ミラノのブランド本店15選!ミュウミュウ本店内はどんな感じ?

ミュウミュウのミラノ旗艦店の店内ミラノ

イタリア第2の都市「ミラノ」は、ミラノコレクションに代表されるファッションの街。

ミラノには、プラダ(PRADA)やジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)を筆頭に、多くの人気ブランドの本店が存在しています。

そこで、今回はミラノに本店・旗艦店を構える15ブランドをエリア別に紹介します。筆者が撮影した写真(ディスプレイ写真が見所)も合わせて掲載しますので、ぜひミラノでのショッピング、観光の参考にしてください!

スポンサーリンク

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

1.プラダ(PRADA)

ミラノのプラダ(PRADA)本店

マリオ・プラダ(Mario Prada)、マルティーノ・プラダ(Martino Prada)兄弟が1913年に設立したブランド。

皮革製品店のほか、英国のスチーマー・トランクやハンドバッグなどを取り扱う店としてスタート。マリオ・プラダの孫娘であるミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)が1978年に経営を引き継ぎ、靴や婦人服ラインをスタートさせています。現在はミウッチャ・プラダの夫パトリッツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)がグループCEO、ミウッチャ・プラダがヘッドデザイナーになっています。

本店はドゥオーモ(Duomo di Milano)近くのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele II)に位置しています。紳士、婦人の2店舗があり、本店は婦人向けの店舗になります。

営業時間:10:00〜19:30(日〜19:00)
住所:Galleria Vittorio Emanuele II, 63-65, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1、3号線「Duomo」駅からすぐ
公式サイト:https://store.prada.com/

モンテ・ナポレオーネ通り

2.ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)

ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)が1975年に設立したブランド。エンポリオ・アルマーニ(Emporio Armani)、アルマーニ・コレツィオーニ(Armani Collezioni)、アルマーニ・ジーンズ(Armani Jeans)、アルマーニ・エクスチェンジ(Armani Exchange)などのラインも展開。

また、高級ホテルやリゾートチェーン、バー、ナイトクラブを運営するなど、ブランド基盤を軸に経営の多角化を図っています。ミラノには5つ星ホテル「アルマーニ・ホテル・ミラノ(Armani Hotel Milano)※上部の写真中央」があります。

本店はモンテ・ナポレオーネ通り(Via Monte Napoleone)のサン・バビラ広場(Piazza San Babila)側、ルイ・ヴィトンの隣にあります。なお、上部の写真右がジョルジオ・アルマーニの本社になります。

アルマーニ・ホテル・ミラノの料金はこちら

■ディスプレイの商品価格

【写真左】コート:3200ユーロ、トップ:950ユーロ、パンツ:950ユーロ、バッグ:3500ユーロ。【写真中央】ブルゾン:1750ユーロ、パンツ:790ユーロ、手袋:690ユーロ、バックパック:1950ユーロ。【写真右(手前)】上着:2300ユーロ、トップ:1500ユーロ、パンツ:1100ユーロ、靴:1100ユーロ、バッグ:1490ユーロ。

営業時間:10:00〜19:30
住所:Via Monte Napoleone, 2, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1号線「San Babila」駅から徒歩1分
公式サイト:https://www.armani.com/

3.ヴェルサーチ(VERSACE)

ジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)が1978年に設立したブランド。派手なプリントと鮮やかな色彩が特徴。バブル期の日本にマッチし、バブルの象徴とも呼ばれました。また、米国のカリスマラッパーである2Pac(1971~1996年)が愛用したことでも知られています。

ジャンニ・ヴェルサーチが1997年に暗殺された後は、彼の兄サント・ヴェルサーチ(Santo Versace)がCEOに、彼の妹ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)がクリエイティブ・デザイナーに就任。現在のCEOはジョナサン・エイクロイド(Jonathan Akeroyd)。

■ディスプレイの商品価格

【写真左】シャツ:1280ユーロ、ジーンズ:1180ユーロ、ベルト:590ユーロ、セーター:980ユーロ、パンツ:650ユーロ、バッグ:1490ユーロ、靴:795ユーロ。

