フィレンツェの買い物スポット10選!アウトレット、マーケットなど

「屋根のない博物館」と称される芸術都市「フィレンツェ」ですが、1日もあれば主要観光地を巡ることができます。

2泊3日の旅行でも十分ショッピングを楽しむことができるため、フィレンツェ観光では買い物スポットをしっかり押さえておきたいところです。

フィレンツェはグッチ、サルヴァトーレ・フェラガモなど著名ブランドの創業地ということもあり、今回はアウトレットやブランド店街を中心に買い物スポットを紹介します。ぜひ、フィレンツェ観光の参考にしてみてください。

フィレンツェのおすすめ買い物スポット10選

■アウトレット

■ショッピングストリート

■マーケット

■百貨店

※フィレンツェの買い物スポットの場所については以下のグーグルマップを確認してください。

アウトレット

1.ザ・モール(THE MALL)

ザ・モール(THE MALL)のグッチ フィレンツェのアウトレット「ザ・モール(THE MALL)」 フィレンツェのアウトレット「ザ・モール」

フィレンツェ「レッチョ(Leccio)」に位置するアウトレット。

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅横のバス乗り場からバスで40〜50分ほどの位置にあります。

■最大の見所であるグッチは…

最大の見所はグッチ(GUCCI)のアウトレットですが、建物の見た目ほど商品数は多くないといった印象を受けました。服系は豊富ですが、サイズは大きめ。靴は品揃えが悪く、バッグや財布の品揃えはその他の都市にあるグッチのアウトレットとあまり変わりませんでした。

■なぜ店員の態度は最悪なのか…

ザ・モールを訪れて驚いたことは、ほぼ全てのブティックの店員の態度が悪かったことです。挨拶をしないのはもちろん、ヴァレンティノの40〜50代の女性店員は店に入るなと言わんばかりに睨んでくる始末。ヨーロッパ各地のアウトレットを巡ってきましたが、ここまで接客態度がひどいアウトレットは初めてでした。

その一方、唯一接客態度が良かったのはグッチの中国系男性でした。商品の質問にも快く答えてくれ、在庫のサイズを確認するので気になる商品があれば声を掛けてください、といった丁寧な対応をしてくれました。

■総評

店員の接客態度は最悪でしたが、ブランド数の多さはやはり魅力的です。

グッチやサルヴァトーレ・フェラガモなどイタリアブランドを筆頭に、一度に多くのブランドを見ることができるため、フィレンツェの買い物スポットでは一番押さえておきたい場所になります。

なお、ブランド一覧や各ブランドの割引率、アクセス方法に関する情報は以下の記事を確認してください。

フィレンツェのアウトレット「ザ・モール」の見所、値引率とは?
フィレンツェのアウトレット「ザ・モール(THE MALL)」について紹介!グッチやフェラガモなどイタリアブランドが豊富。気になった接客態度とは?バスは乗り物酔いに注意?ブランド一覧や値引率、近隣のプラダアウトレットの情報も掲載!
営業時間:10:00~19:00(通常は毎日営業)
住所:Via Europa, 8, 50066 Leccio(地図
公式サイト:https://www.themall.it/

2.スペース(SPACE)※プラダアウトレット

フィレンツェ郊外のスペース(プラダアウトレット)

フィレンツェ郊外「モンテヴァルキ(Montevarchi)」に位置するプラダのファクトリーアウトレット。

規模は大きく、全体の7割ほどが女性もの。特にバッグや財布、靴などの品揃えが豊富で、バッグはピンクなど比較的カラフルなものが中心。服はサイズが大きめで、バッグや財布、靴目的、プラダファンの方は訪問の価値があると思います。

その一方、店員の接客態度は悪く、試着を申し込んでも嫌々対応する始末。試着ルームはどこですかと質問しても、無言で指差しのみ。それが1人だけではなく、3人も同じような対応をされたため、接客には期待しない方が無難です。

なお、行き方やメンズ商品の値段感については以下の記事を参考にしてください。

スペース(プラダアウトレット)は接客最低?!気になる値段は?
フィレンツェ郊外にあるプラダのアウトレット「スペース」について紹介!店員の接客態度はまさかの最低だった?レディースバッグのカラーは何色が多め?平日15時以降の店内の様子とは?商品構成や値段感について解説。行き方も掲載しています!
営業時間:10:30~19:30(土曜日は9:30〜)
住所:Via Aretina, 403, 52025 Montevarchi(地図
アクセス:モンテヴァルキ駅からバス、徒歩で20分ほど

ショッピングストリート

3.トルナブオーニ通り(Via de’ Tornabuoni)

トルナブオーニ通り(Via de' Tornabuoni) 夜のトルナブオーニ通り(Via de' Tornabuoni)

