パリの人気ブランド本店25選!顧客対応が良好なブティックは?

パリのシャンゼリゼ通りにあるルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)本店パリ

フランスの首都「パリ」は、パリコレに代表される最新ファッションの発信地!

そんなパリには、ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスなど多くの人気ブランドの「本店」が存在しています。

今回は著名ブランドを筆頭に、革製品や宝飾品、子供服ブランドなども含め、25ブランドの本店をエリア別に紹介。筆者が実際に撮影した写真(ディスプレイ写真が見所です)も掲載しますので、ぜひ観光やショッピングの参考にしてください。

スポンサーリンク

シャンゼリゼ通り(Avenue des Champs-Élysées)

1.ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

パリのシャンゼリゼ通りにあるルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)本店

シャンゼリゼ通り(凱旋門近く)にあるルイ・ヴィトンの本店。バッグだけではなく、財布、婦人・紳士服、時計、ジュエリー、シューズなど様々な商品が揃っています。本店限定商品もあるほか、価格も日本の店舗と比較して割安。混雑時には入場制限が行われていますが、一度は訪れておきたい場所になります。

なお、ブローニュの森にはルイ・ヴィトン財団の美術館「フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(Fondation Louis Vuitton)」があります。ただし、過去のルイ・ヴィトンの商品などの展示はなく、現代アート中心に展示されています。チケットは16ユーロ。開館時間は12時〜19時(火曜日は休館日、曜日によって時間の変更あり)。

営業時間:10:00~21:00(日曜日は11:00~20:00)
住所:101 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄1号線「George V」駅からすぐ
公式サイト:https://jp.louisvuitton.com/

サントノーレ通り(Rue Saint Honoré)

2.バカラ(Baccarat)

バカラ本店

1764年にルイ15世がロレーヌ地方のバカラにガラス工場設立許可を与えたことが始まり。高価なクリスタルガラス製品を手掛け、世界各国の王室で利用されるブランドになっています。本店は5つ星ホテル「ル・ブリストル・パリ(Le Bristol Paris)」の斜め向かいにあります。お土産購入の場合はパリ郊外のアウトレットにもブティックがあるので、そちらもチェックしてみてください。

■パリ郊外のアウトレットについて

気になる値引率は?パリのアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィレッジ」は要注目!
パリ郊外のアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallee Village)」を紹介!セリーヌのコートが60%オフ?!クロエのサンダルは50%オフ?!各ブランドの気になる値引率とは?ブランド一覧やアクセス方法も掲載しています!
営業時間:10:30~19:00(定休日:日曜日)
住所:79 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄9、13号線「Miromesnil」駅から徒歩4分
公式サイト:https://www.baccarat.jp/

3.ゴヤール(GOYARD)

ゴヤール(GOYARD)本店

フランソワ・ゴヤール(François Goyard)によって1853年に設立された高級トランク・バッグブランド。ピエール・フランソワ・マルタン(Pierre François Martin)が1792年に創業した「メゾン・マルタン」の流れをくみ、独特のモノグラム柄はもちろん、イニシャルやストライプなどパーソナライズが行える点でも人気を博しています。

古くから公爵など多くのセレブリティに愛され、現在ではマドンナ(Madonna)やヒラリー・ダフ(Hilary Duff)、ローレン・コンラッド(Lauren Conrad)などのセレブが愛用していることでも知られています。一度に入場できる人数が限られているため、入場待ちになる場合が多いですが、ディスプレイを見ながら気長に待ってみてください。

営業時間:10:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:233 Rue Saint Honoré, 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、8、12号線「Concorde」駅から徒歩5分
公式サイト:https://www.goyard.com/jp
スポンサーリンク

4.エルメス(HERMÈS)

パリのエルメス(Hermès)本店

ティエリー・エルメス(Thierry Hermès)が1837年に設立したブランド。馬具工房からスタートし、3代目のエミール・モーリス・エルメス(1871〜1951年)時代にバッグや時計、服飾品など現在につながる分野へ多角化を図っていきました。

本店はバッグや財布はもちろん、婦人・紳士の既製服からジュエリー、時計、スカーフなど幅広い商品が揃っています。店員さんの対応はとても良く、家族など大切な人向けのお土産を購入する場所としてもおすすめ。なお、食器類も取り扱われており、パン用やデザートプレート(皿)は80ユーロ前後で販売されています。

営業時間:10:30~18:30(定休日:日曜日)
住所:24 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄8、12、14号線「Madeleine」駅から徒歩6分
公式サイト:http://www.maisonhermes.jp/