【写真中央】バッグ:2090ユーロ、バッグ:1490ユーロ、サングラス:235ユーロ。

【写真右】コート:2995ユーロ、シャツ:640ユーロ、セーター:1495ユーロ、パンツ:520ユーロ、靴:1690ユーロ、シャツ:1995ユーロ、パンツ:560ユーロ、バックパック:1750ユーロ、靴:795ユーロ。

営業時間:10:30〜19:30(日曜日は11:00〜19:00)
住所:Via Monte Napoleone, 11, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩3分
公式サイト:https://www.versace.com/
スポンサーリンク

4.エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

ミラノのエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)本店

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)が1910年に設立したブランド。時計職人であった彼の父アンジェロ・ゼニア(Angelo Zegna)が羊毛の製織を開始していたこともあり、その織機を利用してビジネスを始めました。スーツ向けの上質な生地として絶賛され、1938年には米国ニューヨークに進出、1945年には40カ国以上で販売されるほどに成長しました。

1960年代にはエルメネジルド・ゼニアの息子であるアンジェロ(Angelo)とアルド(Aldo)兄弟によって会社が経営され、既製服(スーツ)に参入。その後、ニットやカジュアル、アクセサリーラインを立ち上げています。現在は世界80カ国以上、500以上の店舗で販売されています。本店はモンテ・ナポレオーネ通りのアレッサンドロ・マンゾーニ通り(Via Alessandro Manzoni)側に位置しています。

営業時間:10:30〜19:30(日曜日は11:00〜19:00)
住所:Via Monte Napoleone, 27/E, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩1分
公式サイト:https://www.zegna.jp/

5.アルベルタ・フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)

ミラノのアルベルタ・フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)本店

イタリア人ファッションデザイナー「アルベルタ・フェレッティ(Alberta Ferretti)」が設立したブランド。1968年にセレクトショップ「Jolly」をオープンさせ、1974年に初のコレクションを発表。ツイスト、ドレープ等で特徴を持たせたデザインが評価されています。値段感はコート、ジャケットが2000ユーロ弱、ニットが450ユーロ、Tシャツが200ユーロ弱、パンツが400ユーロ、スカートが450〜650ユーロほどになります。

営業時間:10:00〜19:00(通常は毎日営業)
住所:Via Monte Napoleone, 18, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩2分
公式サイト:https://www.albertaferretti.com/

6.エトロ(ETRO)

ミラノのエトロ(ETRO)本店

ジンモ・エトロ(Gimmo Etro)が1968年に設立したブランド。設立以降、同族経営が行われており、現在はジンモ・エトロの4人の子供が経営を行っています。

元々はテキスタイルメーカーとして誕生しましたが、1981年からペイズリー柄のカーテン、生地など、1984年からレザーグッズの販売を開始。1996年にはミラノで初のコレクションを発表しています。メンズ、レディースラインに加え、ホームコレクション等も展開されており、ペイズリー柄が同ブランド最大の特徴です。なお、本店はモンテ・ナポレオーネ通りのグッチ(GUCCI)の隣に位置しています。

営業時間:10:00〜19:30(通常は毎日営業)
住所:Via Monte Napoleone, 5, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1号線「San Babila」駅から徒歩3分
公式サイト:https://www.etro.com/
スポンサーリンク

7.ジャーダ(GIADA)

ジャーダ(GIADA)のミラノ本店

ファッションデザイナーのロザンナ・ダオリオ(Rosanna Daolio)が2000年に設立したブランド。ロザンナ・ダオリオはマックスマーラで働いた後、ジャーダを設立。設立当初はデザインコンサルティング会社でしたが、徐々にハイエンドなレディースウェアブランドへと移行していきました。

革製品はイタリア・トスカーナ地方で製作されているほか、衣類はイタリア北東部で製作されています。良質な生地、各ウェアのきれいなラインが特に評価されています。なお、現在のクリエイティブ・ディレクターはガブリエレ・コランジェロ(Gabriele Colangelo)。

■ディスプレイの商品価格

【写真中央】コート:2850ユーロ、ジャージー:985ユーロ、パンツ:750ユーロ、ブーツ:935ユーロ。【写真右】ドレス:1350ユーロ、ブーツ:935ユーロ。

営業時間:10:00〜19:00(通常は毎日営業)
住所:Via Monte Napoleone, 15, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩3分
公式サイト:https://www.giada.com/

