionale della Scienza e della Tecnologia Leonardo da Vinci)

16世紀初頭に建設された修道院が起源。

第二次世界大戦中の爆撃により破壊されたため、戦後は博物館として再建されました。

科学技術に関する博物館で、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の図面にもとづく模型などが展示されています。

観光情報
開館時間 10:00~18:00(火~金)、10:00~19:00(土~日・祝日)※月曜日は休館
料金 10ユーロ
最寄り駅 地下鉄2号線のサンタンブロージョ(S.Ambrogio)駅(地図
公式サイト http://www.museoscienza.org/

イタリア・ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

おすすめの教会

サン・ロレンツォ聖堂(Basilica San Lorenzo Maggiore)

6世紀前に奉献された初期キリスト教、マニエリスム様式の教会。

観光情報
開館時間 9:00~18:30(月~土)、9:00~19:00(日)
料金 無料
最寄り駅 地下鉄2号線のサンタンブロージョ(S.Ambrogio)駅(地図

イタリア・ミラノのサン・ロレンツォ聖堂(Basilica San Lorenzo Maggiore)

サン・バビラ教会(Basilica di San Babila)

1095年頃に建設されたロマネスク・リバイバル様式の教会。19世紀に改装されています。

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)の本店やドゥオーモ(Duomo di Milano)近くに位置しています。

観光情報
開館時間 8:00~12:00/15:30~19:00(月~土)、16:00~19:00(日)
料金 無料
最寄り駅 地下鉄1号線のサン・バビラ(San Babila)駅(地図

イタリア・ミラノのサン・バビラ教会(Church of San Babila)

サン・カルロ・アル・コルソ教会(Chiesa di San Carlo al Corso)

1317年に建設された教会が起源。

1800年代に取り壊され、再建されたネオクラシック様式の教会。

観光情報
開館時間 8:00~19:00(平日)
料金 無料
最寄り駅 地下鉄1号線のサン・バビラ(San Babila)駅(地図

イタリア・ミラノのサン・カルロ・アル・コルソ教会(San Carlo Al Corso)

サンタ・マリア戴冠教会(Chiesa di Santa Maria Incoronata)

1400年代に建設されたロンバードゴシック様式の教会。

観光情報
開館時間 9:30~13:00(平日)、16:00~18:00(木曜日)
料金 10~12ユーロ(人文科学図書館など)
最寄り駅 地下鉄2号線のモスコーヴァ(Moscova)駅(地図

イタリア・ミラノのサンタ・マリア戴冠教会(Chiesa Santa Maria Incoronata)

サン・ナザロ・マッジョーレ聖堂(Basilica dei Santi Apostoli e Nazzaro Maggiore)

300年代後半に建設された初期キリスト教様式の教会。ミラノで最も古い教会の一つ。

1075年の火災などにより、再建・増改築され、現在はルネサンス様式の外観になっています。

観光情報
開館時間 9:00~12:00/15:30~17:30(平日)
料金 2.50ユーロ(博物館)
最寄り駅 地下鉄3号線のミッソーリ(Missori)駅(地図

ミラノ中央駅周辺の観光スポット

ロンバルディア州庁舎(Palazzo Lombardia)

2007~2010年にかけて建設された161メートルの高層ビルを含む複合施設。

観光情報
営業時間 9:00~24:00
最寄り駅 地下鉄2号線のジョイア(Gioia)駅(地図

イタリア・ミラノのロンバルディア州庁舎(Palazzo Lombardia)

ガエ・アウレンティ広場(Piazza Gae Aulenti)

2012年に建設された広場。

UniCreditタワーなど近代的なビルに囲まれています。

ショップは、ヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)やナイキ(NIKE)、無印良品のほか、カフェやレストランなどがあります。

観光情報
最寄り駅 地下鉄2、5号線のガリバルディ(Garibaldi Fs)駅(地図

イタリア・ミラノのガエ・アウレンティ広場(Piazza Gae Aulenti)

まとめ

第二次世界大戦中の爆撃によって多くの歴史的財産が失われたミラノですが、歴史深い教会が多くあります。歩いていると教会をよく見かけ、どれも中世、もしくはそれ以前からの歴史を持っています。

また、街が世界遺産に登録されていないため、都市開発を行うことができるので近代的な建物が多いのも特徴です。

そのような、「歴史と近代文化(ファッション含む)の融合」がミラノの魅力になります。

イタリア旅行では、ぜひミラノは押さえておいてください!

■ミラノの治安、物価情報はこちら!

【ミラノの治安】中央駅周辺やミサンガ売りに要注意?イタリアの旅カルテ
旅の通知表「旅カルテ」! 今回はイタリア第2の都市「ミラノ」を取り上げます。 ミラノと言えば、ファッションやサッカー・セリエAのACミランなどをイメージする人...