アムステルダムの高級ブランド店チェック!注目の買い物スポットを紹介

アムステルダム(Amsterdam)はオランダ王国の首都。

人口は80万人超、都市圏では230万人超の人口を誇る。網目状に広がる運河が特徴的で、北のベネチアとも呼ばれています。

また、それらの運河群は、「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」として世界遺産にも登録(2010年)されています。

ロンドンとは違ったレンガ造りの街並み、それらの可愛らしい建物群が多くの観光客を魅了し続けています。今回はそんなアムステルダムの高級ブランド店について紹介していきます。

景色
※Photo by Lennart Tange

アムステルダムの高級ブランド店について

アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)やゴッホ美術館(Van Gogh Museum)近くに位置するピーテル・コネリス・ホーフト通り(Pieter Cornelisz Hooftstraat)がアムステルダムの高級ブランド店街になります。

また、王宮(Koninklijk Paleis Amsterdam)横、ダム広場(Dam)にある百貨店「デ・バイエンコルフ(de Bijenkorf)」にもブランドのブティックがあり、今回は「ピーテル・コネリス・ホーフト通り」と「デ・バイエンコルフ」で展開されているブランドを紹介します。

アムステルダムの高級ブランド店街
ピーテル・コネリス・ホーフト通り
アムステルダムの百貨店
デ・バイエンコルフ

※ブランドのブティック(青色)や百貨店(赤色)の場所は、以下のグーグルマップでチェック!

アムステルダムの高級ブランド店街

ピーテル・コネリス・ホーフト通り(Pieter Cornelisz Hooftstraat)

ウードザイド地区に位置し、スタドハウダースカーデ(Stadhouderskade)とフォンデル公園(Vondelpark)を結ぶ全長約670メートルの通り。

ペーセーホーフト通り(P.C. Hooftstraat)とも呼ばれ、歴史家や詩人、劇作家として活躍したピーテル・コネリス・ホーフト(Pieter Corneliszoon Hooft、1581年~1647年)が名前の由来になっています。

1990年代頃から高級ブランド店街として発展し、1997年にカルティエ(Cartier)、2002年にルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、2005年にシャネル(CHANEL)などがブティックをオープンさせています。

ブランドのブティックのほか、高級腕時計を取り扱う時計店、宝飾品店、テスラのディーラーもあります。アムステルダム国立美術館やゴッホ美術館を訪れた際、運河散策する際には合わせて訪れておきたいところです。

ブランド一覧(A~J)
アン・フォンテーヌ(Anne Fontaine)、バリー(BALLY)、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)、バーバリー(BURBERRY)、シャネル(CHANEL)、ディーゼル(DIESEL)、ディオール(Dior)、ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)、エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)、エスカーダ(ESCADA)、グッチ(GUCCI)、エルメス(HERMÈS)、ヒューゴ・ボス(HUGO BOSS)、ジミー・チュウ(JIMMY CHOO)など
ブランド一覧(L~Z)
ラ・ペルラ(La Perla)、ロンシャン(LONGCHAMP)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、マージュ(maje)、マックスマーラ(Max Mara)、マイケル・コース(MICHAEL KORS)、モンクレール(MONCLER)、マルベリー(Mulberry)、ポール・スミス(Paul Smith)、フィリップ・プレイン(PHILIPP PLEIN)、プラダ(PRADA)、ラルフローレン(RALPH LAUREN)、サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)、トッズ(TOD’S)、ザディグ・エ・ヴォルテール(ZADIG&VOLTAIRE)など
時計、ジュエリーなど
ブルガリ(BVLGARI)、カルティエ(Cartier)、ショパール(Chopard)、IWC・シャフハウゼン(IWC Schaffhausen)、ジャガー・ルクルト(JAEGER-LECOULTRE)、モンブラン(MONTBLANC)、ティファニー(TIFFANY & CO.)など
観光情報
最寄り駅 トラム2、5番線「Rijksmuseum」駅、トラム3、12番線「Van Baerlestraat」駅(地図

一部ブランドの営業時間

カルティエ(Cartier)
営業時間 営業時間:13:00~18:00(月)、10:30~18:00(火~金)、10:00~17:00(土)※日曜日は定休日
住所 Pieter Cornelisz Hooftstraat 132-134, 1071 CE Amsterdam(地図
シャネル(CHANEL)
営業時間 12:00~18:00(月)、10:00~18:00(火~土)※日曜日は定休日
住所 Pieter Cornelisz Hooftstraat 94-96, 1071 CA Amsterdam(地図
グッチ(GUCCI)
営業時間 13:00~18:00(月)、10:00~18:00(火~金)、10:00~17:00(土)※日曜日は定休日
住所 Pieter Cornelisz Hooftstraat 56-58, 1071 CA Amsterdam(地図
エルメス(HERMÈS)
営業時間 12:00~18:00(月)、10:00~18:00(火~金)、10:00~17:30(土)※日曜日は定休日
住所 Pieter Cornelisz Hooftstraat 97, 1071 BR Amsterdam(地図
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
営業時間 11:00~18:00(月)、10:00~18:00(火~土)※日曜日は定休日
住所 Pieter Cornelisz Hooftstraat 65-67, 1071BP Amsterdam(地図

アムステルダムの百貨店

デ・バイエンコルフ(de Bijenkorf)

アムステルダム最大の規模を誇る老舗百貨店。

観光の中心地「ダム広場(Dam)」に位置するため、ショッピングのみならず、トイレ休憩を取る場所としてもおすすめです。

グッチ(GUCCI)やエルメス(HERMÈS)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)などのブティックがあるほか、コスメや香水、アクセサリー、靴、インテリア、家庭用品など様々な商品が揃います。

レストランでは、日本料理やイタリア料理、アメリカ料理などを味わうことができるほか、エレガントなお土産を購入する場所として観光客にも人気です。

建物については6フロアで構成されており、フロア別の取り扱い商品は以下の通り。

■フロア情報

グランドフロア(1階):高級ブランドのブティック、コスメ、時計、ジュエリーなど
フロア1(2階):紳士服など ※トイレあり
フロア2(3階):婦人服など
フロア3(4階):婦人用品(靴や下着など)、家庭用品など
フロア4(5階):子供服、文房具、インテリア用品など
フロア5(6階):レストランなど ※トイレあり

※階数の数え方が日本とは違うので注意、括弧には日本の階数を表示しています。

ブランド一覧
バーバリー(BURBERRY)、フェンディ(FENDI)、グッチ(GUCCI)、エルメス(HERMÈS)、マルベリー(Mulberry)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)など
観光情報
営業時間 営業時間:11:00~20:00(日・月)、10:00~20:00(火・水)、10:00~21:00(木・金)、9:30~20:00(土)
住所 Dam 1, 1012 JS Amsterdam(地図
最寄り駅 トラム4、9、16番線「Dam」駅
公式サイト https://www.debijenkorf.nl/

デパートメントストア
※Photo by Jorge Láscar

まとめ

今回紹介したピーテル・コネリス・ホーフト通り、デ・バイエンコルフ以外にも、カルフェル通り(Kalverstraat)、ライツェ通り(Leidsestraat)がカジュアル系メインのショッピングストリートになっています。

デ・バイエンコルフは観光の中心地に、ピーテル・コネリス・ホーフト通りはアムステルダム国立美術館などの観光スポット近くに位置しているため、比較的訪れやすい場所に高級ブランドのブティックは展開されています。

網目状に広がる運河とレンガ造りの建物が織り成す美しい景観と共に、ブランドショッピングを楽しんでください!

■ヨーロッパの買い物関連のおすすめ記事