8.ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン(GIUSEPPE ZANOTTI DESIGN)

ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン(GIUSEPPE ZANOTTI DESIGN)のミラノ本店

ジュゼッペ・ザノッティ(Giuseppe Zanotti)が1994年に設立したラグジュアリーフットウェアブランド。

豪華に装飾されたヒールからコレクションは始まり、ビヨンセやジェニファー・ロペスなどレッドカーペットを歩く多くのセレブが愛用。現在はヒールのみならず、ブーツやサンダル、メンズラインのスニーカー等も展開されています。

モンテ・ナポレオーネ通りには男性(Homme)向け、女性(Donna)向けの2店舗が展開されていますが、プラダ(PRADA)隣の女性向けの店舗が本店になります。

営業時間:10:30〜19:30(通常は毎日営業)
住所:Via Monte Napoleone, 8, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1号線「San Babila」駅から徒歩2分
公式サイト:https://www.giuseppezanotti.com/

9.マルニ(MARNI)

マルニ(MARNI)のミラノ旗艦店

スイス人ファッションデザイナー「コンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)」が1994年に設立したブランド。

夫が毛皮ビジネスを手掛けていたため、設立当初は毛皮、革製品主体のブランドでした。1997年に初の春夏コレクションを発表、1998年にバッグ、シューズのコレクションを発売、2002年にメンズコレクションを発売しています。現在はプラダのレディースウェア部門のデザイナーだったフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)がクリエイティブ・ディレクター。

なお、旗艦店は建物の中庭のような場所にあるため、少し分かりづらい点には注意してください。また、本社近くにアウトレットがあります。アウトレットの場所については、記事最後のグーグルマップを確認してください。

営業時間:10:00〜19:00(通常は毎日営業)
住所:Via Monte Napoleone, 12, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩2分
公式サイト:https://www.marni.com/
スポンサーリンク

サンタンドレア通り(ピエトロ・ヴェッリ通り含む)

10.ミュウミュウ(MIU MIU)

ミウッチャ・プラダが1993年に設立したブランド。現在はレディースのみ。名前の由来はミウッチャ・プラダのニックネーム。良質な素材、現代的なデザインが評価され、日本を含む世界中に多くのファンを持っています。

■ディスプレイの商品価格(写真中央)

【写真中央】バッグ:1500、1800ユーロ

■ディスプレイの商品価格(写真右※左から順)

【1番目】ブルゾン:3500ユーロ、クルーネック:850ユーロ、パンツ:1350ユーロ、スカーフ:150ユーロ、靴:995ユーロ。【2番目】ドレス:1950ユーロ。【3番目】ジャケット:2950ユーロ、クルーネック:350ユーロ、パンツ:890ユーロ。【4番目】トップ:390ユーロ、スカート:1250ユーロ、靴:750ユーロ。【5番目】ドレス:1100ユーロ、靴:690ユーロ。

営業時間:10:30〜19:30(日曜日は11:00〜19:00)
住所:Via Sant’Andrea, 21, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩6分
公式サイト:http://www.miumiu.com/

11.ディースクエアード(DSQUARED2)

ディースクエアード(DSQUARED2)のミラノ旗艦店

双子のカナダ人ファッションデザイナー「ディーン・ケイティン(Dean Caten )」、「ダン・ケイティン(Dan Caten)」が1995年にミラノで設立したブランド。

兄弟は1986年にレディースコレクション「DEanDAN」を発表。1991年にミラノへ移り、ヴェルサーチ(VERSACE)、ディーゼル(Diesel)のデザイナー等として働いた後、ディーゼル創業者「レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)」の資金援助により「ディースクエアード」を設立しています。なお、ピエトロ・ヴェッリ通り(Via Pietro Verri)に旗艦店があります。

営業時間:10:00〜19:00(通常は毎日営業)
住所:Via Pietro Verri, 4, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1号線「San Babila」駅から徒歩4分
公式サイト:https://www.dsquared2.com/

12.モスキーノ(MOSCHINO)

フランコ・モスキーノ(Franco Moschino)が1983年に設立したブランド。ミラノ近郊で生まれたフランコ・モスキーノは、ヴェルサーチ(VERSACE)でイラストレーター等として働いた後、同ブランドを設立。ポップでモダンなデザインが人気で、アジア圏でも高い人気を誇っています。

