【ナポリの物価】ホテル、ビックマックはいくら?イタリアの旅カルテ

旅の通知表「旅カルテ」!

今回はイタリアのナポリを取り上げます。

ローマ、ミランに次ぐイタリア第3の都市「ナポリ」は、民謡「サンタ・ルチア」で有名な美しい港町です。

そんなナポリの魅力や治安、物価などを独自に評価しているほか、ナポリ近くの島「ポンツァ(Ponza)」のデータになりますが、気温と降水量も掲載しています。

ぜひ、ナポリ観光の参考にしてみてください!

イタリア・ナポリ観光の旅カルテ

評価項目 5段階評価
おすすめ度 ★★★
治安 ★★
物価 ★★★
街並み ★★★
交通機関 ★★
英語力
美女・イケメン比率 ★★★★
日本車比率 ★★

ナポリ(参考値)の気温と降水量

ポンツァの平均最高・最低気温(グラフ)

ポンツァの平均降水量(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)などのデータを基に筆者作成。ナポリ近くの島「ポンツァ(Ponza)」のデータを使用。

ベストシーズンとは?

アクティブに観光するには4~5月、10~11月辺りがおすすめ。降水量の面から見れば春がベストです。

夏場の最高気温は34℃前後、最低気温は20℃前後。冬場の最高気温は15℃前後、最低気温は4℃前後になります。

イタリア・ナポリ観光のポイント解説

おすすめ度:★★★

サンタ・ルチア港に隣接する卵城(Castel dell’Ovo)から見る周囲の景色は本当に美しいです。

海は特別きれいというわけではありませんが、街の景観がそれをカバーしている印象を受けました。

また、トレド通りやドゥオーモ(Duomo)付近には雰囲気のある細い路地がいくつもあり、観光客をわくわくさせてくれます。

さらに、ナポリ近郊にはグッチ(GUCCI)などが入るアウトレットがあるので、ショッピング目当てで訪れるのにも適しています。

言われているほど治安は悪くありませんが、夜間は注意が必要になること、ごみが散乱している地域が多いことから、おすすめ度は星3つにしています。

■ナポリの世界遺産をおさらいしよう!

ナポリの世界遺産まとめ!歴史地区の見逃せない観光地とは?
イタリア・ナポリは旧市街全体が世界遺産! ナポリ旧市街は「ナポリ歴史地区」として1995年に世界遺産に登録されています。 また、ナポリ近郊のポンペイ遺跡につい...

ナポリのサンタ・ルチア港

治安:★★

ナポリの街を歩けるだけ歩きましたが、ネット情報にあるほど治安は悪くないという印象です。

フォルチェッラ地区(Forcella)とスペイン地区(Quartieri Spagnoli)が危険だと言われていますが、日中歩き回ったところトラブルもなく、治安の悪さを感じることはできませんでした。

その一方、ナポリ中央駅の正面に位置するガリバルディ(Garibaldi)地区などは注意が必要です。周辺には多くの黒人男性がたむろしており、駅周辺はガラの悪さが目立っていました。

ナポリは狭く入り組んだ路地が多いため、夜間などは入り込まないように注意してください。

治安対策としては、ブランド物を着用しない、人通りのある場所を通る、夜間は無意味に出歩かない、これらを徹底すれば問題ありません。

評価については、地区によっては夜間の外出ができない場所があるため、星2つとしています。

■ナポリの治安についてはこちらをご覧ください!

ナポリ観光は本当に危険なのか?ネットの治安情報は当てにならず!
【イタリア・ナポリの治安情報をお届け!】 ナポリの治安についてネットで検索すると、スペイン地区やフォルチェッラ地区を筆頭に、危険だと連呼されています。 旅行を...

ナポリのプリンシペ・ウンベルト広場周辺

物価:★★★

ローマなどと比較して、物価は安く感じました。

水やコーラなどはどこも同じような値段でしたが、レストランの値段はその他イタリア都市と比較して少し安くなっているようでした。

ビックマックセット(M)は日本円で約950円。ナポリピッツァを4~5ユーロほどで提供しているレストランがいくつかありましたが、サービス料が3~4ユーロほど発生します。

また、ナポリ駅周辺にはイスラム系レストランが多く、そこでは7ユーロ前後で食べることができます。そのほか、中華レストランなどでは15ユーロ前後で食べることができます。

ホテル代については、3つ星ホテルが3000円台~、4つ星ホテルが4000円台~、5つ星ホテルが2万円台~が目安になります。

最新のナポリのホテル代はこちらをチェック!

