パリのおすすめ観光地18選!凱旋門などの王道コースから穴場まで

【フランス・パリは世界遺産だけじゃない!】

パリには多くの世界遺産がありますが、凱旋門やオペラ座など世界遺産に登録されていない観光スポットも多くあります。

そこで今回は、世界一周を通して印象に残った「世界遺産に登録されていない」おすすめの観光地を18カ所紹介します。ぜひ、パリ観光の参考にしてください!

■パリ観光で外せない世界遺産一覧はこちら!

パリの世界遺産まとめ!ヴェルサイユ宮殿以外の見所とは?
フランス・パリの世界遺産全てを紹介!有名な凱旋門は世界遺産ではなかった?!1979年に登録された「ヴェルサイユの宮殿と庭園」、1991年に登録された「パリのセーヌ河岸」を掲載。グーグルマップ掲載で場所も安心!

パリのおすすめ観光地18選(世界遺産を除く)

■凱旋門、オペラ座など

■おすすめデパート

■おすすめの教会など

■金融関連のおすすめスポット

※上記のおすすめ観光地の場所は、以下のグーグルマップ(青色)をチェック!

凱旋門、オペラ座など

1.凱旋門(Arc de triomphe de l’Étoile)

パリの凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile) シャンゼリゼ通りの凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)

一般的に知られている凱旋門で、正式名称はエトワール凱旋門。

ナポレオンの命により、1806~1836年に建設された新古典主義建築の凱旋門になります。

彫刻の美しさが特長。有料ですが、階段で頂上に登ることができ、階段の途中には凱旋門の歴史を紹介した博物館もあります。

営業時間:10:00~23:00(4~9月)、10:00~22:30(10~3月)
料金:12ユーロ
最寄り駅:地下鉄1、2、6号線「Charles de Gaulle Étoile」駅(地図

2.ガルニエ宮殿(Palais Garnier)※オペラ座

パリのガルニエ宮殿(Palais Garnier)

1861~1875年に建設された第二帝政期建築のオペラハウス。オペラ座、オペラ・ガルニエと呼ばれることもあります。

オペラ鑑賞でなくても、オペラ座の内部を見学することは可能。天井に描かれたシャガール作の「夢の花束」などが見所です。

なお、ベートーベン(1770~1827年)やモーツアルト(1756~1791年)などの金メッキの胸像がありますが、演奏を記念したものではありません。

営業時間:10:00~16:30 ※シーズンにより変更あり
料金:12ユーロ
最寄り駅:地下鉄3、7、8号線のオペラ(Opéra)駅(地図
公式サイト:https://www.operadeparis.fr/

3.エリゼ宮(Le Palais de L’Élysée)※大統領官邸

パリのエリゼ宮(Le Palais de L'Élysée)

1718~1722年に建設された宮殿。

1873年から現在まで大統領官邸として利用されています。なお、ヨーロッパ文化遺産の日に唯一中に入ることができます。

開館日時:ヨーロッパ文化遺産の日(毎年9月第3週の週末)
料金:無料
最寄り駅:地下鉄1、13号線「Champs-Élysées – Clemenceau」駅(地図

4.リュクサンブール宮殿(Palais du Luxembourg)

パリのリュクサンブール宮殿(Palais du Luxembourg)

1615~1631年に建設された宮殿。

現在は元老院(上院)の議事堂として利用されています。

ルイ13世の母「マリー・ド・メディシス」の住居として改築された後、フランス革命で国有化され、監獄としても利用されました。

なお、第二次世界大戦中はドイツ軍の空軍司令部が設置されていた場所です。

最寄り駅:地下鉄10号線の「Mabillon」、4・10号線の「Odéon」駅(地図
注意事項:ガイドツアーでのみ見学可、要予約
公式サイト:https://www.senat.fr/

■リュクサンブール庭園
パリのリュクサンブール庭園

開園時間:「7:30~8:15」~「16:30~21:30」※開園・閉園時間は時期により異なる。

5.バルティーユ広場(Place de la Bastille)

パリのバルティーユ広場(Place de la Bastille)

