ロンドンのおすすめマーケット10選!中世に起源を持つ市場とは?

ロンドンのレドンホール・マーケット(Leadenhall Market) ロンドン

イギリス・ロンドンでマーケット巡りをしてみませんか?

屋台フードが主体のマーケットからファッション性の高い衣料品などを取り扱うマーケット、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」のロケ地まで、実際に滞在した筆者がロンドンでおすすめしたいマーケットを10ヵ所紹介します。

なお、イギリスは料理が美味しくないことで有名ですが、屋台フードは多国籍感が強まっており、日本人の口に合う料理が多く提供されています。昼食などを食べる場所としてもぜひ参考にしてみてください。

ロンドンのおすすめマーケット10選

1、バラ・マーケット(Borough Market)

【観光客にも人気の食料品主体の市場】

おすすめ度:★★★★★

11世紀頃から存在したと言われるロンドンで最も古い食品市場の一つ。

100以上の店舗から構成されており、生鮮食品のほか、チーズやパン、ケーキ、ジャム、紅茶など様々な食品が取り扱われています。サンドウィッチやスペイン料理、イタリアン、メキシカンに加え、エチオピア料理など世界各国の料理を楽しむことができるため、昼食目的で訪れるのがおすすめです。

なお、いくつかの店舗では試食ができるため、購入前に試食をしてみることをおすすめします。指を指しながら「Can I try?」と言えば通じるので、英語が苦手な人でも安心です。

ただし、土曜日は特に混雑するため、食べ物を持った際は周囲に注意するようにしてください。

営業時間:10:00~17:00(金~18:00)、8:00~17:00(土)※日曜日は定休日
最寄り駅:ロンドン・ブリッジ(London Bridge)駅(地図
公式サイト:http://boroughmarket.org.uk/

2、ブリック・レーン・マーケット(Brick Lane Market)

【屋台フードが豊富!古着やアンティークも】

おすすめ度:★★★★★

シティ地区近くに位置する若者に人気のマーケット。トルーマン市場として17世紀からの歴史を持っています。

ユダヤ人コミュニティから市場は発展し、20世紀に入るとバングラデシュ人がコミュニティを作るなど、多国籍文化が交わる場所としても人気です。

マーケットはフード・ホールやティールーム、ヴィンテージ市場などテーマの異なる5つの市場で構成され、古着やアクセサリー、家具、骨董品、CD、レコード、ミリタリー用品などが揃っています。

また、マーケットの露店では、イギリス菓子のほか、日本食やカレー、中華、ベトナム、メキシコ料理など世界各国の料理が提供されており、多くの人で賑わっています。屋台フードが豊富にあるため、食べ歩きを楽しみたいマーケットになります。

営業時間:11:00~18:00(土)、10:00~17:00(日)※場所により異なります
最寄り駅:アルドゲイト・イースト(Aldgate East)駅(地図

3、オールド・スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)

ロンドンのスピタルフィールズ・マーケット(Spitalfields Market)

【ハイセンスなファッションアイテムならこちら】

おすすめ度:★★★★★

17世紀からの歴史を持ち、ロンドンで最も有名なマーケットの一つ。ブリック・レーン・マーケット近くに位置しています。

現在の建物はジョージ・シェーリン(George Sherrin)設計により、1885~1893年に建設され、1926年に延長されたものになります。

着物をリメイクしたもの、シャツ、ワンピース、Tシャツなどデザイン性の高い商品が多く売られています。木曜日はアンティークがメインになるなど、曜日によってテーマが変わるのも特徴です。

さらに、フィッシュ&チップスやハンバーガー、インド料理、ドーナツ、フレッシュジュースなどを提供している飲食店もあります。

営業時間:10:00~20:00(月~金)、(土〜18:00)、(日〜17:00)
最寄り駅:アルドゲイト・イースト(Aldgate East)駅(地図
公式サイト:https://oldspitalfieldsmarket.com/

4、カムデン・ロック・マーケット(Camden Lock Market)

【屋台フード多し、隣接するマーケットには古着も】

おすすめ度:★★★★

1970年代にオープンしたマーケット。

週末には約10万人の人が訪れるなど、ロンドンでも指折りの人気スポットになっています。

200以上の露店があり、オリジナルの工芸品やアート作品、古着、ジュエリー、骨董品などが揃っています。また、クレープ、ハンバーガー、ケバブ、ブラジリアンBBQ、トルコ料理など食べ物系も豊富です。

さらに、隣接するホース・トンネル・マーケット(Horse Tunnel Market)では古着などの衣料品、雑貨、アート作品などを購入することができます。

営業時間:10:00~18:00(月〜日)
最寄り駅:カムデン・タウン(Camden Town)駅(地図
公式サイト:https://www.camdenmarket.com/

5、レドンホール・マーケット(Leadenhall Market)

ロンドンのレドンホール・マーケット(Leadenhall Market)

【映画「ハリー・ポッターと賢者の石」のロケ地】

おすすめ度:★★★

1300年代からの起源を持つロンドンで最も古い市場の一つ。

現在のビクトリア朝の建物は1881年に設計されたものになり、タワー・ブリッジなどを設計したホーレス・ジョーンズ(Horace Jones)が担当しています。

肉屋や花屋のほか、伝統的なジュエリー、靴、ワイン、葉巻、筆記用具などを取り扱うショップが入っています。また、飲食店については、高級料理からファミリー向けレストラン、伝統的なパブなどもあり、飲食を楽しむこともできます。

