パリのおすすめ買い物スポット20選!アウトレットから百貨店まで

【観光客必見の買い物スポットを20ヵ所紹介!】

パリコレに代表されるファッションの街には多くのショッピングスポットが存在します。

世界的な高級ブランドの本店が軒を連ねるサントノーレ通りやモンテーニュ通り、豪華なスチールドームが特徴的なギャラリー・ラファイエットなど、ブランド好きな方には天国のような場所になっています。

今回は高級ブランド店街やデパート、ショッピングセンターに加え、パリのオシャレスポット「マレ地区」、日本人にも人気の「サンジェルマン・デ・プレ地区」、観光客も押さえておきたいマーケット、アウトレットなどおすすめ買い物スポットを20ヵ所紹介します。

ぜひパリ観光の参考にしてください!

フランス・パリのおすすめ買い物スポット20選

■デパート・ショッピングセンター

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店
プランタン・オスマン本店
ル・ボン・マルシェ・リーブ・ゴーシュ
カルーゼル・デュ・ルーヴル
ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ
フォーラム・デ・アル
ボーグルネル
ベルシー・ヴィラージュ

■ショッピングスポット

シャンゼリゼ通り
サントノーレ通り
モンテーニュ通り
ヴァンドーム広場
マレ地区
サンジェルマン・デ・プレ地区

■パサージュ、マーケット

ギャラリー・ヴィヴィエンヌ
バスティーユ市場
アリーグル市場
エリザベス二世花市場
サン・トゥアンの蚤の市

■アウトレット

ラ・ヴァレ・ヴィレッジ

※上記おすすめ買い物スポットの場所は、以下のグーグルマップを参考にしてください!

デパート・ショッピングセンター

1、ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店(Galeries Lafayette Paris Haussmann)

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店のサムネイル ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店のサムネイル

フランスの大手百貨店「ギャラリー・ラファイエット」の本店。

テオフィル・バデール(Théophile Bader)とアルフォンス・カーン(Alphonse Kahn)が1893年に創業。1896~1903年に土地買収を進め、1907~1912年に大規模改装工事が実施されました。シンボルになっているスチールドーム、アールヌーボー様式の階段などはその際に建設されたものになります。

パリ百貨店の中心的存在であり、シャネルやクロエ、ルイ・ヴィトンなど主要ブランドはほぼ網羅されています。また、衣料品や化粧品、香水、ジュエリーはもちろん、家庭用品や玩具、スポーツ用品など幅広い品揃えを誇っています。

日本食などアジア料理レストランやスウィーツ店など飲食店もあり、昼食や休憩を取りながらゆっくりと商品を見ることができます。さらに、屋上にはテラスがあり、無料でパリの街並みを見下ろすことができ、買い物以外でもぜひ訪れていただきたい場所になります。

営業時間:9:30~20:30(日曜日は11:00〜19:00)
住所:40 Boulevard Haussmann, 75009 Paris
最寄り駅:地下鉄7、9号線「Chaussée d’Antin – La Fayette」駅
公式サイト:https://www.galerieslafayette.com/

2、プランタン・オスマン本店(Printemps Haussmann)

プランタン・オスマン本店のサムネイル プランタン・オスマン本店のミュウミュウ(サムネイル)

1865年にオープンした百貨店。

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店近くに位置しています。

1975年には建物のファサードが歴史的建造物に指定されている。プランタン銀座などで日本人にも馴染み深く、パリでも人気の百貨店です。

300以上のショップがあり、高級ブランドについてはギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店と同様に有名処は揃っています。なかでも、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)とのコラボレーションによる限定商品など、ここでしか購入できないアイテムもあります。

なお、屋上のテラスにはカフェがあり、360°のパノラマビューを楽しむことができるので、穴場スポットとしても人気です。

営業時間:9:35~20:00(木~20:45)※日曜日は11:00〜19:00
住所:64 Boulevard Haussmann, 75009 Paris
最寄り駅:地下鉄3、9号線「Havre – Caumartin」駅
公式サイト:https://www.printemps.com/