1370~1383年に建設された要塞が起源。

17世紀には刑務所として利用され、民衆がこの場所にあったバスティーユ牢獄を襲撃した事件を発端にフランス革命が起こりました。

革命後、バスティーユ牢獄は取り壊され、1833年にルイ・フィリップの命により7月革命記念碑 (Colonne de Juillet) が建設されました。

最寄り駅:地下鉄1、5、8号線の「Bastille」駅(地図

6.モンパルナス・タワー(Tour Montparnasse)

パリのモンパルナス・タワー(Tour Montparnasse)

1969~1973年に建設された高層ビル(高さ210メートル)。

建設当時はパリで一番高いビルでしたが、現在はファーストタワー(Tour First)が一番高い建物になっています。

56階、59階が一般に開放されており、パリのパノラマビューを楽しむことができます。エッフェル塔などと比較して人は少ないので、高い場所からゆっくりパリの街並みを見たい人におすすめです。

営業時間:9:30~23:30
料金:18ユーロ
最寄り駅:地下鉄4、6、12、13号線「Montparnasse-Bienvenüe」駅(地図
公式サイト:https://www.tourmontparnasse56.com/

おすすめのデパート

7.ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン本店(Galeries Lafayette Paris Haussmann)

パリのギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette Haussmann) ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette Haussmann)のスチールドーム

フランスの大手百貨店。

1896年に創業者が建物を購入し、シンボルになっているスチールドーム、アールヌーボー様式の階段などは1912年に建設されています。

高級ブランドを筆頭に多くのテナントが入っているほか、日本語のカスタマー・サービスがあるため、安心して買い物を楽しむことができます。

営業時間:9:30〜20:30(日:11:00〜20:00)
最寄り駅:地下鉄7、9号線「Chaussée d’Antin – La Fayette」駅(地図
公式サイト:https://www.galerieslafayette.com/

8.プランタン・オスマン本店(Printemps Haussmann)

パリのプランタン・オスマン本店(Printemps Haussmann)

1865年に創業したデパート。

プランタン銀座などで日本人にも馴染み深いデパートです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)とのコラボレーションによる限定商品など、著名ブランドももちろん揃っています。

営業時間:9:35〜20:00(日:11:00〜19:00)
最寄り駅:地下鉄3、9号線「Havre – Caumartin」駅(地図
公式サイト:https://www.printemps.com/

おすすめの教会など

9.サクレ・クール寺院(Basilique du Sacré-Cœur)

パリのサクレ・クール寺院(Basilique du Sacré-Cœur)

1875~1914年に建設されたロマネスク・ビザンティン様式の教会。

モンマルトルの丘の上に建設され、モンマルトルはパブロ・ピカソが1904~1909年の間まで生活するなど、芸術の街としても知られています。

開館時間:6:00〜22:30
料金:無料(一部有料エリアあり)

最寄り駅:地下鉄2号線のアンヴェール(Anvers)駅(地図

10.パンテオン(Panthéon)

パリのパンテオン(Panthéon)

1757~1790年に建設された新古典主義建築の建物。

キュリー夫人(マリア・スクウォドフスカ=キュリー)、ジャン=ジャック・ルソーなどが埋葬されています。

開館時間:10:00~18:30(4~9月)、10:00~18:00(10~3月)
料金:9ユーロ
最寄り駅:地下鉄10号線の「Cardinal Lemoine」駅(地図

11.サンテティエンヌ・デュ・モン教会(Église Saint-Étienne-du-Mont)

パリのサンテティエンヌ・デュ・モン教会(Église Saint-Étienne-du-Mont)

6世紀に起源を持つ教会。

現在の教会は1494~1624年に建設され、その後再建されています。

開館時間:8:45~19:45(曜日により異なる)
料金:無料
最寄り駅:地下鉄10号線の「Cardinal Lemoine」駅(地図
公式サイト:https://www.saintetiennedumont.fr/

12.サン・ジェルマン・ロクセロワ教会(Église Saint-Germain l’Auxerrois)

パリのサン・ジェルマン・ロクセロワ教会(Église Saint-Germain l'Auxerrois)

