リールのおすすめ買い物スポット10選!ブランド店街からマーケットまで

ウェストフィールド・ユラリール(WESTFIELD EURALILLE)の内部リール

フランス第4の都市「リール」のおすすめ買い物スポットを紹介!

エルメスがブティックを構えるブランド店街があった?プランタンで取り扱われているブランドとは?スーパーが入る注目すべきショッピングセンターって?

今回は実際に滞在した筆者が「ショッピングストリート」「デパート・ショッピングセンター」「マーケット」のカテゴリーに分けて、リールのおすすめ買い物スポットを紹介。筆者が撮影した写真も掲載しますので、ぜひリール観光の参考にしてください!

スポンサーリンク

ショッピングストリート

1.グランド・ショセ通り(Rue de la Grande Chaussée)

グランド・ショセ通り(Rue de la Grande Chaussée)

テアトル広場(Place du Théâtre)とシャ・ボシュス通り(Rue des Chats Bossus)を結ぶ全長約140メートルの通り。リールで最も古い通りの一つ。規模は小さいですが、エルメスやルイ・ヴィトンがブティックを構えるリール唯一のブランド店街になります。

アクセス:地下鉄「Rihour」駅から徒歩4分(地図
ブランド一覧
・AGATHA
・American Vintage
・ba&sh
・CACHAREL
・COMPTOIR DES COTONNIERS
・CYRILLUS
・Figaret
・GANT
・GERARD DAREL
・HERMÈS
・HESCHUNG
・IKKS
・Karl Marc John
・LACOSTE
・LOUIS VUITTON
・Maje
・MANFIELD
・Mauboussin
・PETIT BATEAU
・REPETTO
・Sessùn
・Sud express
・SWAROVSKI
・THE KOOPLES
・TOMMY HILFIGER
・ZAPA

■グランド・ショセ通りのエルメス、ルイ・ヴィトン

ブルス通り(Rue de la Bourse)

テアトル広場とシャルル・ド・ゴール広場(Place Charles de Gaulle)を結ぶ全長約60メートルの通り。グランド・ショセ通りとつながっており、バカラやランセル、モンブランなどがブティックを構えています。

2.シャ・ボシュス通り(Rue des Chats Bossus)

シャ・ボシュス通り(Rue des Chats Bossus)

グランド・ショセ通りとリオン・ドール広場(Place du Lion d’Or)を結ぶ全長約80メートルの通り。ルイーズ・ド・ベティニ広場(Place Louise de Bettignies)、バッス通り(Rue Basse)にあるブランドも紹介します。これらは1本の通りになり、グランド・ショセ通りと合わせてリール旧市街の主要買い物スポットになります。

アクセス:「Lille Flandres」駅から徒歩7分(地図
ブランド一覧
・agnès b.
・BENSIMON
・BOGGI MILANO
・CLAUDIE PIERLOT
・DE FURSAC
・HUGO BOSS
・KUJTEN
・Les Petites…
・Massimo Dutti
・Max Mara
・Pablo
・Pepe Jeans
・Sandro
・Sarah Pacini
・Soeur
・TARA JARMON
・THE NORTH FACE
・Timberland
・TOMMY JEANS
・Vanessa Bruno
・Wolford
・ZADIG&VOLTAIRE

■リオン・ドール広場のマックスマーラ

リオン・ドール広場(Place du Lion d’Or)のマックスマーラ

スポンサーリンク

3.モネ通り(Rue de la Monnaie)

モネ通り(Rue de la Monnaie)

ルイーズ・ド・ベティニ広場とコンセール広場(Place du Concert)を結ぶ全長約250メートルの通り。バッシュ(ba&Sh)やマージュ(Maje)、スコッチ&ソーダ(SCOTCH&SODA)などの人気ブランドがブティックを構えています。そのほか、人気のスウィーツ店「Aux Merveilleux de Fred(以下の写真右)」もあり、街歩きでは押さえておきたいエリアになります。

アクセス:「Lille Flandres」駅から徒歩8分(地図
ブランド一覧
・Antoine et Lili
・ba&Sh
・FLORENCE KOOIJMAN
・La Fée Maraboutée
・Lee
・Maje
・Mes Demoiselles… Paris
・One Step
・PAUL MARIUS
・SCOTCH&SODA

