パリの世界遺産まとめ!ヴェルサイユ宮殿以外の見所とは?

フランスの首都「パリ」は世界遺産の宝庫!

フランス・パリの世界遺産はパリ近郊のヴェルサイユを含め、1979年に登録された「ヴェルサイユの宮殿と庭園」と、1991年に登録された「パリのセーヌ河岸」があります。

ルーブル美術館やエッフェル塔、シャンゼリゼ通りなど多くの世界遺産がありますが、有名な凱旋門は世界遺産に登録されていなかったりします。

一部世界遺産を除いて、パリの世界遺産を写真とともに紹介しますので、パリ観光の参考にしてください!

■世界遺産以外のパリのおすすめ観光地はこちら!

パリのおすすめ観光地18選!凱旋門などの王道コースから穴場まで
フランス・パリの魅力は世界遺産だけじゃない!スチールドームが美しい絶好の買い物スポットとは?パリのパノラマビューが楽しめる場所があるって本当?凱旋門やオペラ座など王道コースから穴場まで地図付きで紹介!

フランス・パリの世界遺産一覧(28カ所)

■ヴェルサイユの宮殿と庭園(1979年に世界遺産登録)

■パリのセーヌ河岸(1991年に世界遺産登録)

■写真掲載以外のパリの世界遺産(パリのセーヌ河岸)

※上記の世界遺産の場所は、以下のグーグルマップをチェック!

ヴェルサイユの宮殿と庭園(1979年に世界遺産登録)

1.ヴェルサイユ宮殿(Château de Versailles)

パリ近郊のヴェルサイユ宮殿(Château de Versailles)

ルイ13世が狩猟ロッジを建設したのが起源。

その後、ルイ14世によって改装され、1682年に政府と宮廷が移された歴史を持ちます。

フランス革命後に王室はパリに移され、ヴェルサイユ宮殿は荒廃し、家具のほとんどは売却されました。

1830年に王位に就いたルイ・フィリップにより、フランス歴史博物館に改装され、現在に至っています。

開館時間:9:00~18:30(4~10月)、9:00~17:30(11~3月)※月曜日は休館
料金:20ユーロ(マリー・アントワネットの離宮などを含む)
アクセス:RERのC線「Versailles Château Rive Gauche」駅から徒歩12分(地図
公式サイト:http://en.chateauversailles.fr/

2.ヴェルサイユ庭園(Jardins du château de Versailles)

1600年代に造設され、ルイ13世など歴代の王によって拡張が繰り返されていった庭園。

フランスのヴェルサイユ庭園(Jardins du château de Versailles)

パリのセーヌ河岸(1991年に世界遺産登録)

3.ルーブル美術館(Musée du Louvre)

パリのルーブル美術館(Musée du Louvre)

旧ルーブル宮殿。

1100年代後半に要塞としてフィリップ2世(王)によって建設されました。

その後、1317年にチャールズ5世によって王宮が建設され、ヴェルサイユ宮殿に王宮が移されて以降は王室の美術コレクションの収蔵、展示場所として利用されました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「モナリザ」のほか、「ミロのヴィーナス」や「サモトラケのニケ」などの彫刻、ハンムラビ法典など多くの有名コレクションを誇っています。

無料入場の日は数時間待ちになることもあります。

開館時間:9:00~18:00(水・金〜21:45)※火曜日は休館
料金:17ユーロ
アクセス:地下鉄1、7号線の「Palais Royal – Musée du Louvre」駅からすぐ(地図
公式サイト:https://www.louvre.fr/

4.オルセー美術館(Musée d’Orsay)

パリのオルセー美術館(Musée d’Orsay)

1898~1900年に建設された鉄道駅がもとになっている美術館。

建設されていた駅は列車の長さに適さなくなったこともあり、1939年以降は近距離列車の専門駅になりました。

1970年には駅を解体する許可が下りましたが、美術館として保存活用されることになり、現在に至っています。

ポール・セザンヌやクロード・モネ、ルノワールなど印象派のコレクションが豊富です。また、ゴッホの「自画像」やミレーの「落穂拾い」、ポール・ゴーギャンの「タヒチの女」など多くの有名作品が展示されています。

開館時間:9:30~18:00(木〜21:45)※月曜日は休館
料金:12ユーロ
アクセス:地下鉄12号線の「Solférino」駅から徒歩4分(地図
公式サイト:http://www.musee-orsay.fr/

5.カルーゼル凱旋門(Arc de Triomphe du Carrousel)

パリのカルーゼル凱旋門(Arc de Triomphe du Carrousel)

1807~1809年に建設された凱旋門。ルーブル美術館近くに位置しています。

1805年にナポレオン率いるフランス帝国軍がオーストリア軍を破ったウルムの戦いを祝すために建設されました。

なお、一般的に有名なパリの凱旋門(エトワール凱旋門)は世界遺産に登録されていません。

料金:無料
アクセス:地下鉄1、7号線の「Palais Royal – Musée du Louvre」駅から徒歩5分(地図

6.チュイルリー庭園(Jardin des Tuileries)

パリのチュイルリー庭園(Jardin des Tuileries)

