ゲントの治安を一刀両断!薬物中毒者に絡まれた筆者の結末とは?

ゲントのシント=マイケルスヘリング(Sint-Michielshelling)ゲント

ベルギー第3の都市「ゲント」は安全?それとも危険?

グラスライにたむろする若者グループには要注意?気になる薬物中毒者に絡まれた筆者の結末とは?世界遺産「ゲントの鐘楼」周辺など中心部の夜の治安は大丈夫?

今回は実際にゲントに滞在した筆者が現地で治安について調査。観光客向けに特化した情報をお届けしますので、ゲント観光を計画されている方はぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

まずは危険レベルを確認しよう

安全情報

出典:外務省の海外安全ホームページ

海外旅行に行く前(計画する前)は、必ず「外務省 海外安全ホームページ」で滞在予定地の危険レベルを確認してください。

ゲントについては2019年10月21日現在、注意喚起は行われていません。しかし、100%安全ということではなく、注意喚起がされていない場合でもスリなどの犯罪行為には注意する必要があります。

なお、海外安全ホームページでは、日本の外務省がレベル1「十分注意」、レベル2「不要不急の渡航は止める」、レベル3「渡航中止勧告」、レベル4「退避勧告」の4段階評価で各地域の安全情報を開示しています。

ゲントの治安について

ゲントの安全度(5段階評価):★★★

ゲント中心部を中心に治安面について調査したところ、問題点はありましたが、基本的には安全に観光が楽しめると判断し、安全度は「問題なし」となる星3つで評価しています。日中に関しては中心部、中心部以外でも問題なく出歩くことができるレベルです。しかし、深夜、早朝はやや注意が必要になるかもしれません。

気になった点は早朝5時台にホテルから駅に向かって歩いていた際、聖ニコラス教会近くから伸びるフェルト通り(Veldstraat)で薬物中毒者に絡まれたことです。早朝ということで通りに人通りはなく、“NO”と断ってもしつこく付きまとわれたため、急いで逃げたことがありました。逃げ切ることに成功し、被害はありませんでしたが、女性一人で深夜・早朝に出歩くことは中心部でも避けた方がいいと思います。

たむろする若者に要注意?

グラスライ(Graslei)でたむろする若者

ゲント中心部を流れるレイエ川(Leie)沿いには「グラスライ(※写真右)」、「コーレンレイ(※写真左)」の2つの遊歩道があります。特にゲントの鐘楼側になるグラスライには多くの若者がたむろしていました。

若者達の一部は橋の上から写真を撮っていた中国人観光客に撮るなとジェスチャーしていたほか、挑発的な言葉(Fワード)を発していたため、観光客側の行動次第ではトラブルに発展する可能性があると感じました。特に一人旅の場合は慎重に行動する必要があります。

※中国人観光客はグループだったため、無視して写真を撮り続けていました。

警備は行われていますが、ガラの悪そうな若者達が多かったので注意が必要です。彼らがたむろしている目の前で写真を撮影するなど、目立つ行動は避けた方がいいと思います。人種差別意識も強く、基本的にこのような若者達には近づかないようにしてください。

危険エリアについて

現地の友人、ホテル関係者に危険エリアについて質問したところ、“特にないよ”という回答を得ています。筆者が様々なエリアを調べてみても、特にゲットーのような危険エリアを見つけることはできませんでした。

その一方、気になる人物がいたエリアはあります。聖バーフ修道院(Sint-Baafsabdij)周辺では50代くらいの白人女性が狂ったように独り言を言い続けていました。アルコール中毒者か薬物中毒者なのかもしれません。また、ゲントではあまり見かけませんでしたが、ダムポート(Dampoort)駅近くにはホームレスの物乞いがいました。

立ち入れないエリアではありませんが、双方ともに世界遺産「シント=アマンズベルフ・ベギン会修道院」に近いエリアになるので、訪れる方は念のため注意してください。

スポンサーリンク

夜の観光地の治安について

■レイエ川沿いの遊歩道

レイエ川(Leie)沿いの夜景

22時前に撮影したレイエ川沿いの景色です。写真左が「グラスライ」、写真右が「コーレンレイ」になります。レイエ川周辺には深夜まで営業している飲食店が多いこと、ゲント中心部になることから、夜でも人通りが途切れることはありません。ガラの悪い若者に注意が必要になりますが、夜でも問題なく訪れることができます。

■シント=バーフス広場(Sint-Baafsplein)

シント=バーフス広場(Sint-Baafsplein)

21時30分頃に撮影した写真になります。写真左が世界遺産「ゲントの鐘楼」。広場周辺の飲食店は深夜まで営業しているところが多く、女性一人でも安心してゲントの鐘楼周辺の夜景が楽しめるほどです。

■フランドル伯居城(Gravensteen)

フランドル伯居城(Gravensteen)

20時前に撮影したフランドル伯居城です。この時間帯は多くの人がおり、治安も安定しています。撮影した広場にはレストランなどの飲食店があること、トラムの駅があることから、女性一人で訪れても問題ないほどの治安レベルです。

総括

  • 日中の治安は問題なし、深夜・早朝はやや注意が必要か
  • 危険エリアはないが、薬物中毒者・人種差別主義者には要注意
  • グラスライ沿いにたむろする若者には関わらないようにしよう

ゲントの治安について問題は感じませんでしたが、人種差別的な行動が少し目に付いたのは残念でした。上記の通り、グラスライにいた若者グループが中国人観光客にとっていた挑発的な行為に加え、筆者自身もゲント市立現代美術館近くのフォルトラーン(Fortlaan)で、白人男性2人組に挑発されています。

ベルギー、オランダは思った以上に人種差別がきついという印象を受けました。露骨に嫌な顔をされたり、挑発されたりというのは日常茶飯事です。グループ観光では気にならないかもしれませんが、一人旅の方は注意してください。

以上、ゲントを訪問する際はぜひ上記を参考にしてください!