4.クレ通り(Rue de la Clef)

クレ通り(Rue de la Clef)

パティニエ広場(Place des Patiniers)とカルノ通り(Boulevard Carnot)を結ぶ全長約180メートルの通り。著名なブランドは少ないですが、センスのいいブティックに加え、古着屋「Tilt Vintage」やマンガ店「manga dokaze」などがあります。テアトル広場近くに位置していますが、見落としやすい場所にあるので注意してください。

アクセス:「Lille Flandres」駅から徒歩6分(地図

5.ルペルティエ通り(Rue Lepelletier)

ルペルティエ通り(Rue Lepelletier)

テアトル広場とバッス通りを結ぶ全長約160メートルの通り。ボビイ・ブラウン(BOBBI BROWN)やエッセンシャル・アントワープ(ESSENTIEL ANTWERP)、ロンシャン(LONGCHAMP)などが店舗を構えているほか、宝飾品店や衣料品店、日本にも出店しているパン屋「PAUL」があります。なお、PAULはリール近郊の都市「クロワ(Croix)」が発祥地になります。

アクセス:地下鉄「Rihour」駅から徒歩4分(地図

■ルペルティエ通りのロンシャン

ルペルティエ通りのロンシャン

スポンサーリンク

デパート・ショッピングセンター

6.プランタン・リール(Printemps Lille)

プランタン・リール(Printemps Lille)

フランスの大手百貨店「プランタン(Printemps)」のリール店。4フロアで構成されており、グッチやランセル、ロンシャン、マイケル・コースはブティック型のバッグ売り場があります。旧市街の観光名所「リオール広場(Place De Rihour)」に近く、トイレ休憩が行える場所として覚えておくといいと思います。

営業時間:9:30〜20:00(日曜日は10:00〜19:00)
住所:39-45 Rue Nationale, 59000 Lille(地図
アクセス:地下鉄「Rihour」駅から徒歩4分
公式サイト:https://www.printempsfrance.com/

■フロアガイド

  • 0階(1階):ブランド、ビューティー、婦人靴など
  • 1階(2階):レディースファッション
  • 2階(3階):メンズファッション
  • 3階(4階):ホーム、キッズファッションなど

※カッコ内は日本式の階数を記載しています。

取り扱いブランド一覧
・agnès b.
・Alexander Wang
・ARMANI
・ba&sh
・BALENCIAGA
・BOUCHERON
・BURBERRY
・CALVIN KLEIN
・Chloé
・CLAUDIE PIERLOT
・COACH
・dinh van
・FURLA
・G-STAR RAW
・GIVENCHY
・GUCCI
・GUESS
・HUGO BOSS
・IKKS
・ISABEL MARANT
・JIMMY CHOO
・KARL LAGERFELD
・KENZO
・LANCEL
・LANVIN
・LOEWE
・LONGCHAMP
・Maje
・MARC JACOBS
・MONTBLANC
・PAUL SMITH
・PAULE KA
・RALPH LAUREN
・SAINT LAURENT
・Salvatore Ferragamo
・Sandro
・See By Chloé
・STELLA McCARTNEY
・SWAROVSKI
・TARA JARMON
・THE KOOPLES
・TOD’S
・TOMMY HILFIGER
・WEEK END
・ZADIG & VOLTAIRE

7.ウェストフィールド・ユラリール(WESTFIELD EURALILLE)

ウェストフィールド・ユラリール(WESTFIELD EURALILLE)

1994年9月に開業したショッピングセンター。フランス出身の世界的建築家「ジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel)」が設計を担当。ファッションはザラやユニクロ、H&Mなどファストファッション系が主体。スーパーマーケットのカルフールがあるため、食事や飲み物を購入する場所としておすすめ。施設内にはファストフード店やカフェなどもあります。周辺には多くの近代的な建物があるので、街歩きスポットとしても最適です。