アンティノーリ広場(Piazza degli Antinori)とサンタ・トリニタ橋(Ponte Santa Trinita)を結ぶ全長約300メートルの通り。

こちらがフィレンツェのブランド店街になり、グッチ(GUCCI)、サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)、エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)等の本店があります。

歴史的建造物も多く、通りの名前の由来にもなっているトルナブオーニ宮(Palazzo Tornabuoni)のほか、サルヴァトーレ・フェラガモの本店があるスピーニ・フェローニ宮(Palazzo Spini Feroni)、バーバリーのブティックがあるミネルベッティ宮(Palazzo Minerbetti)、ディオール(Dior)のブティックがあるジャンフィリッアツィ塔(Torre dei Gianfigliazzi)などがあります。

トルナブオーニ通りのバレンシアガ トルナブオーニ通りのジョルジオ・アルマーニ トルナブオーニ通りのプラダ
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩5分(地図
ブランド一覧(アンティノーリ広場含む)
Anne Fontaine
BALENCIAGA
BURBERRY
BVLGARI
CÉLINE
DAMIANI
Dior
Dolce&Gabbana
EMILIO PUCCI
Ermenegildo Zegna
FENDI
GIANFRANCO LOTTI
GIORGIO ARMANI
GUCCI
HERMÈS
HOGAN
KENZO
LES COPAINS
LORETTA CAPONI
Loro Piana
Max Mara
MONTBLANC
OMEGA
PRADA
Pomellato
SAINT LAURENT
Salvatore Ferragamo
TIFFANY & CO.
TOD’S
VALENTINO
ZADIG&VOLTAIRE

4.ストロッツィ通り(Via degli Strozzi)

ストロッツィ通り(Via degli Strozzi)

トルナブオーニ通りとレプッブリカ広場(Piazza della Repubblica)を結ぶ全長約180メートルの通り。

エルマンノ・シェルヴィーノ(ERMANNO SCERVINO)の本店があるほか、ボッテガ・ヴェネタやカルティエ、ルイ・ヴィトンなどのブティックがあります。

そのほか、名前の由来にもなっているストロッツィ宮(Palazzo Strozzi)に加え、ヴェッキエッティ宮(Palazzo Vecchietti)などの歴史的建造物もあります。

※ルイ・ヴィトンのブティックはリノベーション中のため、ストロッツィ広場の仮店舗で運営中です(2018年11月現在)。

ストロッツィ通りのボッテガ・ヴェネタ ストロッツィ通りのカルティエ ストロッツィ通りのドルチェ&ガッバーナ
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩3分(地図
ブランド一覧
American Vintage
BOTTEGA VENETA
Cartier
Dolce&Gabbana
ERMANNO SCERVINO
LA PERLA
Luisa Spagnoli
LOUIS VUITTON
MONCLER
PATRIZIA PEPE
Paul & Shark

5.ローマ通り(Via Roma)

ローマ通り(Via Roma)

サン・ジョヴァンニ広場(Piazza di San Giovanni)とレプッブリカ広場を結ぶ全長約100メートルの通り。

こちらの通りにはグッチ(GUCCI)、プラダ(PRADA)、ミュウミュウ(MIU MIU)等のブティックがあります。ブランド数は少ないですが、押さえておきたいブランド店街になります。

また、5つ星ホテル「ホテル・サボイ(Hotel Savoy)」のほか、1700年代からの歴史を持つ「カフェ・ジッリ(Caffè Gilli)」等もあります。

なお、レプッブリカ広場から先はカリマラ通り(Via Calimala)等と名前が変わりますが、カジュアル系ブランドが主体になるため、今回はローマ通りに絞ってブランド一覧を掲載しています。

ローマ通りのマルニ ローマ通りのミュウミュウ ローマ通りのプラダ
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩1分(地図
ブランド一覧(レプッブリカ広場含む)
COACH
EMPORIO ARMANI
GUCCI
JIMMY CHOO
LONGCHAMP
maje
MARNI
Massimo Dutti
MICHAEL KORS
MIU MIU
PINKO
PRADA
SISLEY

6.サン・ニッコロ通り(Via di San Niccolò)

サン・ニッコロ通り(Via di San Niccolò)

ジュゼッペ・ポッジ広場(Piazza Giuseppe Poggi)とモッツィ広場(Piazza dè Mozzi)を結ぶ全長約500メートルの通り。

世界的に知られているフィレンツェ発のシューズブランド「ステファノ・ベーメル(Stefano Bemer)」に加え、ギャラリーやアトリエが増えてきている注目のエリアです。

衣料品等を取り扱うショップもありますが、アート作品やアンティークなど一味違ったショッピングが楽しめる場所として押さえておきたい通りです。

さらに、フィレンツェの景色が一望できるミケランジェロ広場から近く、中世の雰囲気を感じることができるため、街を散策するコースの一つとしてもサン・ニッコロ通りはおすすめです。