なお、「ハリー・ポッターと賢者の石」が撮影された場所としても知られているほか、建物の美しさから観光客にも人気のスポットです。

営業時間:24時間(営業時間は店舗により異なる)
最寄り駅:モニュメント(Monument)駅(地図
公式サイト:https://www.leadenhallmarket.co.uk/

6、サウスバンク・センター・フード・マーケット(Southbank Centre Food Market)

【屋台フード主体のマーケット】

おすすめ度:★★★★

40以上の屋台があり、毎週末に開催されている食べ物メインのマーケット。ロンドン・アイ(London Eye)付近に位置しています。

ハンバーガー、サンドウィッチ、ソーセージ、パエリアなどが提供されているほか、ケーキやチュロス、クッキーなどスウィーツ店も豊富です。こちらも試食OKの店舗があるため、購入前は試食をお願いしてみましょう。

ビッグ・ベンやナショナル・ギャラリーからも徒歩圏内(15分)であるため、多くの人で賑わっています。

営業時間:12:00~20:00(金)、11:00~20:00(土)、12:00~18:00(日)
最寄り駅:ウォータールー(Waterloo)駅(地図
公式サイト:https://www.southbankcentre.co.uk/

7、コヴェント・ガーデン・マーケット(Covent Garden Market)

【イングリッシュティーなどお土産購入におすすめ】

おすすめ度:★★★

ソーホーやチャイナタウン近くに位置しています。

英国製の工芸品や皮革製品、イングリッシュティーなどが販売されており、英国製のお土産を購入する場所として最適です。また、骨董品やハンドバッグ、手作り石鹸などを販売している店舗もあります。

また、マーケット近くにはジュビリー・マーケット(Jubilee Market)というマーケットもあります。こちらはクラフト製品が主体になり、ロンドンTシャツなどのお土産も購入することができます。

なお、ジュビリー・マーケットにある両替商の看板ですが、日本円を「JAP」としていました。頭の3文字を取ったとはいえ、運営企業の教養のなさ、人権先進国のイギリスで「JAP」表記が問題にならないのは悲しいことです。

営業時間:10:00~20:00(月~土)、11:00〜18:00(日)
最寄り駅:コヴェント・ガーデン(Covent Garden)駅(地図
公式サイト:https://www.coventgarden.london/

8、ポートベロー・ロード・マーケット(Portobello Road Market)

【アンティーク、古着、お土産が揃う】

おすすめ度:★★★

ノッティングヒル地区に位置するマーケット。

英国最大級のアンティーク市場として知られていますが、近年は古着などの衣料品、お土産屋さんが多くなっています。マーケットは主に以下の5つのセクションに分けられています。

・アンティーク
・古着
・ジャンク品
・家庭用品
・食料品

ポートベロー・ロード(Portobello Road)を中心に、多くのショップや飲食店が軒を連ねています。ポール・スミス本店も近くに位置しているため、街歩きを楽しむのがおすすめです。

営業時間:9:30〜20:00(月〜日)
最寄り駅:ラドブローク・グローブ(Ladbroke Grove)駅(地図
公式サイト:http://www.portobelloroad.co.uk/

9、アクラム・ビレッジ・マーケット(Acklam Village Market)

【多国籍の屋台フードが楽しめるマーケット】

おすすめ度:★★★

ポートベロー・ロード沿いにある多国籍料理が楽しめるマーケット。

日本食のほか、ギリシャ料理、シンガポール料理(中華)、スペイン料理(パエリア)、タイ料理、ペルー料理などが提供されています。また、ホットドッグ、サンドイッチなどの定番料理、スウィーツ店などもあります。

予算は4〜8ポンド程度になり、マーケットの感覚では少々高めですが、ロンドンの物価を考慮すればお得感があります。

そのほか、道路を挟んだ向かい側には衣料品などが取り扱われているポートベロー・グリーン・マーケット(Portobello Green Market)があります。

営業時間:11:00〜19:00(土〜日)
最寄り駅:ラドブローク・グローブ(Ladbroke Grove)駅(地図
公式サイト:https://acklamvillage.com/

10、ペチコート・レーン・マーケット(Petticoat Lane Market)

【衣料品に特化、ワンピースは10ポンド前後】

おすすめ度:★★

衣料品に特化したマーケット。

リバプール・ストリート駅(Liverpool Street Station)近く、ウェントワース・ストリート(Wentworth Street)などで展開されています。

ワンピースやジャケットなどが10ポンド前後で売られているほか、Tシャツ、シューズなども売られています。少し寂れている印象を持ちましたが、オールド・スピタルフィールズ・マーケット、ブリック・レーン・マーケットに近いため、おすすめのマーケットとして紹介しています。

営業時間:9:00〜16:00(曜日・店舗により異なる)
最寄り駅:オルドゲート(Aldgate)駅(地図

最後に

アンティーク品からは歴史を感じることができるほか、若手アーティストが作品を出品している場所もあり、ロンドンにおけるマーケットの魅力は大きいと言えます。

また、食料品メインのマーケットについても、比較的安価に世界各国の料理を食べることができ、食事面でもマーケットはおすすめです。

※なお、上記おすすめマーケットの場所は以下のグーグルマップ(黄色)にまとめています。