パリ市内にある最古の庭園。

1500年代にチュイルリー宮殿の庭園(イタリア式庭園)として造設され、1600年代にフランス式庭園に再設計されました。

チュイルリー宮殿は焼失し、残った外壁も1883年に解体されています。

開園時間:7:00~21:00(3月最終日曜日~5/31、9/1~9月最終土曜日)、7:00~23:00(6~8月)、7:30~19:30(9月最終日曜日~3月最終土曜日)
料金:無料
アクセス:地下鉄1号線の「Tuileries」駅からすぐ(地図

7.コンコルド広場(Place de la Concorde)

パリのコンコルド広場(Place de la Concorde)

1755年にアンジュ=ジャック・ガブリエルによって設計され、1772年に完成した広場。

フランス革命中の1793年には、ルイ16世やマリー・アントワネットの処刑が行われた場所として知られています。

料金:無料
アクセス:地下鉄1、8、12号線の「Concorde」駅からすぐ(地図

8.マドレーヌ寺院(Église de la Madeleine)

パリのマドレーヌ寺院(église de la Madeleine)

1763~1842年に建設された新古典主義建築のカトリック教会。

フランス革命によって建設は一時中断されました。

開館時間:9:30〜19:00
料金:無料
アクセス:地下鉄8、12、14号線の「Madeleine」駅からすぐ(地図
公式サイト:http://www.eglise-lamadeleine.com/

9.シャンゼリゼ通り(Avenue des Champs-Élysées)

パリのシャンゼリゼ通り(Avenue des Champs-Élysées)

チュイルリー庭園の延長として1667年にレイアウトされた通り。

1774年に現代の道幅に拡張(側道部は1993年に拡張)されています。

18世紀後半からファッショナブルな通りになり、長く流行の発信地になっています。なお、シャンゼリゼ通りにルイ・ヴィトンの本店があります。

最寄り駅:地下鉄1、9号線「Franklin D. Roosevelt」駅、1号線「George V」駅など(地図

10.グラン・パレ(Grand Palais)

パリのグラン・パレ(Grand Palais)

1900年のパリ万博万国博覧会のために建設され、メイン会場として利用されました。

現在は国立グラン・パレ美術館になっています。

開館時間:10:00~20:00(水~22:00)※火曜日は休館
料金:9ユーロ(展示により異なる)
アクセス:地下鉄1、13号線「Champs-Élysées – Clemenceau」駅から徒歩2分(地図
公式サイト:https://www.grandpalais.fr/

11.プティ・パレ(Petit Palais)

パリのプティ・パレ(Petit Palais)

1900年のパリ万博万国博覧会のために建設され、現在はパリ市立美術館になっています。

開館時間:10:00~18:00(金~21:00)※月曜日は休館
料金:5~11ユーロ(展示により異なる)
アクセス:地下鉄1、13号線「Champs-Élysées – Clemenceau」駅から徒歩2分(地図
公式サイト:http://www.petitpalais.paris.fr/

12.アレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)

パリのアレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)

1900年のパリ万博にあわせて、1897~1900年に建設された橋。

フランス大統領のサディ・カルノーとロシア皇帝のアレクサンドル3世の友好の証としてニコライ2世によってパリ市に寄贈されました。

アクセス:地下鉄8、13号線の「Invalides」駅から徒歩4分(地図

13.フランスの国民議会議事堂(Palais Bourbon)

パリのフランスの国民議会議事堂(Palais Bourbon)

旧ブルボン宮殿。

1722~1728年に宮殿として建設され、現在は国民議会の議事堂として利用されています。なお、ツアーなどは現在中断されています。

アクセス:地下鉄8、13号線の「Invalides」駅から徒歩5分(地図

14.パリ市庁舎(Hôtel de Ville)

パリのパリ市庁舎(Hôtel de Ville)

1357年にエティエンヌ・マルセル(実質的なパリ市長)が「柱の家」と呼ばれた建物を購入したことが起源。

フランソワ1世の命により、1533年に市庁舎の建設を決定し、1628年に建設工事が完了。その後、普仏戦争時の火災などを受けて、1873~1892年に再建されています。

開館時間:展示会などにより異なる
料金:無料 ※要予約
アクセス:地下鉄1、11号線の「Hôtel de Ville」駅からすぐ(地図

15.エッフェル塔(Tour Eiffel)

パリのエッフェル塔(Tour Eiffel) エッフェル塔(Tour Eiffel)を下から撮影

1887~1889年に建設されたタワー。

フリーメイソンとしても知られるギュスターヴ・エッフェル(Gustave Eiffel、1832年~1923年)が設計を担当。

1889年にフランス革命100周年を記念してパリで開催された第4回万国博覧会のために建設されています。

現在も多くの観光客を引き付け、パリの象徴的な建物になっています。

営業時間:9:30~23:45(シーズンにより異なる)
料金:10〜25ユーロ
アクセス:地下鉄6号線の「Bir Hakeim」駅から徒歩10分(地図
公式サイト:https://www.toureiffel.paris/

16.シャン・ド・マルス公園(Champ de Mars)