3、ル・ボン・マルシェ・リーブ・ゴーシュ(Le Bon Marché Rive Gauche)

ボン・マルシェ百貨店(Le Bon Marché Rive Gauche)の外観のサムネイル ボン・マルシェ百貨店(Le Bon Marché Rive Gauche)のサムネイル

ボン・マルシェ百貨店。LVMHグループ傘下。

1838年に創業、1852年にアリスティッド・ブシコー(Aristide Boucicaut)が買収し、世界初となる近代的な百貨店を設立。エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェル(Gustave Eiffel)などが担当し、1869~1887年に店舗を改装しています。

シャネル(CHANEL)やディオール(Dior)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)など高級ブランドのブティックが入り、衣料品からジュエリー、化粧品、雑貨、家具、子供用品などが揃っています。

別館には食料品店やレストランが入っており、おしゃれな箱に入った紅茶や菓子類などセンスのある食品系のお土産を購入する場所としておすすめです。

営業時間:10:00~20:00(木~20:45)※日曜日は11:00〜19:45
住所:24 Rue de Sèvres, 75007 Paris
最寄り駅:地下鉄10、12号線「Sèvres – Babylone」駅
公式サイト:https://www.24sevres.com/fr-be/le-bon-marche

4、カルーゼル・デュ・ルーヴル(Carrousel du Louvre)

カルーゼル・デュ・ルーヴルのサムネイル プランタンのカルーゼル・デュ・ルーヴル店のサムネイル

ルーヴル美術館の地下に位置するショッピングセンター。

30以上のブティックが入り、南仏の老舗香水ブランドのフラゴナール(FRAGONARD)、スキンケア用品のコーダリー(CAUDALIE)ハンドバッグなど高級皮革製品を取り扱うランセル(LANCEL)のほか、アップルストアやロクシタン、百貨店のプランタンも入っています。

飲食店では、マクドナルドやスターバックスに加え、フランス料理店、地中海料理店、モロッコ料理、アジア料理などのレストランがあります。ショッピングの最中のみならず、美術館帰りなどにも立ち寄れるポイントになります。

営業時間:10:00~20:00(火曜日は11:00〜19:00)
住所:99 Rue de Rivoli, 75001 Paris
最寄り駅:地下鉄1、7号線「Palais Royal – Musée du Louvre」駅
公式サイト:https://www.carrouseldulouvre.com/

5、ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ(LE BHV MARAIS)

ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ(LE BHV MARAIS)

1856年に創業したマレ地区に位置する百貨店。

パリ市庁舎の隣に位置しているため、観光客が訪れやすい点がポイントです。

ブランドではバッシュ(ba&sh)やランセル(LANCEL)、ロンシャン(LONGCHAMP)、マージュ(maje)などのブティックがあり、ギャラリー・ラファイエットやプランタンと比較して、入手しやすい価格の商品が主体になっています。

そのほか、コーチ(COACH)、フルラ(FURLA)、ザ・クープルス(The Kooples)、トップショップ(TOPSHOP)などのショップもあります。本や日用雑貨、クラフト用品なども売られており、お土産購入の場所としても適しています。

営業時間:9:30~20:00(日曜日は11:00〜19:00)
住所:52 Rue de Rivoli, 75189 Paris
最寄り駅:地下鉄1、11号線「Hôtel de Ville」駅
公式サイト:http://www.bhv.fr/

6、フォーラム・デ・アル(Forum des Halles)

フォーラム・デ・アル(Forum des Halles)のサムネイル フォーラム・デ・アルのサムネイル

2016年にリニューアルオープンしたショッピングモール。

地上1階、地下4階からなり、シャトレ-レ・アル(Chatelet-Les Halles)駅と直結しています。

小売りチェーンのフナック(Fnac)、ファストファッションブランドのH&Mなどがアンカーストアになっています。スポーツ、ファストファッション系ブランドが主体になり、スーパーマーケットのモノプリ(MONOPRIX)も入っています。

