クアラルンプール・タワーの基本情報:高さ、展望台の料金とは?

クアラルンプール・タワー

■クアラルンプール・タワー

クアラルンプール・タワー(Kuala Lumpur Tower)は、マレーシアの首都「クアラルンプール」にある通信塔です。

KLタワー(KL Tower)とも呼ばれ、通信塔として世界で7番目の高さ(421メートル)を誇っています。また、タワーには展望台があり、観光客が訪れる観光スポットにもなっています。

設計は現地企業のセニレカ社(Kumpulan Senireka Sdn. Bhd)が担当し、建設はドイツのヴァイス・フライターク社(Wayss & Freytag)が担当しました。1991年10月に建設が開始され、1996年7月に一般公開されています。

世界で最も古い森林保護区の一つ「ブキッ・ナナス森林保護区」にあり、世界で唯一森の中にあるタワーになっています。そのため、展望台からは熱帯雨林と高層ビルを合わせて見ることができる点がポイントです。

なお、展望台以外にも、高さ282メートルにある360度回転レストラン「Atmosphere 360」などの飲食店、ギフトショップなどがあります。

クアラルンプール・タワーの展望台

展望台(observation deck)は地上276メートルに、スカイデッキ(sky deck)とスカイボックス(sky box)は地上300メートル以上にあります。

通常の展望台とスカイデッキの違いは高さだけではなく、展望台はガラス越しになりますが、スカイデッキは外に出て柵越しに景色を楽しむことができます。そのため、写真を撮影される方はスカイデッキの方がおすすめになります。

なお、チケットは公式サイトから購入できますが、ネット購入が心配な方は現地でも購入できるので安心してください。

※チケットの料金、営業時間は以下の基本情報で確認してください。

クアラルンプール・タワー

クアラルンプール・タワーの基本情報

クアラルンプール・タワー
高さ 421メートル
設計 セニレカ社
一般公開 1996年7月
アクセス ラジャ・チュラン(Raja Chulan)駅から徒歩19分
展望台
料金(展望台) 52リンギット
料金(スカイデッキ) 105リンギット
営業時間 9時〜22時(毎日)
公式サイト