5.ランバン(LANVIN)

ランバン(LANVIN)本店

ジャンヌ・ランバン(Jeanne Lanvin)が1889年に設立したブランド。帽子店を起源に持ち、ジャンヌ・ランバンが娘のために作ったドレスが話題を呼び、富裕層を中心に拡大。その後、既製服などを手掛けるようになりました。本店はエルメス本店の隣に位置しています。なお、2018年2月に中国の投資会社「復星国際」に買収されています。

■ディスプレイ商品の価格

【写真左】トップス:1190ユーロ、ショートパンツ:1290ユーロ、リング:450ユーロ、サンダル:995ユーロ。【写真右】ドレス:3990ユーロ、ネックレス:650ユーロ、リング:295ユーロ、靴:595ユーロ。

営業時間:10:30~19:00(定休日:日曜日)
住所:22 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄8、12、14号線「Madeleine」駅から徒歩6分
公式サイト:https://www.lanvin.com/

6.ロンシャン(LONGCHAMP)

ロンシャン(LONGCHAMP)本店

ジャン・キャスグラン(Jean Cassegrain)が1948年に設立したブランド。ジャン・キャスグランが父親から引き継いだタバコ事業からスタートし、1950年代には世界初となる高級革張りパイプを発売、エルビス・プレスリーなどに愛用されました。革パイプの成功によって革製品を拡大、1970年代に初めて女性用ハンドバッグが発売され、現在に至っています。

■ディスプレイの商品価格

【写真左】ジャケット:1750ユーロ、ブラウス:350ユーロ、レザーショーツ:650ユーロ、スニーカー:290ユーロ、眼鏡:185ユーロ、ブレスレット:60ユーロ、バッグ:430〜690ユーロ、財布:140ユーロ、ヒールサンダル:430ユーロ。

【写真右】スカーフ:125ユーロ、サングラス:125ユーロ、トップ:320ユーロ、ベルト:110ユーロ、スカート:550ユーロ、ブーツ:520ユーロ。ストール:180ユーロ、ジャケット:550ユーロ、バッグ:590ユーロ、パンツ:890ユーロ、ブーツ:520ユーロ。長財布:210ユーロ、ブーツ:235ユーロ。

営業時間:10:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:271 Rue Saint-Honoré, 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄8、12、14号線「Madeleine」駅から徒歩4分
公式サイト:https://jp.longchamp.com/
スポンサーリンク

 7.ロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier)

ロジェ・ヴィヴィエ本店

ロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier、1903〜1998年)が設立したブランド。1937年にパリ・ロワイヤル通りにブティックをオープン。1953〜1963年にはクリスチャン・ディオールのシューズ部門のデザイナーとしても活躍しました。1953年にはイギリスのエリザベス2世(現女王)の戴冠式のためにシューズを製作しています。トレンドの先端を行くヒールが特徴的で、バックルシューズなども多くのセレブに愛用されています。本店ではこれらのシューズ等が販売されています。

営業時間:11:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:29 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄8、12、14号線「Madeleine」駅から徒歩7分
公式サイト:http://www.rogervivier.com/ja-jp/

8.サンローラン(SAINT LAURENT)

サンローラン(SAINT LAURENT)本店

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)とピエール・ベルジェ(Pierre Bergé)が1961年に設立したブランド。スポンティーニ通りの30番地(30 Rue Spontini)に1号店をオープンさせていますが、現在は一般企業が入っています。

本店は4つ星ホテル「オテル・デ・カスティリオーネ(Hôtel de Castiglione)」にあり、斜め向かいには日本大使館があります。店舗自体は大きくないため、品揃えが豊富だという印象は受けませんでした。しかし、ジャケットの質など値段の価値がある商品が並んでいます。また、店員さんの接客態度も良く、気持ちよく買い物が楽しめる点も評価できます。

なお、2017年10月3日にイヴ・サンローラン美術館がオープンしています。イヴ・サンローランのデッサン、作品が多く展示されており、サンローラン好きな人はぜひ訪れてみてください。チケットは10ユーロ、開館時間は11時〜18時(月曜日は休館日、時間変更あり)。

営業時間:10:30~19:30(定休日:日曜日)
住所:38 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄8、12、14号線「Madeleine」駅から徒歩7分
公式サイト:https://www.ysl.com/jp

コンボン通り(Rue Cambon)

9.シャネル(CHANEL)

パリのシャネル(CHANEL)本店

ココ・シャネル(Coco Chanel)が1909年に設立したブランド。帽子専門店からスタートし、1916年にオートクチュールコレクションを発表、1921年に発売した香水「No.5」で成功を収めました。