なお、無料でもらえるストアガイドにはパリの路線図が記載されています。路線図はネットでも確認できますが、持っておくと何かと便利です。

営業時間:10:00~20:30(日曜日は11:00〜19:00)
住所:101 Rue Berger, 75001 Paris
最寄り駅:RER「Châtelet – Les Halles」駅
公式サイト:https://www.forumdeshalles.com/

7、ボーグルネル(Beaugrenelle)

ボーグルネル(Beaugrenelle)のサムネイル ボーグルネルのサムネイル

2013年にリニューアルオープンしたショッピングモール。

エッフェル塔近くに位置し、ファストファッション系ブランドなど手に入れやすいブランドが主体になっています。

パリ最大級のショッピングモールと紹介されていますが、実際に行ってみると見どころは少なく、規模感もそこまで大きなものではありませんでした。無料できれいなトイレが利用できる場所として、今回は紹介しています。

営業時間:10:00~20:30(日曜日は11:00〜19:00)
住所:12 Rue Linois, 75015 Paris
最寄り駅:地下鉄10号線「Charles Michels」駅
公式サイト:https://www.beaugrenelle-paris.com/

8、ベルシー・ヴィラージュ(Bercy Village)

ベルシー・ヴィラージュ(Bercy Village)のサムネイル ベルシー・ヴィラージュのイックス(サムネイル)

ベルシー公園(Parc de Bercy)の隣に位置するショッピングセンター。

ワイン貯蔵庫がショップに利用されているため、普通のショッピングセンターとは違った魅力があります。

イックス(IKKS)、マージュ(maje)、サンドロ(sandro)、スコッチ・アンド・ソーダ(SCOTCH&SODA)などのブランドが入っています。おもちゃ屋さん、フナック(Fnac)、カルフールに加え、カフェなどの飲食店もあります。

ベルシー公園の散策を含め、ゆっくりとした時間を過ごすのに適しています。

営業時間:11:00~21:00
住所:28 Rue François Truffaut, 75012 Paris
最寄り駅:地下鉄14号線「Cour Saint Emilion」駅
公式サイト:http://www.bercyvillage.com/

ショッピングスポット

9、シャンゼリゼ通り(Avenue des Champs-Élysées)

シャンゼリゼ通りのサムネイル シャンゼリゼ通り(夜)のサムネイル

世界遺産にも登録されているパリのメインストリート。

1667年にチュイルリー庭園の延長としてレイアウトされ、1774年に現代の道幅に拡張(側道部は1993年に拡張)されています。

18世紀後半頃からファッショナブルな通りとなり、通りにはルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の本店があるほか、カルティエ(Cartier)やヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)、ティファニー(TIFFANY & CO.)などのブティックもあります。

また、アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)、ギャップ(GAP)、H&M、ザラ(ZARA)などファストファッションブランド店、ディズニーストア(Disney Store)、プジョーのギャラリーなどもあります。

最寄り駅:地下鉄1、9号線の「Franklin D. Roosevelt」駅、1号線の「George V」駅など

10、サントノーレ通り(Rue Saint Honoré)

サントノーレ通りのサムネイル サントノーレ通り(夜)のサムネイル

パリの高級ブランド店街。エリゼ宮近くには日本大使館があり、日本人には馴染み深い通りになっています。

ゴヤール(GOYARD)やエルメス(HERMÈS)、ランバン(LANVIN)、ロンシャン(LONGCHAMP)、サンローラン(SAINT LAURENT)などが本店を構えています。

また、サントノーレ通りからコンボン通り(Rue Cambon)に入ると、シャネル(CHANEL)、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)の本店もあります。そのほか、グッチ(GUCCI)やプラダ(PRADA)、ショパール(Chopard)など多くの高級ブランドのブティックがあります。

