【気候】ロンドンは本当に雨が多い?降水量、平均気温を見てみよう!

ロンドンのリージェント・ストリート(Regent Street)ロンドン

ロンドンの平均気温、降水量をチェックしよう!

イギリスの首都「ロンドン」旅行を計画する前に、現地の平均気温、降水量はチェックしておきたい項目の一つです。

今回はロンドンの平均気温や降水量のグラフ、気候の特徴などを紹介していきます。ぜひ旅行計画の参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ロンドンの気候について

イギリス・ロンドンは西岸海洋性気候(ケッペン気候分類:Cfb)に属しています。

真夏でも平均最高気温は20℃台半ばであり、過ごしやすいのが特長です。真冬の平均最低気温は2℃台であり、北に位置する都市としては比較的温暖だと言えます。

また、ロンドンと言えば「雨」というイメージですが、年間の降雨量はニューヨークやローマ、シドニーより少なく、降水日数や曇りの日の多さがそのようなイメージを抱かせている要因になっています。

■平均降水日数

月別の平均降水日数は10〜1月は10日前後、2〜9月は8日前後となり、比較的多くなっています。

■平均日照時間

月平均の日照時間は11〜2月が100時間を下回っており、特に12月は50時間台と日照時間の少なさが際立っています。6〜8月は200時間程度ですが、こちらも南欧都市と比較した場合、やや少ないといった印象です。

■飛行機雲に注目!

筆者が滞在していた7月は「晴れ」、「曇り・雨」が半々といった具合でした。

雨が降る前兆としては、青空に飛行機雲がずっと残っている場合などが挙げられます。ロンドンの青空は本当に美しいですが、空を見上げる際は飛行機雲をチェックしてみてください。

日の出、日の入り時刻、月平均日照時間

以下は日の出、日の入り時刻、月平均日照時間になりますが、その年や日によって変動するため、参考値としてご覧ください。

日の出日の入り日照時間
1月8時00分16時25分61時間
2月7時15分17時15分78時間
3月6時15分18時05分115時間
4月5時05分19時00分169時間
5月4時10分19時45分199時間
6月3時45分20時20分204時間
7月4時00分20時10分212時間
8月4時50分19時20分205時間
9月5時40分18時15分149時間
10月6時25分17時05分117時間
11月7時20分16時10分73時間
12月8時00分15時55分52時間

ロンドンの平均気温

ロンドンの平均最高・最低気温(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータ(2016年)を基に筆者作成。

【平均気温のポイント】

真夏の平均最高気温は20℃台半ばであり、暑さで不快に感じることはありません。その一方、平均最低気温は15℃を下回るなど、寒暖差には注意する必要があります。

冬場については平均最高気温が10℃前後、平均最低気温が3℃前後であり、北に位置する都市としては比較的暖かいと言えます。

スポンサーリンク

ロンドンの平均降水量

ロンドンの平均降水量(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータ(2016年)を基に筆者作成。

【平均降水量のポイント】

2016年のデータでは降水量は東京より少なくなっています。

平年では2〜9月の降水量が少なく、10〜1月の降水量がやや多くなっています。

ただし、年間を通してデータに大きな変化はなく、旅行を計画する際に降水量を気にする必要はないと言えます。

服装について

こちらでは月別に半袖系、長袖系、ジャケット系、コート系の4つに分けて、旅行する際のおすすめの服装を紹介していきます。

1日の温度差や気候状況により、最適な服装が異なる場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

夏場は長袖・ジーパンが基本的なスタイルになります。日没後などは気温が低下するため、夜間出歩く際には上着、薄手のニットなどを持っておくと安心です。

私は夏場に滞在していましたが、長袖・ジーパンでちょうど良く過ごすことができました。

冬場の平均最低気温は3℃前後であり、真冬の東京と同じようなスタイルで問題ないと言えます。各種コートやニットなどで体温調節をできるようにしておくと便利です。

半袖系長袖系ジャケット系コート系
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

※◎=最適、=出番あり、△=持っていると安心

気になるベストシーズンとは?

平均最低気温が10℃を下回らない6〜9月がおすすめしたいシーズンになります。

そのなかでも7〜8月は快適に過ごすことができます。日中の暑さが気になることはなく、長袖が基本スタイルになる点を考慮しています。

降水日数は1年を通して8〜10日程度であり、こちらは特に気にする必要はないと言えます。6〜8月は日照時間が多い点でもおすすめです。

その一方、冬場も東京と比較した場合、気温面で気になる点はありませんが、日照時間の少なさなどは気になるポイントです。

以上により、6〜9月をおすすめしたいシーズンとして挙げています。

総括

ロンドンは夏場でも涼しく、快適に過ごすことができる点がポイントになります。

夏場の日中の気温差が10℃以上になることもあり、夏場の観光は体調管理に気をつける必要があります。

また、雨のイメージが強いロンドンですが、ニューヨークなどとの比較では降水量は少なくなっています。ただし、冬場は日照時間が少なく、訪れるシーズンにはやや注意が必要になります。

上記の平均気温、降水量などを参考にして頂き、ロンドン観光を計画してみてください!