マレーシア国立博物館の気になる見所は?MRTでアクセスは楽々!

マレーシア国立博物館(Muzium Negara)

おすすめ度(5段階評価):★★★

マレーシア国立博物館(マレー語:Muzium Negara)はクアラルンプールのセントラル駅近くに位置しています。

周囲にはショッピングモール「ニューセントラル(NU Sentral)」、国立プラネタリウム(Planetarium Negara)のほか、ヒルトン・クアラルンプール、ザ・セントレジス・クアラルンプールなどの5つ星ホテルがあります。

マレーシア国立博物館について

前身であったセランゴール博物館は1945年3月10日に連合国軍による爆撃で破壊され、一部は引き続き使用されていましたが、1957年の独立を機に新しい国立博物館が建設されることになりました。

1959年に建築家「ホー・コック・ホー(Ho Kok Hoe)」が設計を任され、1962年に建設を開始、1963年8月31日に建物は完成しています。伝統的なマレー様式の建物はマレーシア初代首相のトゥンク・アブドゥル・ラーマン(Tunku Abdul Rahman)がセレクトしたものでした。

展示物について

先史時代(Pre History)、マレー・キングダム(Malay Kingdoms)、植民地時代(Colonial Era)、現在(Malaysia Today)の4つのテーマをメインに展示されています。

先史時代では、新石器示談の陶器、貝のイヤリングなどの宝飾品などが展示されています。なかでも、ベトナム北部を中心とするドンソン文化(紀元前4世紀〜紀元後1世紀)のドンソン・ベル(Dong Son bell)が見所です。

マレー・キングダムでは、ムラユ王国(Melayu Kingdom)、マラッカ王国(Malacca Sultanate)などに関連する展示物を見ることができます。見所はマラッカ王国の歴史的英雄「ハン・トゥア」の壁画(Mural Hang Tuah)などになります。

植民地時代では、ポルトガルにマラッカを占領された1511年以降の植民地時代に関する物が展示されており、日本統治下の展示物もあります。

現在(Malaysia Today)では、独立関連の展示物を中心に展示されています。

日本語のガイドツアーあり

ミュージアムボランティアが無料のガイドツアーを行っており、日本語のガイドツアーは火曜日、木曜日、金曜日、土曜日の午前10時からになります。所要時間は1時間程度です。

クアラルンプールのマレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館の基本情報

マレーシア国立博物館
完成 1963年
設計 Ho Kok Hoe
様式 マレー様式
料金 5リンギット
開館時間 9:00〜18:00(※毎日)
公式サイト

※イスラムの祝日であるイド・アル=フィトル、イード・アル=アドハーの初日を除く

アクセス

■MRT

ミュージアム・ネガラ駅(Muzium Negara MRT station)で下車してすぐ。

■RapidKL、モノレール、KTMコミューター

セントラル駅から徒歩10分弱。少々分かりづらいですが、看板を見ながら行くことが可能です。

※クアラルンプール駅から5つ星ホテル「ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール」を横目に徒歩で行くことも可能です。国立モスクからマレーシア国立博物館へ向かう場合は徒歩の方がおすすめです。

滞在後記

展示物の内容については良くも悪くも普通といった印象を持ちました。

しかし、上記の通り、マレーシアの歴史を知る上で参考になる展示がほとんどです。個人的には王国時代から植民地時代の展示物が興味深く、行く価値はあったと感じています。

マレーシアという国をよりよく知るためにも訪問されることをおすすめします。