ルーヴル美術館やコンコルド広場、マドレーヌ寺院などにも近いため、訪れるべき観光スポットとしておすすめします。

最寄り駅:地下鉄1、8、12号線の「Concorde」駅、8、12、14号線の「Madeleine」駅など

11、モンテーニュ通り(Avenue Montaigne)

モンテーニュ通り(Avenue Montaigne)のサムネイル モンテーニュ通りのルイ・ヴィトン(サムネイル)

シャンゼリゼ通りからアルマ橋(Le Pont de l’Alma)付近までを結ぶ全長約750メートルの並木通り。

サントノーレ通りと同様にこちらも高級ブランド店街になっていますが、こちらの方が道幅が広いため、ウインドーショッピングに向いているといえます。

こちらの通りには、セリーヌ(CÉLINE)、クロエ(Chloé)、ディオール(Dior)、ジバンシィ(Givenchy)、ニナ・リッチ(NINA RICCI)の本店があります。

最寄り駅:地下鉄1、9号線の「Franklin D. Roosevelt」駅、9号線の「Alma / Marceau」駅

12、ヴァンドーム広場(Place Vendôme)

ヴァンドーム広場のサムネイル ヴァンドーム広場(夜)のサムネイル

1702年に整備された広場。

オペラ座とチュイルリー庭園の間にあり、ナポレオン1世がアウステルリッツの戦いの勝利を記念して建設させた円柱が目印になります。

広場には多くの高級時計、宝石店が軒を連ね、ブシュロン(BOUCHERON)、ブレゲ(Breguet)、ショーメ(CHAUMET)、ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)が本店を構えています。

そのほか、広場には、フランスの司法省(Ministère de la Justice)や5つ星ホテルのオテル・リッツ(Ritz Paris)などもあります。

なお、カルティエ(Cartier)の本店はこちらの広場ではなく、広場からオペラ座付近に伸びるラ・ペ通り(Rue de la Paix)沿いにあるので注意してください。

最寄り駅:地下鉄1、8、12号線の「Concorde」駅、3、7、8号線の「Opéra」駅

13、マレ地区(Le Marais)

パリのマレ地区のサムネイル マレ地区のサムネイル

3、4区に位置し、歴史的な建造物が立ち並ぶこの地区には、衣料品のみならず、アートや雑貨、コスメなど様々なブティックが軒を連ねています。

若手クリエーターのショップに象徴されるパリきってのおしゃれスポットには流行に敏感な若者が集まり、ファッションなどトレンドの発信地的な場所になっています。そのため、センスのあるお土産を購入する場所として最適と言えます。

歩行者専用のロジエ通り(Rue des Rosiers)、日曜日に歩行者専用になるフラン・ブルジョワ通り(Rue des Francs Bourgeois)などがあり、車を気にせず快適に買い物が楽しめるようになっている点もポイントです。

スンクー(SUNCOO)のマレ店のサムネイル レ・プチット(Les Petites...)のマレ店のサムネイル マレ地区の古着屋さん(VINTAGE SYSTEM)のサムネイル
最寄り駅:地下鉄1号線のサン・ポール(Saint-Paul)駅

14、サンジェルマン・デ・プレ地区

サンジェルマン・デ・プレ教会のサムネイル グルネル通りのサムネイル

サンジェルマン・デ・プレ教会(Église de Saint Germain des Prés)を中心とする日本人にも人気のエリア。

高級ブランドのブティックでは、サンジェルマン・デ・プレ教会の向かい側にルイ・ヴィトンがあります。さらに、グルネル通り(Rue de Grenelle)にはプラダ、サンローラン、セリーヌ、クリスチャン・ルブタンのブティックに加え、アレクシ・マビーユの本店があります。

また、ピエール・エルメ(Pierre Hermé)本店、老舗カフェ「レ・ドゥ・マゴ(Les Deux Magots)」、カフェ・ド・フロール(Café de Flore)などカフェ、スウィーツ店も豊富です。