フランコ・モスキーノの死後はロッセラ・ヤルディーニ(Rossella Jardini)が1994年〜2013年10月まで、2013年10月からはジェレミー・スコット(Jeremy Scott)がクリエイティブ・ディレクターになっています。なお、ミラノ旗艦店の建物の端には大きなロゴマークがあしらわれているため、ブティックは容易に見つけることができます。

■ディスプレイの商品価格(写真中央)

【左】コート:1650ユーロ、アンクルブーツ:630ユーロ。【中央】ドレス:1100ユーロ、靴:395ユーロ。【右】ドレス:850ユーロ、帽子:225ユーロ、靴:495ユーロ。

■ディスプレイの商品価格(写真右)

ジャケット:1050ユーロ、シャツ:495ユーロ、パンツ:445ユーロ、靴:395ユーロ。

営業時間:10:00〜19:00(日曜日は11:00〜)
住所:Via Sant’Andrea, 25, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1号線「San Babila」駅から徒歩5分
公式サイト:https://www.moschino.com/
スポンサーリンク

スピガ通り

13.ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)

ミラノのドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)本店

ドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)が1985年に設立したブランド。

1990年代前半には日本や米国でショールームを設立し、海外展開の拡大を図ったほか、マドンナのツアー衣装のデザインなども担当。2000年代前半にはビヨンセなどのツアー衣装も担当しています。アーティストデザインやアスリートに支持されたことが奏功し、世界的に支持されるブランドに成長。その一方、2018年11月には中国人(アジア人)軽視の動画が公開され、人種差別問題に発展しています。

本店(シューズ、バッグ)はコルソ・ベネチア通り(Corso Venezia)とスピガ通り(Via della Spiga)の角に位置しています。隣にもドルチェ&ガッバーナのブティックがあり、どちらが本店か分かりづらい点には注意してください。

営業時間:10:30〜19:30
住所:Via della Spiga, 2, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄1号線「San Babila」駅から徒歩2分
公式サイト:https://www.dolcegabbana.com/

14.クリツィア(KRIZIA)

クリツィア(KRIZIA)のミラノ本店

ファッションデザイナー「マリウッチャ・マンデリ(Mariuccia Mandelli)」が1950年に設立したブランド。最初のコレクションをフィレンツェのピッティ宮殿で発表、1960〜1970年代にブランドは拡大していきました。2014年に中国企業が買収し、中国展開が強化されています。なお、日本では三陽商会がカジュアルライン「EVEX by KRIZIA」を手掛けています。

営業時間:10:00〜19:00(日曜日は定休日)
住所:Via della Spiga, 23, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩5分
公式サイト:http://krizia.it/

サント・スピリト通り

15.N°21(ヌメロ・ヴェントゥーノ)

N°21(ヌメロ・ヴェントゥーノ)のミラノ旗艦店

アレッサンドロ・デラクア(Alessandro Dell’Acqua)が2010年に設立したブランド。

ナポリ生まれのアレッサンドロ・デラクアはナポリ美術アカデミー(Accademia di Belle Arti di Napoli)を卒業後、マルゾット・グループ(Marzotto Group)等で経験を積み、1995年に自身のブランド「Alessandro Dell’Acqua」を開始。2010年のミラノファッションウィーク(2010-11秋冬)で新ブランド「N°21」を発表しています。なお、日本では東京・銀座の「GINZA SIX」にブティックがあります。

住所:Via Santo Spirito, 14, 20121 Milano(地図
アクセス:地下鉄3号線「Montenapoleone」駅から徒歩2分
公式サイト:https://www.numeroventuno.com/

最後に

ミラノといえば「ファッション」の街ということで、上記以外にも多くのブランド本店があります。

プラダやジョルジオ・アルマーニなど著名ブランドの本店巡りはもちろん、若手デザイナーなどのブティックを探すことで、きっと一味違うミラノ観光が楽しめるはずです。ファッションに興味のない方も、一つの観光地として、一つの文化を知るという観点から気になったブランドの本店、旗艦店を訪れてみてください。

※各ブランドの場所については以下のグーグルマップ(青色)にまとめています。