物価目安
水(500ml) 0.60ユーロ
コーラ(1L) 1.10ユーロ
桃(1kg) 1.40ユーロ
サンドイッチ 4ユーロ前後
ビックマックセット(M) 7.75ユーロ
ナポリピッツァ(サービス料込み) 9ユーロ
レストラン 15ユーロ~
3つ星ホテル 3000円台~

※1ユーロ=124.55円(2017年5月29日現在)

ナポリのピザ

街並み:★★★

イタリアのことわざ「ナポリを見て死ね(Vedi Napoli e poi muori)」は少しオーバーですが、ナポリには味わい深い街並みが広がっています。

ナポリ歴史地区は世界遺産にも登録されており、歴史的な建物群も街並みにとってプラスになります。

サンタ・ルチア地区一帯は南欧の雰囲気漂う景観の良い場所と言えます。卵城(Castel dell’Ovo)からキアイア(Chiaia)地区方向を見渡せば、解放感を感じることができます。

ただ、お世辞にもナポリの海はきれいとは言えず、海のきれいな地中海のリゾートを希望する人には、モナコ付近などの南仏をおすすめします。

また、ナポリの街中については、ゴミや落書きが多いです。さらに、メルカート広場(Piazza del Mercato)付近のように外壁がボロボロになっている建物も良く目にします。

イタリア経済の厳しさを垣間見れる光景ですが、それだけ金銭的に余裕がないという証拠でもあります。

■ナポリの街並みを世界トリップ写真館でチェック!

【世界トリップ写真館】イタリア・ナポリ編
世界一周で巡ったイタリア「ナポリ」の写真を大公開! 「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されている旧市街の街並みが見所です。 そのほか、ナポリ中央駅やナポリ港...

ナポリのスパッカ・ナポリ(Spacca Napoli)

交通機関:★★

主要交通機関は地下鉄とバスになります。

バスは利用しづらいため、地下鉄の利用をおすすめします。

チケットは、たばこ店、駅の券売機などで購入できます。電車に乗る際は必ず検札機で刻印してください。

料金は変更されている場合があります。最新情報は運行するanm社のホームページを確認してください。

チケット料金(2017年5月現在)
1回券 1.50ユーロ(90分有効)
1日券 4.50ユーロ

ナポリ中央駅の構内

英語力:★

ホテルでは英語が通じましたが、街中では通じる印象を持てませんでした。

そのため、以下の簡単なイタリア語でも問題はないので、必要な言葉は覚えた方がいいと思います。

簡単なイタリア語
こんにちは ボンジョールノ(Buongiorno)
ありがとう グラッツェ(Grazie)
いくら?(値段) クアント コスタ(Quanto costa)
これが欲しいです ヴォリオ クェスト(Voglio questo)
トイレ トイレッテ(Toilette)

美女・イケメン率:★★★★

イタリアの中ではファッションセンスが高いとは思えませんでしたが、イタリア系の美女・イケメンが多いとの印象です。

ナポリは若者を中心にヨーロッパの中では細身に感じる人が多かったです。また、ナポリでも肌が小麦色に焼けた人が多く感じました。

さらに、少しワイルドな風貌をした愛らしいおじいちゃんが多いので、そのような人達と交流を持つのも面白いと思います。

日本車比率:★★

イタリアということで、やはりフィアット車の強さが目立っていました。

また、ルノーやプジョーなどのフランス車、オペルやフォルクスワーゲンなどのドイツ車も多いです。

日本車ではトヨタ車がここでもダントツ。旧型のマーチが走っているなど日産車も時々目にしました。

なお、車のタイプでは、トヨタ・アクアのようなハッチバック車が多く走っていました。

まとめ

上記の通り、言われているほど治安の悪さは感じませんでした。

治安への不安はゼロではありませんが、街の景観などはローマよりいいので、治安で観光を躊躇している場合はぜひ一度行ってみてください。

サンタ・ルチアの街並み、旧市街の狭く入り組んだ路地、歴史溢れる建物群、それらが協調し合ってナポリという街の魅力を高めている。それこそがナポリの魅力です。

■ナポリのおすすめ買い物スポットはこちら!

ナポリのおすすめ買い物スポット9選!アウトレットからブランド店街まで
イタリア・ナポリは世界遺産でショッピングが楽しめる街! 今回は高級ブランド店街やアウトレット、活気溢れるマーケット、世界遺産のウンベルト1世のガッレリアなど、おすす...