営業時間:9:30〜20:00(日曜日は10:00〜19:00)
住所:100 Avenue Willy Brandt, 59777 Lille(地図
アクセス:「Lille Flandres」駅からすぐ
公式サイト:https://fr.westfield.com/
ブランド一覧
・Adidas
・AGATHA
・Bershka
・CALZEDONIA
・DESIGUAL
・Etam
・Flying Tiger
・G-STAR RAW
・H&M
・HEMA
・HOLLISTER
・I am
・Intimissimi
・JACK&JONES
・KIKO MILANO
・Levi’s
・LOLA LIZA
・M·A·C
・MANGO
・NAFNAF
・NEW YOKER
・ONLY
・PANDORA
・Pimkie
・PRIMARK
・Promod
・PULL&BEAR
・SEPHORA
・Stradivarius
・THE BODY SHOP
・Timberland
・UNIQLO
・WE
・ZARA

■ウェストフィールド・ユラリールの内部

ウェストフィールド・ユラリール(WESTFIELD EURALILLE)の内部

8.レ・タヌール・ショッピングセンター(Centre commercial Les Tanneurs)

レ・タヌール・ショッピングセンター(Centre commercial Les Tanneurs)

リール旧市街に位置するショッピングセンター。ショップ数は20店舗弱と少ないですが、スーパーマーケットのモノプリ(MONOPRIX)がある点がポイントです。そのほか、ファストファッションのC&A、小売りチェーンのフナック(FNAC)、おもちゃ屋さんなどがあります。閑散としているため、ゆっくりしたい方におすすめのショッピングセンターです。

営業時間:10:00〜19:30(日曜日は定休日)
住所:80 Rue Pierre Mauroy, 59800 Lille(地図
アクセス:地下鉄「Rihour」駅から徒歩4分
公式サイト:https://lestanneurs.com/

■レ・タヌール・ショッピングセンターの内部

レ・タヌール・ショッピングセンター(Centre commercial Les Tanneurs)の内部

スポンサーリンク

マーケット

9.オールド・リール・マーケット(Marché du Vieux-Lille)

オールド・リール・マーケット(Marché du Vieux-Lille)

コンセール広場で週3回(日曜日、水曜日、金曜日)開催されているマーケット。生鮮食品、チーズなどの加工食品、花、ワイン、衣料品、アンティークなど様々な商品が売られています。規模は大きくありませんが、スケジュールが合えば訪れておきたいマーケットになります。

営業時間:7:00〜14:00(日・水・金)
住所:Place du Concert 6, 59800 Lille(地図
アクセス:地下鉄「Rihour」駅から徒歩12分

10.ワザンム市場(Marché Couvert de Wazemmes)

19世紀半ばに建設されたマーケット。1979年、2002年に改修工事が行われており、建物内は小奇麗な印象を受けました。チーズ販売店や精肉店、フレッシュジュース、ピザ、タイ料理を提供している店舗などがあります。

市場外のマーケットは野菜、衣料品が主体になります。店主のほとんどが移民系の方でした。旅行者が購入するようなものはあまり売られていませんでしたが、活気があるので見ていて面白かったです。なお、マーケットはワザンム地区にあり、リール美術館から徒歩15分ほどの場所にあります。

営業時間:8:00〜20:00(日曜日は15:00まで)※月曜日は定休日
住所:Les Halles de, Place Nouvelle Aventure, 59000 Lille(地図
アクセス:地下鉄「Gambetta」駅から徒歩3分

■ワザンム市場外のマーケット

最後に

リールはラグジュアリーブランドのブティックが少ない都市ですが、旧市街の主要観光地周辺が主な買い物スポットになるため、歴史的建造物の見学と合わせてショッピングを楽しむことができます。旧市街の規模はあまり大きくないため、石畳や美しい建物群を横目にブティック巡りをしてみるときっといい思い出になると思います。

なお、筆者はフェルデブ通り(Rue Faidherbe)のモノップで焼き立てのクロワッサン(0.95ユーロ)を購入しましたが、それが今まで食べたクロワッサンのなかで一番美味しかったです。モノップだと侮らず、みなさんも焼き立てのパンがあればぜひ食べてみてください。

以上、ぜひ上記を参考にリールでショッピングを楽しんでください!