本店には、既製服やバッグ、財布、ジュエリー、シューズ、香水、化粧品など多くの製品が揃っています。見かけによらず入りやすいので、気兼ねせず立ち寄ってみてください。なお、本店はサントノーレ通りからコンボン通りに入った場所にあり、見落としやすい場所にあるため注意してください。

営業時間:10:00~19:00(日曜日は11:00〜19:00)
住所:31 Rue Cambon, 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、8、12号線「Concorde」駅から徒歩4分
公式サイト:http://www.chanel.com/
スポンサーリンク

ヴァンドーム広場(Place Vendôme)周辺

10.ブシュロン(BOUCHERON)

ブシュロン(BOUCHERON)本店

フレデリック・ブシュロン(Frederic Boucheron)が1858年に設立した高級宝飾品ブランド。ケリング傘下。1867年に開催されたパリ万国博覧会で金賞を受賞。1893年にヴァンドーム広場へブティックを移転。日照時間の長い広場に移転することで、長く宝石の輝きを確保する狙いがあったとされています。なお、ブシュロンは英国のエリザベス女王など各国の王室向けにジュエリーを手掛けています。

営業時間:11:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:26 Place Vendôme 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄3、7、8号線「Opéra」駅から徒歩5分
公式サイト:https://jp.boucheron.com/

11.ブレゲ(Breguet)

ブレゲ(Breguet)本店

アブラアム=ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)が1775年に設立した高級時計メーカー。トゥールビヨンなど時計製造技術の先駆者であり、製品はルイ16世やマリー・アントワネットなどに愛用されていました。本店のディスプレイには高いもので6万9900ユーロ(約825万円)の腕時計が飾られており、その他2〜3万ユーロ台の商品が多く飾られていました。

営業時間:10:30~19:00(日曜日は12:00〜19:00)
住所:6 Place Vendôme, 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、8、12号線「Concorde」駅から徒歩7分
公式サイト:https://www.breguet.com/jp

12.カルティエ(Cartier)

パリのカルティエ(Cartier)本店

ルイ=フランソワ・カルティエ(Louis-François Cartier)が1847年に設立した高級宝飾品ブランド。英国王エドワード7世が「王の宝石商と宝石商の王(the jeweller of kings and the king of jewellers)」と称したことでも知られています。本店は接客が丁寧で品揃えも豊富。宝飾品はもちろん、バッグや財布などの取り扱いもあります。なお、シャンゼリゼ通り(凱旋門近く)の店舗は旗艦店になり、本店ではありませんので注意してください。

営業時間:11:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:13 rue de la Paix, 75002 Paris(地図
アクセス:地下鉄3、7、8号線「Opéra」駅から徒歩3分
公式サイト:https://www.cartier.jp/

13.ショーメ(CHAUMET)

ショーメ(CHAUMET)本店

マリ・エティエンヌ・ニト(Marie-Étienne Nitot)が1780年に設立した高級宝飾品ブランド。LVMHグループ傘下。マリー・アントワネットに宝石を寄贈していたほか、1802年にはナポレオン1世の公式宝石商になるなど、歴史ある宝飾品ブランドになります。洗練されたデザインに定評があり、特にブライダルリングが評価されています。

営業時間:10:30~19:00(定休日:日曜日)
住所:12, place Vendôme 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄3、7、8号線「Opéra」駅から徒歩6分
公式サイト:https://www.chaumet.com/jp

14.ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)

ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)本店

アルフレッド・ヴァンクリーフ(Alfred Van Cleef)と義理の父であるサロモン・アーペル(Salomon Arpels)が1896年に設立した高級宝飾品ブランド。リシュモングループ傘下。四つ葉のクローバーなどの植物、動物などをモチーフにしたデザインが特徴。100万円を超えるジュエリーが多いですが、10〜30万円台で購入できるブレスレットやネックレス、イヤリングもあります。

営業時間:11:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:20-22 place Vendôme, Paris(地図
アクセス:地下鉄3、7、8号線「Opéra」駅から徒歩5分
公式サイト:https://www.vancleefarpels.com/
スポンサーリンク

モンテーニュ通り(Avenue Montaigne)

15.セリーヌ(CÉLINE)

セリーヌ(CÉLINE)本店

セリーヌ・ヴィピアナ(Céline Vipiana)が夫のリチャード(Richard)と共に設立(1945年)したブランド。LVMHグループ傘下。子供靴からスタートし、1960年代から婦人向け既製服に特化するようになりました。1997年にはマイケル・コースがクリエイティブディレクターに就任し(2003年に退任)、企業価値向上に貢献しています。日本ではバッグや財布の人気が高く、成人女性を中心に支持されています。

