スリアKLCCのブランド一覧は?フロアガイドやトイレ情報も紹介!

KLCC公園から撮影したスリアKLCC(Suria KLCC) クアラルンプール

スリアKLCC(Suria KLCC)はマレーシアの首都「クアラルンプール」のKLCC地区に位置するショッピングセンターです。

ランドマークであるペトロナス・ツインタワーと下階部分が共有されているほか、KLCC駅とも接続されています。観光の中心地と言える場所にあるスリアKLCCについて、これから解説していきます。

スポンサーリンク

スリアKLCCについて

スリアKLCC内の写真

1998年5月にオープンしたショッピングセンター。総店舗数は300以上、総床面積は約10万9000平方メートルで、東京ドーム約2.3個分の広さを誇ります。ルイ・ヴィトンやシャネルなど世界的な高級ブランドから、ユニクロやZARAなどファストファッションブランドも多くテナントとして入っています。

また、フードコートや21のレストランがあるなど、飲食店も豊富です。レストランはマレーなどの東南アジア料理、日本食、中華、イタリアンなどがあります。フードコートはマレーシア料理やインド料理、トルコ料理のほか、鉄板焼き、チキンライス、米麺料理などを食べることができます。

スリアKLCCのプラダ

日本企業のテナントについて

スリアKLCCの伊勢丹

伊勢丹が6フロア全てに入っているほか、ユニクロ、無印良品、ソニーストア、ベスト電器、紀伊國屋書店、メガネのパリミキなどもあります。

特に伊勢丹では食品コーナーが充実しており、KLCC地区に宿泊した際は旅行者の強い味方になります。また、メガネのパリミキには日本人店員さんがいたので、旅行中のメガネのトラブルなどで訪れたい場所になります。

スリアKLCCのメガネのパリミキ

フロアガイド

Level Concourse(地下1階):食料品、コスメなど
Ground Floor(1階):高級ブランドのブティックなど
Level 1(2階):ブランドのブティック、高級時計など
Level 2(3階):カジュアル、キッズ用品、フードコートなど
Level 3(4階):スポーツ、電化製品など
Level 4(5階):紀伊國屋書店、レストランなど

■トイレ情報

通常のトイレ(無料)は地下1階(Level Concourse)、2〜5階(Level 1〜4)にあります。1階(Ground Floor)のトイレは有料(2リンギット)になります。おむつ交換等ができる「ペアレンツ・ルーム(Parents Room)」は地下1階、3階(Level 2)にあります。

スポンサーリンク

ブランド一覧(一部)

・AIGNER
・ALEXANDER McQUEEN
・Armani Exchange
・BALLY
・BLANCPAIN
・BOTTEGA VENETA
・BREITLING
・BVLGARI
・Calvin Klein
・CAROLINA HERRERA
・CHANEL
・Chopard
・COACH
・DE BEERS
・Dior
・dunhill
・FENDI
・FURLA
・GUCCI
・GUESS
・HUBLOT
・kate spade new york
・KENZO
・LONGCHAMP
・LONGINES
・LOUIS VUITTON
・MICHAEL KORS
・MONTBLANC
・OMEGA
・PATEK PHILIPPE
・PRADA
・RADO
・ROLEX
・SAINT LAURENT
・Salvatore Ferragamo
・TAG Heuer
・TIFFANY & CO.
・TOPSHOP
・TORY BURCH
・VERSACE
・ZARA

スリアKLCCの基本情報

スリアKLCC
開業1998年5月
総店舗数300以上
総床面積約10万9000m2
営業時間10:00〜22:00
最寄り駅RapidKLのKLCC駅からすぐ
公式サイト

滞在後記

スリアKLCCの外観(夜)

スリアKLCCは昼夜問わず本当に多くの人で賑わっていました。特に夜はKLCC公園で行われている噴水ショー「レイク・シンフォニー」を目当てに人が集まるため、周囲はあたかもお祭りのような状況でした。

高級ブランドからカジュアル、スポーツなどバランスがよく、富裕層だけではなく若者も多く訪れている点がポイントです。旅行者にとっては、地下1階の伊勢丹のフードマーケットやスーパーマーケット「Cold Storage」、3階(Level 2)のフードコートなどが強い味方になってくれます。

クアラルンプール観光では必ず訪れる場所になりますが、ショッピングセンター内もぜひ散策してみてください。