ホテル代の目安は?物価などを独自評価!ロンドンの旅カルテ

ロンドンのビッグ・ベン(Big Ben)

旅の通知表「旅カルテ」!

今回はイギリスの首都「ロンドン」を取り上げます。

ロンドンは日本人にとって馴染みの深い都市の一つですが、実際に滞在して感じたことを踏まえ、物価や治安面などを独自に評価します。

気温や降水量などもカバーしているので、ぜひロンドン観光の参考にしてみてください!

イギリス・ロンドン観光の旅カルテ

評価項目 5段階評価
おすすめ度 ★★★★★
治安 ★★★
物価 ★★
街並み ★★★★★
交通機関 ★★★
英語力 ★★★★★
美女・イケメン比率 ★★★
日本車比率 ★★

ロンドンの平均気温と降水量

ロンドンの平均最高・最低気温(グラフ)

ロンドンの平均降水量(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)などのデータを基に筆者作成。

ベストシーズンとは?

冬場は厳しい寒さになるため、5~10月にかけてが観光に適しています。

降水量については年間を通してあまり変わらないため、気温面を考慮して旅行時期を決定すれば大丈夫です。

夏場については、シャツ・ジーパンでちょうどいい暑さです。日本のような暑さになることは”まれ”ですので、夏場の観光も問題ありません。

■ロンドンの詳しい気候、日の出情報などはこちら!

【気候】ロンドンの平均気温、降水量で注意すべき点とは?
【イギリス・ロンドンの平均気温、降水量をチェックしよう】 イギリスの首都「ロンドン」旅行を計画する前に、現地の平均気温、降水量はチェックしておきたい項目の一つです。...

イギリス・ロンドン観光のポイント解説

おすすめ度:★★★★★

おすすめ度は星5つとしました。

ロンドンもパリ、ニューヨークなどと同様に、その他海外都市と比較して魅力は別格です。

初めての海外旅行、初めてのヨーロッパ、そんな人におすすめしたい都市がロンドンになります。

歴史深い街並みを感じることができる一方、新しく開発されている場所もあり、歴史的な建物と近代的なビルがミックスされていい味を出しています。

また、ロックやパンクミュージックなど音楽を筆頭に芸術溢れる都市でもあり、個性的な若者が新たな才能を感じさせてくれ、見ている我々に元気とやる気を与えてくれます。そんなエネルギッシュな都市に滞在することで、人生の新たな一歩を踏み出すきっかけを与えてくれるかもしれません。

そして、テレビで見慣れたその景色が目の前に広がっているという感動が得られることも、ロンドンを訪れるべき理由になります。実際にその景色を見ると高揚感から気分は高まり、心も弾みます。

さらに、母国語が英語である点も高ポイントです。日本人にとって一番馴染みのある外国語、それは英語です。分からない言葉でも、すぐに検索ができることもあり、初めての海外旅行や旅行に慣れていない人は英語圏への旅行をおすすめします。

ロンドンのバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

治安:★★★

観光客が立ち寄る場所は治安の問題がないと言えます。

ウェストミンスター(Westminster)、ナイツブリッジ(Knightsbridge)、チェルシー(Chelsea)、ソーホー(Soho)、セント・パンクラス(SAINT PANCRAS)、シティ・オブ・ロンドン(City of London)、ブリック・レーン(Brick Lane)付近などを歩き回りましたが、治安面で不安を感じることはありませんでした。夜間についても同様です。

所々に監視カメラも設置してあるので、予防の観点からも評価ポイントになります。

ただし、セント・パンクラス周辺の公園には浮浪者がいるところもあったので、夜間は公園などに出入りしない方がいいと思います。

また、その他都市と同様に、夜間はできるだけ一人きりにならないように気を付けてください。

物価:★★

ロンドンの物価は安くはないですが、一時期と比べて高くは感じない水準になっています。

ホテル代(日本円換算)の目安としては、3つ星ホテルが7000円台~、4つ星ホテルが9000円台~、5つ星ホテルが2万円台~になります。

最新のロンドンのホテル代はこちらでチェック!

私が滞在していた時は1ポンド=190円台だったので、物価については何もかも高く感じました。

しかし、国民投票でEU離脱が決定したことなどによりポンド安となり、物価は一時期よりも安くなっています。

現在の水準でロンドンに滞在していた場合、星3~4程度の評価になっていたかもしれません。

物価目安
水(500ml) 0.70ポンド前後
サンドイッチ(1つ) 3ポンド
アップルパイ、クロワッサン 1.5ポンド
バーガーキングのwhopperセット(M) 5.89ポンド
屋台のうどん 6.2ポンド
レストラン(中華料理) 8ポンド前後
レストラン(英国朝食) 10ポンド前後
レストラン 15ポンド~
3つ星ホテル  7000円台~

1ポンド=149.10円(2017年11月5日現在)