営業時間:10:00~19:00(日曜日は13:00〜19:00)
住所:53 Avenue Montaigne, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、9号線「Franklin D. Roosevelt」駅から徒歩2分
公式サイト:https://www.celine.com/

16.クロエ(Chloé)

クロエ本店

エジプト系ユダヤ人のギャビー・アギョン(Gaby Aghion)が1952年に設立したブランド。プレタポルテ(既製服)の先駆者。リシュモングループ傘下。レディース向けに特化した商品展開を行っています。2001年には姉妹ラインになる「シー・バイ・クロエ」を開始。日本では20〜30代の女性を中心に支持されています。

営業時間:10:30~19:00(日曜日は13:00〜19:00)
住所:50 Avenue Montaigne, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、9号線「Franklin D. Roosevelt」駅から徒歩3分
公式サイト:https://www.chloe.com/

17.ディオール(Dior)

パリのディオール(Christian Dior)本店

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)が1946年に設立したブランド。本店はドレスに加え、バッグなども豊富。食器類、寝具なども販売されています。店内は奥行きがあり、ディオール好きではない人も楽しめるほど、見応え十分です。本店周辺には、ディオールオムやベビーディオールのブティックも展開されています。

ディオールオムの店舗についてはお客さんが一人もおらず、客一人に対して一人の店員がつくスタイル。常に監視されているようで、落ち着いて商品を見ることはできませんでした。その一方、本店の店員さんは対応がよく、質問にも快く答えてくれたため、満足度の高い買い物を楽しむことができました。

※本店は改装中で、2020年に再オープンする予定になっています。

営業時間:10:00~19:00(日曜日は13:00〜19:00)
住所:30 Avenue Montaigne, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、9号線「Franklin D. Roosevelt」駅から徒歩5分
公式サイト:https://www.dior.com/

18.ジバンシィ(GIVENCHY)

ジバンシィ(GIVENCHY)本店

ユベール・ド・ジバンシィ(Hubert de Givenchy)が1952年に設立したブランド。LVMHグループ傘下。1969年に男性向けプレタポルテコレクションを発表。ロスチャイルド家やケネディ家などが顧客。2019年秋冬キャンペーンヴィジュアルに歌手の「アリアナ・グランデ」を採用したことで話題になっています。

営業時間:10:00~20:00(日曜日は11:00~19:00)
住所:36 Avenue Montaigne, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、9号線「Franklin D. Roosevelt」駅から徒歩4分
公式サイト:https://www.givenchy.com/

19.ニナ・リッチ(NINA RICCI)

ニナ・リッチ(NINA RICCI)本店

マリア・ニナ・リッチ(Maria Nina Ricci)と息子のロベルト(Robert)が1932年に設立したブランド。スペインのプイグ社傘下。1948年にはブランドで最も支持されている香水「レール・デュ・タン(L’Air du Temps)」を発表。2009年のアメリカ大統領就任式でミシェル・オバマが同ブランドのカーディガンを着用したことでも話題になりました。

営業時間:11:00~19:00
住所:39 Avenue Montaigne, 75008 Paris(地図
アクセス:地下鉄1、9号線「Franklin D. Roosevelt」駅から徒歩5分
公式サイト:https://www.ninaricci.com/
スポンサーリンク

ヴィクトワール広場(Place des Victoires)周辺

20.アニエスベー(agnès b.)

アニエスベー(agnès b.)本店

アニエス・トゥルブレ(Agnes Troublé)が1975年に設立したブランド。1981年からメンズウェアを手掛け、1983年にはアメリカ・ニューヨークのソーホーに最初の海外店舗をオープン。1987年に化粧品ラインを開始した後、靴やバッグなども手掛けるようになりました。なお、2015年には東京・銀座に旗艦店をオープンさせています。

営業時間:10:30~19:30(定休日:日曜日)
住所:Rue du Jour 6 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄4号線「Les Halles」駅から徒歩3分
公式サイト:https://www.agnesb.co.jp/

21.クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)

クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)本店

クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)が1991年に設立したブランド。フリーデザイナーとして、シャネルやイヴ・サン・ローランなどの婦人靴をデザインした後、支援者から資金を得てブティックをオープン。最初の顧客はモナコのカロリーヌ王女でした。その後、クリスティーナ・アギレラやジェニファー・ロペス、ブリトニー・スピアーズなど多くのセレブに愛用され、現在の地位を築いています。

