マラッカのおすすめ買い物スポット10選!モールからマーケットまで

マラッカ・セントラル マラッカ

マレーシアの世界遺産都市「マラッカ」のおすすめ買い物スポットを10ヵ所紹介!

メインストリート「ジョンカー・ストリート」に加え、おすすめのショッピングモール、マーケットを中心に紹介しています。

特に食事やトイレ休憩をする場所としてショッピングモールは押さえておきたいポイントになります。ぜひ、マラッカ観光の参考にしてください!

マラッカのおすすめ買い物スポット10選

1、ジョンカー・ストリート

ジョンカー・ストリート(Jonker Street)

ジョンカー・ストリート(Jonker Street)はチャイナタウンに位置するマラッカのメインストリート。スウィーツやマラッカ名物「チキンライスボール」などを提供している店舗、お土産屋さんなどが軒を連ねています。多くの店舗が観光客向けにビジネスを行っているため、観光客のニーズに合った商品が提供されています。

予算としては、飲み物系が200〜300円程度、チキンライスボールのプレートが約400円前後になります。物価はやや高めですが、食べ歩きをしながら観光をすると、よりマラッカの街を楽しむことができます。そのほか、カラフルなサンダルやハイセンスな衣料品を取り扱うショップもあり、現地の店員さんにコーディネートしてもらうと観光のいい思い出になると思います。

アクセス:オランダ広場から徒歩1分(地図

2、ダタラン・パラワン・マラッカ・メガモール

ダタラン・パラワン・マラッカ・メガモール(Dataran Pahlawan Melaka Megamall)

2006年にオープンしたショッピングモール。ファモサ要塞跡(A Famosa)近くに位置するため、観光客にとって利用価値の高いモールになります。

ブランドでは、H&Mやマンゴ(MANGO)、ユニクロなどファストファッションブランドから、ナイキ(NIKE)などのスポーツ系ショップ、ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)などがあります。また、マレーシアブランドであるニチイ(Nichii)、パディニ(Padini)はファッション性が高く、女性観光客におすすめのブランドになります。

そのほか、飲食店も豊富で、KFCやマクドナルド、サブウェイなどのファストフード店、スシ店、スターバックスなどがあります。現地料理を提供している店舗では300円程度で食べることもできます。

■ダタラン・パラワン・マラッカ・メガモールの内部

ダタラン・パラワン・マラッカ・メガモール

営業時間:10時〜22時
アクセス:オランダ広場から徒歩5分(地図
ブランド一覧
・ALDO
・Charles & Keith
・Clarks
・Converse
・Cotton On
・Dockers
・ESPRIT
・H&M
・Levi’s
・MANGO
・Nichii
・NIKE
・Padini
・ROCKPORT
・Royal Selangor
・Skechers
・Uniqlo
・VANS
・Victoria’s Secret

3、ザ・ショア・ショッピング・ギャラリー

ザ・ショア・ショッピング・ギャラリー(The Shore Shopping Gallery)

2015年にオープンしたショッピングセンター。百貨店「TANGS」がアンカーテナントになり、4つ星ホテル「Swiss Garden Hotel」などが併設されています。100以上のショップが展開され、エル(Elle)やパンドラ(Pandora)などを除き、ローカルストアが多い点が特徴です。

2階(1st Floor)にはおもちゃ博物館「Toy Museum」、3階(2nd Floor)には海洋水族館「Oceanarium」があり、子供連れの方にはおすすめの場所になります。そのほか、スターバックスやハーゲンダッツなどのカフェがあり、休憩ポイントとしても活用できます。

■ザ・ショア・ショッピング・ギャラリーの内部

ザ・ショア・ショッピング・ギャラリー

営業時間:10時〜22時
アクセス:オランダ広場から徒歩14分(地図

4、パラワン・ウォーク・マーケット

パラワン・ウォーク・マーケット

マラッカタワー近くに位置するマーケット。ローカル色の強いマーケットですが、現地の食料品、観光客向けの衣料品、アクセサリーなどが売られているため、お土産を購入する場所としても活用できます。なお、日中は混雑していませんが、週末(金〜日)はナイトマーケットが開催されており、観光客が訪れる人気スポットになっています。

アクセス:オランダ広場から徒歩6分(地図

5、メダン・サムデラ

メダン・サムデラ

マラッカ海洋博物館の向かいにあるクラフトマーケット。Tシャツや雑貨など観光客向けアイテムが多く、食料品や工芸品なども売られています。2階には飲食店があり、現地料理を手軽に食べることができます。予算は300円程度になります。昼食やちょっとした休憩場所としておすすめです。

営業時間:10時〜18時
アクセス:オランダ広場から徒歩3分(地図

6、マラッカタワー

マラッカタワー横のマーケット

マラッカタワー横に位置する買い物スポット。Tシャツなどマラッカタワー関連のお土産を購入することができるほか、入口には飲み物やスウィーツを提供している店もあります。

アクセス:オランダ広場から徒歩6分(地図

7、マコタ・パレード

マコタ・パレード(Mahkota Parade)

1994年にオープンしたショッピングモール。百貨店「パークソン」やスーパーマーケット、マクドナルドなどのファストフード店、フードコートなどがあります。

営業時間:10時〜22時
アクセス:オランダ広場から徒歩8分(地図

8、イオン・バンダラヤ・マラッカ

イオン・バンダラヤ・マラッカ(AEON Bandaraya Melaka)

マラッカ・セントラル近くのイオンモール。食料品から衣料品、電化製品まで何でも揃います。また、日本食などの飲食店もあり、現地料理は300円弱から食べることができます。目新しさには欠けますが、バスの待ち時間、昼食を食べる場所としておすすめです。

営業時間:10時〜22時
アクセス:マラッカ・セントラルから徒歩10分(地図

9、テスコ・マラッカ

テスコ・マラッカ(Tesco Melaka)

マラッカ・セントラル近くのハイパーマーケット。こちらも食料品から衣料品、電化製品まで何でも揃います。飲食店もあり、現地料理が手軽に食べられるため、食事や待ち時間の時間潰しをする場所としておすすめです。

営業時間:8時〜23時(金・土は24時)
アクセス:マラッカ・セントラルから徒歩5分(地図

10、マラッカ・セントラル

マラッカ・セントラル(Melaka Sentral)

クアラルンプールなどに向かうバスが発着するバスステーション(地図)。衣料品店、飲食店などがあり、マクドナルドやサブウェイのほか、現地料理を提供しているレストランもあります。

お土産はクアラルンプールより安価に購入できるため、日帰り観光の際はこちらでお土産を探してみても面白いと思います。飲食店については混雑していた場合、上記のテスコ・マラッカなどを訪問してみてください。

そのほか、以下の写真のようにカラフルな傘が吊り下げられている場所もあるため、記念撮影場所としてもおすすめです。

■マラッカ・セントラルの内部

マラッカ・セントラル

滞在後記

マラッカでのショッピングはお土産探しが基本になりますが、特に凝ったものはなく、衣料品やサンダル、食器類がおすすめのお土産になります。

ジョンカー・ストリートでは食べ歩き、お土産購入を楽しみ、ショッピングモールでは食事、休憩(トイレ休憩含む)をする、といった具合でそれぞれの場所を訪れるといいと思います。

上記全てのマーケットを訪れる必要はありませんが、主要観光地の近くに位置しているため、どこか一つ訪れることをおすすめします。筆者が訪れた際、パラワン・ウォーク・マーケットに可愛い猫がいたので、猫好きな人は訪れてみてください。

なお、上記買い物スポットの場所は以下のグーグルマップ(赤いマーク)を参考してください。