7世紀に起源を持ち、12世紀~15世紀に建設されたゴシック様式のカトリック教会。その後、再建されています。

開館時間:8:00~19:00(月~土)、9:00~20:00(日)
料金:無料
最寄り駅:地下鉄1号線の「Louvre – Rivoli」駅(地図

13.贖罪礼拝堂(Chapelle Expiatoire)

パリの贖罪礼拝堂(Chapelle Expiatoire)

1800年代に建てられた礼拝堂。エクスピアトワール礼拝堂とも呼ばれています。

フランス革命でギロチン処刑されたルイ16世、マリー・アントワネットが埋葬されていた場所です。

その後、ルイ16世、マリー・アントワネットの一部亡骸は掘り起こされ、パリ北部にあるサン=ドニ大聖堂(Basilique Cathédrale de Saint-Denis)に改葬されています。

開館時間:10:00~12:30/13:30~17:00(火・木・金・土)
料金:6ユーロ
最寄り駅:地下鉄9号線の「St Augustin」駅(地図
公式サイト:http://www.chapelle-expiatoire-paris.fr/

14.サン・ジョセフ・デ・カルム教会(Église Saint-Joseph des Carmes)

パリのサン・ジョセフ・デ・カルム教会(Église Saint-Joseph des Carmes)

1613~1620年に建設されたバロック様式の教会。

開館時間:毎週土曜日15時に無料ツアーを実施
料金:無料
最寄り駅:地下鉄12号線のレンヌ(Rennes)駅(地図

15.サン・セヴラン教会(Paroisse de Saint-Severin)

パリのサン・セヴラン教会(Paroisse de Saint-Severin)

ゴシック様式の教会。6世紀に建てられた礼拝堂が起源。

その後、大聖堂が建設されましたが、11世紀にヴァイキングによって破壊され、13~15世紀に再建されました。

開館時間:11:00~19:30(月~土)、9:00~20:30(日)
料金:無料
最寄り駅:地下鉄10号線の「Cluny – La Sorbonne」駅(地図

16.ノートルダム・ドゥ・ラソンプシオン教会(Église Notre-Dame-de-l’Assomption)

パリのノートルダム・ドゥ・ラソンプシオン教会(Église Notre-Dame-de-l'Assomption)

1670~1676年に建設された教会。

高級ブランド店が軒を連ね、日本大使館もあるサントノーレ通り(Rue Saint Honoré)に位置しています。

フランス革命時には兵舎として利用され、現在はポーランド人のための教会として利用されています。

開館時間:8:30~12:00/14:00~19:30
料金:無料
最寄り駅:地下鉄1、8、12号線の「Concorde」駅(地図

金融関連のおすすめスポット

17.フランス銀行(Banque de France)本店

パリにあるフランス銀行(Banque de France)本店

フランスの中央銀行。

外から眺めることしかできませんが、金融好きな人にはぜひ訪れてほしい場所です。

最寄り駅:地下鉄1、7号線の「Palais Royal – Musée du Louvre」駅(地図

18.旧パリ証券取引所(Palais Brongniart)

パリのパリ証券取引所(Palais Brongniart)

1807~1825年に建設された旧パリ証券取引所。

現在は会議やレセプションパーティーなどが行われるイベント会場になっています。

なお、建物隣の広場では毎週火曜日、金曜日(12:30〜20:30)にマーケットが開催されています。

最寄り駅:地下鉄3号線のブルス(Bourse)駅(地図

まとめ

凱旋門やオペラ座、モンマルトルの丘にあるサクレ・クール寺院など世界遺産に登録されていなくても、パリには多くの見所のある観光スポットがあります。

また、ギャラリー・ラファイエットなどのデパートに行けば、内装の豪華さからまるで社交界に来ているかのような錯覚を起こさせてくれます。

観光スポットが多い分、事前に訪問する場所や目的をしっかりさせ、効率的に観光するといいかもしれません。

■パリの街並みなどは世界トリップ写真館でチェック!

【世界トリップ写真館】フランス・パリ編
世界一周で巡ったフランスの首都「パリ」の写真を大公開!「セーヌ川の右岸」、「セーヌ川の左岸・ヴェルサイユ」に分けて掲載。著名観光地はもちろん、ガイドブックなどに載ることがないパリの普通の街並みなどが見所!