ロンドンで食べたイングリッシュ・ブレックファースト

街並み:★★★★★

星は最高評価の5つです。

赤レンガなどレンガ基調のその街並みを歩けば、独特の雰囲気を感じ取ることができ、日本とは違う景観の整った街並みは見事と言えます。

ブラックキャブ(タクシー)が映える街、それだけ落ち着いたトーンのカラーを使用した建物が多いということになります。ブラックのスーツをビシっときめて歩きたい、そう思わせてくれる街でした。

また、ビッグ・ベン(Big Ben)、国会議事堂(Houses of Parliament)など大英帝国時代から残る建物に当時の歴史を感じることができ、情緒あるその景色にみな感動することでしょう。

そして、大人の街、芸術溢れる若者の街、金融ビジネスの街、場所によって変わるその顔が我々を楽しませてくれることも、この都市の大きな魅力です。

■ロンドンの街並みを世界トリップ写真館でチェック!

【世界トリップ写真館】イギリス・ロンドン編
世界一周で巡ったイギリスの首都「ロンドン」の写真を大公開! ロンドンの中心地「ピカデリーサーカス・ビッグベン」側、金融街の「シティ」側の2つに分けて掲載しています...

ロンドンのソーホー(SOHO)

交通機関:★★★

主要交通機関は地下鉄とバスになりますが、便利さからも地下鉄での移動をメインにしたいところです。

ただし、通常料金は4.90ポンド~(2017年11月現在)と高額なので、オイスターカード(ICカード)を利用するようにしましょう。オイスターカードは駅の窓口などで購入できます。

チャージ方法は、チケット販売機のセンサーにカードをあてると、現在の残額が表示されるので、「Top up pay as you go」を押すとチャージする金額が表示されます。そして、チャージする金額を指定し、現金もしくはクレジットカードで料金を支払い、再度オイスターカードをセンサーにあてて完了です。

オイスターカードでは利用ゾーンに応じた上限金額が設定されており、上限以上の金額が差し引かれないようになっています。

路線図やゾーンについては、ロンドン交通局のホームページを確認してください。

ロンドンの地下鉄ピカデリーサーカス駅の構内

英語力:★★★★★

もちろん星5つです。

ただ、アメリカ英語から英語を勉強した人は、アクセントの違いからイギリス英語は若干分かりづらいかもしれません。

アメリカ英語的なアクセントでも言っていることは理解してもらえるので、リスニングだけ気を付ければ大丈夫です。

美女・イケメン率:★★★

やはり、体格の大きい人が多いです。

特に美女・イケメンが多い都市とは感じませんでしたが、服装的にもしっかりとした英国紳士には目を引くものがありました。外国人好きな日本人女性にとっては良い観光都市なのかもしれません。

現地の女性については大きなお世話ですが、もう少し体重を落とせばものすごくきれいなのにと思う人が多いように感じました。それは訪問したヨーロッパ都市全てに言えることではあります。

観光客も多いので、多国籍な人種がロンドンにはいます。そのため、様々な人種の人達と知り合えたり、交流を持てる点は高ポイントになります。

日本車比率:★★

ロンドンも日本車が少ない都市でした。

プジョー、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどをよく目にし、日本車ではやはりトヨタのプリウスが一番多く走っていました。

ドライバーについては、クラクションは耳にしましたが、特にドライバーの運転が悪いと感じることはありませんでした。

その一方、ドミニオン劇場(Dominion Theatre)付近で無謀な運転をしていたバイクの運転手が私の目の前で事故を起こしていたこと、ブリック・レーン・マーケットで混雑している道をクラクションを鳴らしまくりながら走っていた車もあったことから、どこの国にもよくないドライバーはいるのだと確認できました。

まとめ

ロンドンは海外旅行の定番都市ですが、訪問して「さすが」だと感じました。

落ち着いた雰囲気で、レンガ造りに特徴のある建物は独自の雰囲気を放っています。かと思えば、金融街(City)のようなビジネス街、ピカデリーサーカス付近のような買い物が楽しめる場所もあります。歴史的な建造物も多くあり、訪れる価値の高い場所であると言えます。

また、ナイツブリッジ(Knightsbridge)付近を歩くと、著名デパート”ハロッズ”の豪華さに圧倒され、高級ブランドのウインドーショッピングに酔うこともできます。

日本からの直行便もあり、為替相場が落ち着いている今が訪れる絶好のチャンスと言えるでしょう。

■ロンドンブランドの本店、旗艦店はこちらをチェック!

ロンドンのブランド本店チェック!ダンヒル、ポール・スミスなど
ロンドンでイギリス生まれのブランド本店、旗艦店巡りをしよう! 今回は、日本人に人気の高いダンヒルやポール・スミスなどの本店、バーバリーの世界最大級の旗艦店や「パンク...

■世界遺産から穴場スポットまで、ロンドンのおすすめ観光地はこちら

ロンドンのおすすめ観光地19選!世界遺産から穴場スポットまで
イギリスの首都「ロンドン」のおすすめ観光地を紹介! ビッグ・ベンやタワー・オブ・ロンドンなどの世界遺産に加え、バッキンガム宮殿や大英博物館などの王道観光コース、ブリ...