【気候】ニースは冬場も温暖!気になる平均気温、降水量とは?

ニースの景色ニース

今回はフランス・ニースの気候を紹介します!

ニースはフランス南部「コートダジュール」に位置するリゾート地です。モナコにも近く、多くのセレブがバカンス目的で訪れる場所になっています。

今回は平均気温や降水量のグラフ、気候の特徴、筆者が実際に滞在して感じたポイント等を踏まえてニースの気候を紹介します。ぜひ、旅行計画を作成する際の参考にしてください!

スポンサーリンク

ニースの気候について

フランス・ニースは地中海性気候(ケッペン気候分類:Csa)に属しています。

気候は1年を通して温暖であり、特に夏場はヨーロッパ中からバカンスに訪れる観光客が多くなります。夏場は乾燥しており、7〜8月の平均降水日数が2日程度と雨が少ない点もリゾート地として適しています。

なお、ニース周辺は高級リゾート地であり、アラブの王族など世界中の富豪が訪れる場所でもあります。海を見渡せば豪華なクルーザーが停泊しており、リッチな気分を味わうことのできる都市になっています。

■平均降水日数

月別の平均降水日数は7〜8月が2日程度、9〜5月は6日前後、6月は4日前後になっています。

平年の平均降水量は9〜1月が多くなっており、特に10〜11月は東京より降水量が多くなっています。

■平均日照時間

月平均の日照時間は1年を通して100時間を上回っており、6〜8月は300時間を超えています。

冬場でも月平均140時間程度の日照時間があり、100時間を下回るパリなどと比べて日照時間は長くなっています。

日の出、日の入り時刻

以下はニースの日の出、日の入り時間になります。各時間はその年や日によって変動するため、参考値としてご覧ください。

日の出日の入り
1月 8時00分 17時20分
2月 7時30分 18時00分
3月 6時40分 18時35分
4月 5時45分 19時15分
5月 5時05分 19時50分
6月 4時50分 20時15分
7月 5時00分 20時10分
8月 5時35分 19時35分
9月 6時10分 18時40分
10月 6時45分 17時45分
11月 7時25分 17時05分
12月 7時55分 16時55分

ニースの平均気温

ニースの平均最高・最低気温(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。

【平均気温のポイント】

夏場は平均最高気温が27℃台、平均最低気温が21℃台になります。汗ばむ陽気ですが、不快に感じることは少ないです。また、気温差は少なく、快適に過ごすことができます。

冬場は平均最高気温が14℃前後、平均最低気温が7℃前後になります。南に位置することもあり、冬場でも温暖な気候を楽しむことができます。

さらに、年間を通して1日の気温差が10℃以上になることが少ない点もポイントになります。

スポンサーリンク

ニースの平均降水量

ニースの平均降水量(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。

【平均降水量のポイント】

2016年のデータでは10〜11月の降水量が東京より多くなっています。その一方、7〜8月など夏場の降水量は少なく、こちらは平均のデータ通りの内容です。

10〜11月を除けば、年間を通して東京より降水量は少なく、旅行の際に降水量を気にする必要はないと言えます。

服装について

こちらでは月別に半袖系、長袖系、ジャケット系、コート系の4つに分けて、旅行する際のおすすめの服装を紹介していきます。

1日の温度差や気候状況により、最適な服装が異なる場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

夏場は半袖・短パンが基本スタイルになりますが、日焼け止めを兼ねて長袖シャツを着た場合でも、不快に感じることは少ないと言えます。

私が夏場に滞在していた際は長袖シャツを着る場面が多くあり、夏場でもシャツを1〜2枚程度持っていくことをおすすめします。

冬場の平均最低気温は7℃前後であり、厚手のコートは必要ないと言えます。薄手のニットにジャケットを羽織る格好で対応できますが、心配な人は薄手のコートを持っておくと安心です。

半袖系長袖系ジャケット系コート系
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

※◎=最適、=出番あり、△=持っていると安心

気になるベストシーズンとは?

6〜9月がおすすめしたいシーズンになります。

理由は降水日数が少ないこと、夏場でも不快な暑さになることが少ないこと、最盛期のリゾート地を楽しめることなどになります。

特に7〜8月は降水日数が2日程度、降水量も年間を通して1番少ない時期であり、海のアクティブティなどニースをおもいっきり楽しむことができます。

また、日の出、日の入りの時間が長く、安心して外出できる時間が長い点もポイントになります。

総括

今回のニースの記事で押さえておきたいポイントは以下の通りです。

・7〜8月は降水日数、降水量が年間を通して1番少ない

・夏場の平均最高気温は27℃台、半袖・短パンが基本スタイル

・冬場の平均最低気温は7℃前後、観光はジャケットスタイルでおしゃれに

・夏場がベストシーズン、降水量、気温、バカンス最盛期を考慮

夏場をベストシーズンとして挙げていますが、冬場でも温暖な気候を楽しむことができます。降水量が多くなる10〜11月を除けば、いつ滞在しても楽しめる街だと思います。