人気ブランドのブティックは比較的空いている印象を受けましたが、カフェやスウィーツ店は多くの人で賑わっています。近年は観光客も多くなっているため、人混みを回避するために訪れるとがっかりすることになるかもしれません。

最寄り駅:地下鉄4号線「Saint-Germain-des-Prés」駅など

パサージュ、マーケット

15、ギャラリー・ヴィヴィエンヌ(Galerie Vivienne)

ギャラリー・ヴィヴィエンヌのサムネイル ギャラリー・ヴィヴィエンヌのシ・チュ・ヴのサムネイル ギャラリー・ヴィヴィエンヌのユキトリヰのサムネイル

1823年に建設されたパサージュ。1974年に歴史的建造物に登録されています。

パリ旧証券取引所とパレ・ロワイヤル庭園の間に位置し、見所は床のモザイクなど装飾の美しさになります。

現在はアレクシ・マビーユ、ユキトリヰなどのブティックが入っているほか、過去にはケンゾーの創業者・高田賢三氏がブティック「ジャングル・ジャップ」をオープンさせた場所でもあります。

また、テレビ番組「モヤモヤさまぁ~ず」で紹介されたおもちゃ屋さん「シ・チュ・ヴ(Si Tu Veux)」もあり、20ユーロ程度で様々なおもちゃを購入することができます。店主の女性は丁寧に質問に答えてくれるため、お土産などでもおすすめしたいショップの一つです。

営業時間:10:00~20:00
住所:5 Rue de la Banque, 75002 Paris
最寄り駅:地下鉄3号線「Bourse」駅

16、バスティーユ市場(Marché Bastille)

バスティーユ市場のサムネイル バスティーユ市場のサムネイル

バルティーユ広場付近で開催されているパリ最大規模のマーケット。

バルティーユ広場近くには格安の衣料品(3〜10ユーロ程度)やアクセサリーなどが並び、奥に行くと食料品が多くなります。

野菜や魚介類、肉類など生鮮食品を取り扱う店舗に加え、パンやクレープ、中東料理などちょっとした食事を楽しむこともできます。1〜5ユーロ程度で食べることができ、美味しそうな食べ物があればトライしてみてください。

10時前にはほとんどの店がオープンし、多くのお客さんで賑わっています。筆者が訪れた際はアジア系観光客の多さが目立っていました。

営業時間:7:00~14:30(木)、7:00~15:00(日)
住所:8 Boulevard Richard Lenoir, 75011 Paris
最寄り駅:地下鉄1、5、8号線「Bastille」駅

17、アリーグル市場(Marché d’Aligre)

アリーグル市場のサムネイル アリーグル市場のサムネイル

リヨン駅から徒歩7分の場所に位置するマーケット。

アリーグル通り(Rue d’Aligre)、アリーグル広場(Place d’Aligre)に多くの店舗が並び、アリーグル通りは野菜や果物主体、アリーグル広場は衣料品、ジャンク品を中心に売られています。

ジャンク品市では使わなくなった(?)食器類、古本、DVD、骨董品などが売られており、訪れてみると面白い発見ができるかもしれません。規模的にもおすすめのマーケットです。

営業時間:9:00〜13:00、16:00〜19:30(時間変更あり)※月曜日は定休日
住所:Place d’Aligre, 75012 Paris
最寄り駅:地下鉄8号線「Ledru-Rollin」駅

18、エリザベス二世花市場(Marché aux Fleurs – Reine Elisabeth II)

エリザベス二世花市場のサムネイル エリザベス二世花市場のサムネイル

ノートルダム大聖堂などがあるシテ島に位置する花市場。

イギリス・エリザベス女王がノルマンディー上陸作戦70周年の記念式典に出席するためにパリを訪問し、それを記念して2014年6月に名称が変更されました。

市場は1808年から始まり、1873年頃から現在のように花、鳥が取り扱われるようになっています。花や木の値段を見るだけでも面白く、主要観光地の近くに位置していることからもおすすめの市場になります。

