クアラルンプールのスーパーマーケット10選:観光客必見の内容に!

ホテル選びを行う際、近所にスーパーマーケット、コンビニエンスストアがあるか気になりませんか?

熱帯雨林気候のクアラルンプールでは熱中症対策としてこまめに水分補給をする必要もあります。その際、安価に飲料水が購入できる場所としてスーパーマーケットは重宝します。

そこで今回は、観光客の宿泊・観光エリアを中心に、利用価値の高いスーパーマーケット、コンビニエンスストアのみを紹介します。

記事最後にはスーパーにマークを付けたグーグルマップを掲載していますので、ホテル選びなどの参考にしてください。

クアラルンプールのスーパーマーケット10選

1、コールド・ストレージ

コールド・ストレージ(Cold Storage)はシンガポールのスーパーマーケットチェーン。多くの観光客が訪れるスリアKLCCの地下に店舗があり、惣菜や弁当、パンなどの食料品を購入することができます。サンウェイ・プトラ・モールなどにも店舗があり、観光中の飲料水の確保などで訪れたいところです。

営業時間:7:30〜22:00(スリアKLCC店)

■スリアKLCC店近くのホテル

・マンダリンオリエンタル・クアラルンプール
・グランドハイアット・クアラルンプール
・アスコット・クアラルンプール

アクセスはこちら

2、メルカート・パビリオン

メルカート・パビリオン(Mercato Pavilion)はブキッ・ビンタン地区のショッピングセンター「パビリオン」にあるスーパーマーケット。街の中心にあるスーパーとしては値段が高くなく、気軽に利用できる点がポイントです。また、ポカリスエットなどが売られており、飲料水の購入場所としても適しています。

営業時間:10:00〜22:00

■メルカート・パビリオン近くのホテル

・グランドミレニアムホテル・クアラルンプール
・JWマリオットホテル・クアラルンプール
・ウエスティン・クアラルンプール

アクセスはこちら

3、サムズ・グロセリア

サムズ・グロセリア(Sam's Groceria)はセントラル駅に隣接するニューセントラル(NU Sentral)などにあるスーパーマーケット。マレーシアでハイパーマーケットなどを手掛けるマイディン(Mydin)が運営しています。セントラル駅周辺に宿泊する場合はこちらのスーパーマーケットがメインになります。

営業時間:8:00〜23:00

■ニューセントラル店近くのホテル

・ヒルトン・クアラルンプール
・ザ・セントレジス・クアラルンプール
・ル・メリディアン・クアラルンプール

地図はこちら

4、ジャヤ・グローサー

ジャヤ・グローサー(Jaya Grocer)はマレーシアの食品スーパーチェーン。ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・クアラルンプールがあるインターマーク・モール店が観光客にとって利用価値の高い店舗になります。やや小ぶりなスーパーですが、輸入食品が多く取り扱われている点がポイントです。

営業時間:10:00〜22:00

■インターマーク・モール店近くのホテル

・ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・クアラルンプール
・インターコンチネンタルホテル・クアラルンプール
・Gタワー・ホテル

アクセスはこちら

5、イオン

日本企業のイオン(AEON)はクアラルンプールでも店舗展開をしています。郊外モールの中核テナントとして入っている場合が多いですが、チョウ・キットエリアのクイル・シティ・モールにある店舗は観光客も利用したい立地にあります。シェラトンインペリアル・クアラルンプールに宿泊する際に重宝します。

営業時間:10:00〜22:00

アクセスはこちら

6、ヒーロー・マーケット

ヒーロー・マーケット(Hero Market)はマレーシアのスーパーマーケットチェーン。インビ(Imbi)駅近く「ベルジャヤ・タイムズ・スクエア」に店舗があります。水などが安く購入できるため、おすすめのスーパーマーケットになります。周囲にはパークロイヤル・クアラルンプールなどのホテルがあります。

営業時間:10:00〜22:00

地図はこちら

7、ニゲラ・グローサーズ

ニゲラ・グローサーズ(Nigella Grocers)はショッピングモール「The Weld」に位置するスーパーマーケット。チュランビジネス地区で唯一展開されているスーパーになります。クアラルンプールタワーに近く、シャングリ・ラ・クアラルンプール、ホリデーインなどの宿泊客も利用しやすい場所にあります。

営業時間:10:00〜20:00

アクセスはこちら

8、ジャイアント・スーパー

ジャイアント・スーパーマーケット(Giant Supermarket)はマレーシアの小売大手「GCH Retail Sdn Bhd」が運営するスーパーマーケット。ブキッ・ビンタン地区の「スンガイ・ワン・プラザ」に位置しており、スパイスなどのお土産を購入する際におすすめの場所です。近くにはパークロイヤル・クアラルンプールがあります。

営業時間:10:00〜20:00

アクセスはこちら

9、KKスーパーマート

KKスーパーマート(KK Super Mart)はクアラルンプールなどでチェーン展開されているミニマーケット。チャイナタウンやリトル・インディア、ブキッ・ビンタン地区など旅行者が訪れる地区に店舗があり、何かと便利なマーケットです。

10、コンビニエンスストア

セブンイレブンやファミリーマートに加え、マレーシアのコンビニチェーン「myNEWS.com」などがクアラルンプールで店舗を増やしています。主要観光エリアには多くのコンビニがあり、ファミリーマートでは日本と同じような商品が多く売られています。

滞在後記

筆者はKLCCエリアに滞在していたため、スリアKLCCにあるコールド・ストレージ(Cold Storage)をよく利用していました。惣菜やパン、スイーツなどが売られており、軽食を購入する場所としてとても便利でした。

また、メルカート・パビリオン、サムズ・グロセリア、ヒーロー・マーケットも主要観光エリアに位置しているため、飲料水を購入する場所として重宝しました。

そのほか、クアラルンプールのコンビニの多さには驚きました。所々にあるため、ホテル選びの際は近くにコンビニがあるか否かを基準にしてもいいと思います。

なお、以下の地図はスーパーマーケット、コンビニエンスストアをマークしています。スーパーは青色、その他の色はミニマーケット、コンビニになります。

ぜひ、クアラルンプール観光の参考にしてください!