1908年に開園したエッフェル塔に隣接する公園。

パリのシャン・ド・マルス公園(Champ de Mars)

17.シャイヨー宮(Palais de Chaillot)

パリのシャイヨー宮(Palais de Chaillot)

パリ万国博覧会にあわせて1935~1937年に建設された新古典主義建築の建物。

旧トロカデロ宮殿が取り壊された場所に建てられました。なお、海洋博物館、人類博物館、文化財博物館などがあります。

アクセス:地下鉄6、9号線の「Trocadéro」駅からすぐ(地図
注意事項:開館時間、料金は各博物館により異なる
公式サイト:https://www.citedelarchitecture.fr/

18.サン・ルイ・デ・ザンヴァリッド教会(Eglise Saint-Louis-des-Invalides)※アンヴァリッド

パリのサン・ルイ・デ・ザンヴァリッド教会(Église Saint-Louis-des-Invalides)

1671~1678年に建設されたバロック様式の教会。

アンヴァリッドとは、軍事博物館やドーム教会などの複合体を指します。なお、ドーム教会にはナポレオンの墓があります。

開館時間:10:00~18:00(4~10月)、10:00~17:00(11~3月)
料金:12ユーロ
アクセス:地下鉄13号線の「Varenne」駅からすぐ(地図
公式サイト:http://www.musee-armee.fr/

19.ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)

パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)

司教モーリス・ド・シュリーが大聖堂の建設を決め、1163~1345年に建設されたゴシック様式の教会。

ローマ時代に起源を持ち、その後4世紀頃にキリスト教徒がバシリカを建設した歴史を持っています。

開館時間:8:00~18:45(土・日~19:15)
料金:無料(塔は10ユーロ)
アクセス:地下鉄4号線「Saint-Michel – Notre-Dame」駅から徒歩5分(地図
公式サイト:http://www.notredamedeparis.fr/

写真掲載以外のパリの世界遺産(パリのセーヌ河岸)

20.パレ・ド・ジュスティス(Palais de Justice de Paris)

パリ大審裁判所など主要司法機関が置かれ、かつて王宮として利用されていたこともあります。1857~1868年に再建されています。

アクセス:地下鉄4号線のシテ(Cité)駅からすぐ(地図

21.サント・シャペル(Sainte Chapelle)

1248年に献堂された教会。

フランス革命中にダメージを受けましたが、19世紀に復元されています。きれいなステンドグラスが特長です。

アクセス:地下鉄4号線のシテ(Cité)駅からすぐ(地図

22.コンシェルジュリー(Conciergerie)

10~14世紀に王宮として利用されていた建物。

その後牢獄として使用され、フランス革命時1793年にはマリー・アントワネットが投獄されていました。

アクセス:地下鉄4号線のシテ(Cité)駅からすぐ(地図

23.ランベール邸(Hotel Lambert)

1642年に完成した建物。現在はカタールの王室が所有しています。

アクセス:地下鉄7号線の「Sully – Morland」駅から徒歩4分(地図

24.ローザン邸(Hotel de Lauzun)

1650~1658年に建設された建物。1928年以降はパリ市が保有しています。

アクセス:地下鉄7号線の「Sully – Morland」駅から徒歩6分(地図

25.サン・ルイ・アン・リル教会(Eglise Saint Louis en L’Ile)

1624~1726年に建設されたカトリック教会。

アクセス:地下鉄7号線の「Pont Marie」駅から徒歩4分(地図

26.ポンヌフ橋(Pont Neuf)

1578~1607年に建設された橋。その後、改装工事などが行われています。

アクセス:地下鉄7号線の「Pont Neuf」駅からすぐ(地図

27.オテル・ド・ロアン(Hotel de Rohan)

1705年に建設された建物。

アクセス:地下鉄1号線の「Saint-Paul」駅から徒歩8分(地図

28.オテル・ラモワニョン(Bibliotheque historique de la ville de Paris)

16世紀に建設されたルネサンス様式の貴族の館。現在はパリ市歴史図書館として利用されています。

アクセス:地下鉄1号線の「Saint-Paul」駅から徒歩3分(地図

まとめ

パリには本当に多くの世界遺産があります。

世界一周のためにパリの世界遺産の場所や写真を探した際、それらがきちんと網羅されたWebサイトを見つけることが出来なかったため、今回はヴェルサイユを含むパリにある世界遺産を網羅した記事を作成しました。

また、写真を掲載していない世界遺産では、ノートルダム大聖堂と同じくシテ島にある「パレ・ド・ジュスティス」、「サント・シャペル」、「コンシェルジュリー」がおすすめです。サント・シャペルのステンドグラスは一見の価値があります。

パリの世界遺産を巡る際は、上記のグーグルマップなどをぜひ参考にしてください!

■パリのおすすめ買い物スポットはこちら!

パリのおすすめ買い物スポット20選!アウトレットから百貨店まで
観光客必見!パリの買い物スポットを紹介。世界初の近代的な百貨店とは?デパートやショッピングセンター、高級ブランド店街、アウトレット等を掲載。気になるパリ最大規模のマーケットはどこ?マレ地区、サンジェルマン地区等もしっかりカバー。