マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリーはKL観光の穴場!

マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリー

おすすめ度(5段階評価):★★★

マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリー(Bank Negara Malaysia Museum and Art Gallery)はマレーシアの首都「クアラルンプール」にある博物館です。

周辺にはマレーシア国立銀行(中央銀行)本店のほか、特徴的な高層ビル「KKR2 Tower」、そごう・クアラルンプール店などがあります。

マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリーについて

1962年以降にマレーシア国立銀行が収集したマレーシア国内、東南アジアのお金、美術コレクションが公開されています。

2009年8月にオープンした近代的な建物が特徴的で、内部の展示スペースはロンドンのジャスパー・ジェイコブ・アソシエイツ(Jasper Jacob Associates)がデザインを担当しています。

1階にはカフェが併設されており、軽食を食べることができます。予算は10〜25リンギットほどで、パンは1つ4リンギット前後、飲み物は3リンギット前後でした。一部の席にはコンセントがあり、スマートフォンなどを充電することもできます。

そのほか、ミュージアムショップがあり、記念品などを購入することもできます。

6つの常設ギャラリーについて

ギャラリーは4階からなっており、基本的にはお金、経済関連の展示物が中心になります。常設ギャラリーは6つあり、一時的なテンポラリー・ギャラリーが3階にあります。

今回は6つの常設ギャラリーの内容、見所について、1階から順に紹介したいと思います。※階数の数え方は日本式にしています。

■1階(Ground Floor)

・チルドレンズ・ギャラリー(Children’s Gallery)

子供向けギャラリーになり、百万リンギットのトンネル、ゲームアクティブティなどがメインアトラクションになります。

■2階(Level 1)

・マレーシア国立銀行ギャラリー(Bank Negara Malaysia Gallery)

マレーシア国立銀行ギャラリーでは中央銀行の歴史、役割、コインのプレス機、長官室などが展示されています。

・経済ギャラリー(Economics Gallery)

こちらではマレーシア経済について説明されています。天然ゴム収集のモニュメント、大きな新聞のようなものが見所になります。

・イスラム金融ギャラリー(Islamic Finance Gallery)

イスラム金融について説明しているギャラリーになります。イスラム文化の貿易ルートなどが見所になります。貿易の際に使われた天秤なども展示されています。

■3階(Level 2)

・古銭ギャラリー(Numismatics Gallery)

古代から中世、英国植民地時代、現代までのコイン、紙幣などが多く展示されており、こちらのギャラリーが博物館で一番の見所になります。

コインは番号とともに年代が記載されているので、時代を追っていくと面白い発見があります。また、世界の紙幣(World Currency Notes)では日本の1000円札も展示されていました。

■4階(Level 3)

・アートギャラリー(Art Gallery)

マレーシアやアセアン諸国のアーティスト作品が展示されています。

マレーシアの肖像画の父と呼ばれる「ホッセイン・エナス(Hossein Enas)」、ヨン・ムンセン(Yong Mun Sen)の作品が見所になります。

マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリーの螺旋階段

マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリーの基本情報

マレーシア国立銀行博物館&アートギャラリー
開館 2009年
設計 Jasper Jacob Associates
料金 無料
開館時間 10:00〜18:00(※毎日)
最寄り駅 バンク・ネガラ駅
公式サイト

※イスラムの祝日「イド・アル=フィトル」の最初の3日間を除く。

アクセス

KTMコミューターのバンク・ネガラ(Bank Negara)駅から徒歩7分になります。

ダトー・オン通り(Jalan Dato Onn)をひたすら進むだけになるので、迷うことはありません。

独立広場からは徒歩20分ほどで行くことができます。マレーシア国立銀行本店、「KKR2 Tower」の横を通るルートになります。

マレーシア国立銀行本店横のスルタン・サラフディン通り(Jalan Sultan Salahuddin)を約600メートルほど進むと、少し大きめの分かれ道になります。そちらを右手に曲がれば博物館に到着します。

滞在後記

立地はあまり良くありませんが、豊富なコインのコレクションは見応えがありました。

無料という点も考慮すると、クアラルンプール観光でおすすめしたい穴場スポットの一つになります。

説明文はマレー語、英語になりますが、コインは年代が記載されているので、どれくらいに作られたか、流通していたかを知ることができます。

英国植民地時代のコイン、お札なども豊富にあるので、金融に興味のない人もぜひ訪れてみてください。