営業時間:9:30〜19:15
住所:37 Place Louis Lépine, 75004 Paris
最寄り駅:地下鉄4号線「Cité」駅

19、サン・トゥアンの蚤の市(Marché aux puces de Saint-Ouen)

サン・トゥアンの蚤の市周辺のサムネイル サン・トゥアンの蚤の市周辺のサムネイル

パリの蚤の市最大規模を誇るマーケット。

2500店舗以上の露店が展開され、アンティーク品が売られていることで知られています。ただし、ジャンク品の傾向が強く、値打ちのある骨董品目当てで行くと良くない印象になるかもしれません。

なお、こちらの主力品は偽ブランド商品になります。グッチなどの偽バッグ、スポーツ系ブランドの偽シューズなどが多く売られています。街並みの印象はあまり良くありませんでしたが、一味違った買い物は楽しめると思います。

※偽ブランド品の購入は関税法違反になります。購入しないようにしてください。

営業時間:10:00〜18:00(土〜月)※時間変更あり
住所:138 Avenue Michelet, 93400 Saint-Ouen
最寄り駅:地下鉄4号線「Porte de Clignancourt」駅

アウトレット

20、ラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallée Village)

ラ・ヴァレ・ヴィレッジのサムネイル ラ・ヴァレ・ヴィレッジのサムネイル

パリ郊外、ディズニーランド・パリ近くにあるアウトレット。

パリ中心部から電車で30分程度で行くことができ、アクセスの良さも高ポイントになります。

セリーヌ(CÉLINE)やジバンシィ(Givenchy)、ロンシャン(LONGCHAMP)などパリに本店を構えるブランドが入っているほか、バカラ(Baccarat)の店舗もあり、ちょっと高めのお土産を購入する場所としても最適です。

そのほか、日本でも人気のスウィーツ店ピエール・エルメ・パリ(Pierre Hermé Paris)の店舗もあります。なお、無料Wi-Fiも利用可能です。

ラ・ヴァレ・ヴィレッジのプラダのサムネイル ラ・ヴァレ・ヴィレッジのグッチのサムネイル ラ・ヴァレ・ヴィレッジのセリーヌのサムネイル
営業時間:10:00~20:00
住所:3 Cours de la Garonne, 77700 Serris
アクセス:リヨン駅(Gare de Lyon)などでRER・A4線に乗り、ヴァル・デューロップ駅(Gare de Val d’Europe)で下車し、徒歩10分程度。
公式サイト: https://www.lavalleevillage.com/

まとめ

パリの街を歩いていると、若手クリエーターの店から昔ながらの店まで、偶然自分好みの店や通りを見つけることができます。

ファッション好きな方はマレ地区の散策がおすすめです。若手デザイナーのショップ、古着屋さんなどがあり、きっと街歩きを楽しめるはずです。

そのほか、パリ国立高等美術学校(École nationale supérieure des Beaux-Arts)周辺には多くのアートギャラリーがあります。

上記は押さえておくべき主要買い物スポットを紹介しています。押さえるべきポイントは押さえ、街ブラをしながら独自の買い物スポットを探してみてください!

■パリのブランド本店情報はこちらをチェック!

パリの人気ブランド本店26選!シャネル、エルメスなど
フランスの首都「パリ」で人気ブランドの本店巡りをしよう!ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスの本店はどこ?有名な高級ブランド店街「サントノーレ通り」にある人気ブランドの本店とは?地図付きで、エリア別に紹介しています!

■パリ観光では世界遺産巡りも忘れずに!

パリの世界遺産まとめ!ヴェルサイユ宮殿以外の見所とは?
フランス・パリの世界遺産全てを紹介!有名な凱旋門は世界遺産ではなかった?!1979年に登録された「ヴェルサイユの宮殿と庭園」、1991年に登録された「パリのセーヌ河岸」を掲載。グーグルマップ掲載で場所も安心!