営業時間:10:30~19:00(定休日:日曜日)
住所:19 Rue Jean-Jacques Rousseau, 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄1号線「Louvre Rivoli」駅から徒歩4分
公式サイト:http://jp.christianlouboutin.com/

22.ケンゾー(KENZO)

ケンゾー(KENZO)本店

「高田賢三」氏が1970年に設立したブランド。ギャルリ・ヴィヴィエンヌ(Galerie Vivienne)にブティック「ジャングル・ジャップ」をオープンさせ、1983年にメンズライン、1987年にはキッズラインを発表。現在はLVMHグループ傘下になっています。

営業時間:10:30~19:30(定休日:日曜日)
住所:3, place des Victoires 75001 Paris(地図
アクセス:地下鉄3号線「Sentier」駅から徒歩6分
公式サイト:https://www.kenzo.com/
スポンサーリンク

その他エリア

23.アレクシ・マビーユ(ALEXIS MABILLE)

アレクシ・マビーユ(ALEXIS MABILLE)本店のディスプレイ

アレクシ・マビーユ(Alexis Mabille、1977年〜)が2005年に設立したブランド。アレクシ・マビーユはイヴ・サンローランや三宅一生、カール・ラガーフェルドなどが卒業したパリ・クチュール組合学校でオートクチュールを学び、ディオールなどで経験を積んでいます。

なお、サンジェルマン地区に位置していた本店は閉鎖され、現在はギャルリ・ヴィヴィエンヌにブティックがあります。写真の商品価格については、ジャケットが1050ユーロ、トップが530ユーロ、スカートが1205ユーロになります。

営業時間:10:30〜13:30/14:00〜19:00(日曜日は定休日)
住所:34 Galerie, 5 Rue de la Banque, 75002 Paris(地図
アクセス:地下鉄3号線「Bourse」駅から徒歩4分
公式サイト:http://www.alexismabille.com/

24.ボンポワン(Bonpoint)

ボンポワン(Bonpoint)本店

1975年に設立された子供服ブランド。チェック柄や花柄など可愛らしい服が特徴的です。モナコ王室など多くのセレブに愛用されています。7000円ほどで購入できるブラウスもあり、家族旅行の際に記念の1着として購入すると良い思い出になるかもしれません。

営業時間:10:00~19:00(定休日:日曜日)
住所:6 Rue de Tournon, 75006 Paris(地図
アクセス:地下鉄4、10号線「Odéon」駅から徒歩4分
公式サイト:https://www.bonpoint.jp/

25.ランセル (LANCEL)

ランセル (LANCEL)本店

1876年に創業した革製品ブランド。リシュモングループ傘下。創業当初はパイプなど喫煙用具を販売していましたが、1880年代から革製品の販売を開始しています。本店はオペラ座近くに位置しています。ハンドバックは700ユーロ前後、財布は200〜300ユーロ台が主体になります。

営業時間:10:00~20:00(日曜日は11:00〜19:00)
住所:8 Place de l’Opéra, 75002 Paris(地図
アクセス:地下鉄3、7、8号線「Opéra」駅からすぐ
公式サイト:https://www.lancel.com/

最後に

パリのブランド本店はサントノーレ通りとモンテーニュ通りに集中しており、グッチやプラダなどの人気ブランドのブティックも多くあります。また、モンテーニュ通りは並木道でゆったりとしていて、特にウィンドウショッピングでおすすめしたい場所になります。

各本店の顧客対応についてはエルメス、ディオール、サンローランが良く感じました。ルイ・ヴィトン本店には日本人店員の方もいますが、英語を少しでも話せる方は現地店員(フランス人?)の方に接客をしてもらった方がいいと思います。なお、シャネルなど名前を挙げていないブランドについても基本的に対応は悪くありません。

パリには世界遺産も多いですが、ブランドに興味がない人も、華やかなブランドの世界を見てみると、きっといい思い出になると思います。パリ観光ではぜひブランド本店巡りを楽しんでみてください。

なお、ブランド店街の情報、ブランド一覧については以下の記事をご覧ください。

パリのブランド店街まとめ!サントノーレ通り、ヴァンドーム広場など
フランスの首都「パリ」のブランド店街を一挙紹介!ファッションの都最大のブランド店街はどこ?気になるブランド一覧とは?ヴァンドーム広場に宝飾品・時計ブランドが集まる理由は?ルイ・ヴィトンなどのディスプレイ写真、価格も見所です!

※上記ブランド本店の詳しい場所については以下のグーグルマップにまとめています。