なお、モッツィ広場から先はバルディ通り(Via de’ Bardi)等として通りは続き、歩き続けるとヴェッキオ橋にたどり着きます。

アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩15分(地図
フィレンツェのステファノ・ベーメル(Stefano Bemer) サン・ニッコロ通り(Via di San Niccolò)のショップ サン・ニッコロ通りのショップ

マーケット

7.メルカート・チェントラーレ・フィレンツェ(Mercato Centrale Firenze)

メルカート・チェントラーレ・フィレンツェ(Mercato Centrale Firenze) メルカート・ディ・サン・ロレンツォ(Mercato di San Lorenzo)

19世紀後半に開設された中央市場。

設計はミラノの「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」を手掛けた建築家「ジュゼッペ・メンゴーニ(Giuseppe Mengoni)」が担当しています。

1階はチーズやサラミなど各種肉製品、生鮮食品等が取り扱われており、2階はフードコートになっています。お土産購入はもちろん、気軽に食事を楽しめる場所としておすすめです。その一方、週末は混雑するため、食事時は席が確保できない場合もあります。

そのほか、市場外にあるメルカート・ディ・サン・ロレンツォ(Mercato di San Lorenzo)ではバッグやベルトなど革製品が多く取り扱われています(写真右)。

営業時間:10:00~24:00(生鮮食品は7:30〜14:00)
住所:Via dell’Ariento, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩6分
公式サイト:http://www.mercatocentrale.it/

8.メルカート・ディ・サンタンブロージョ(Mercato di Sant’Ambrogio)

メルカート・ディ・サンタンブロージョ(Mercato di Sant’Ambrogio) メルカート・ディ・サンタンブロージョの内部 メルカート・ディ・サンタンブロージョの外側

ドゥオーモ広場から徒歩14分の場所にあるマーケット。

マーケットの建物内部はハムなどの肉製品、チーズ等を販売している店舗があり、パン屋さんではサンドイッチやクロワッサンなどが売られています。さらに、軽食を提供している店舗もあり、店舗数は少ないですが、軽食を取る場所としておすすめです。

マーケットの外側は野菜等の生鮮食品、服系が主体になります。ただし、黒人男性が買い物する人に声をかけて物乞いをしていたため、訪問する際は念のため注意するようにしてください。

なお、マーケットの隣にはフリーマーケット(Mercatino delle Pulci)があり、食器や家具、アンティーク品等が取り扱われていました。こちらは掘り出し物を探したい方におすすめです(以下の写真)。

フィレンツェのフリーマーケット フィレンツェのフリーマーケット(1) フィレンツェのフリーマーケット(2)
営業時間:7:00~14:00(日曜日は定休日)
住所:Piazza Lorenzo Ghiberti, 50122 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩14分
公式サイト:http://www.mercatosantambrogio.it/

百貨店

9.ラ・リナシェンテ(La Rinascente)

フィレンツェのラ・リナシェンテ(La Rinascente)

イタリアの老舗百貨店「リナシェンテ」のフィレンツェ店。

ブランドでは、ゲス(GUESS)やマージュ(maje)、マイケル・コース(MICHAEL KORS)、サンドロ(sandro)、ザディグ・エ・ヴォルテール (ZADIG&VOLTAIRE)等が取り扱われています。

ブランド面ではあまりおすすめできませんが、雑貨や食品類のお土産購入、きれいなトイレが利用できることから押さえておくべき買い物スポットの一つだと言えます。

営業時間:9:00~21:00(通常は毎日営業)
住所:Piazza della Repubblica, 4, 50123 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩3分
公式サイト:https://www.rinascente.it/

10.コイン(COIN)

フィレンツェのコイン(COIN)

イタリアの百貨店チェーン「コイン(COIN)」のフィレンツェ店。

コスメからカジュアルウェアなどが取り扱われています。比較的手に届きやすい商品が多く、雑貨類やインテリア用品が販売されているため、少し立ち寄るには良い場所だと言えます。

また、こちらもトイレ利用ができるため、念のために押さえておくと何かと役に立ちます。

営業時間:10:00~20:00(通常は毎日営業)
住所:Via dei Calzaiuoli, 56/r, 50122 Firenze(地図
アクセス:ドゥオーモ広場から徒歩3分
公式サイト:https://www.coin.it/

最後に

フィレンツェにおけるショッピングはアウトレット、グッチやサルヴァトーレ・フェラガモ等の本店巡りが主体になると思います。

各アウトレットの接客は残念なものでしたが、商品とは別問題です。接客面のハードルを下げて訪問すると、特に問題は感じないかもしれません。

また、フィレンツェは良質なレザー製品で有名な街でもあり、街を歩けばレザー製品を取り扱う店に当たるというくらい関連した店舗があります。

ブランドのブティックと合わせて、そのような街の革製品屋さんに立ち寄るとより良いショッピングを楽しむことができると思います。

なお、グッチ、サルヴァトーレ・フェラガモ等の本店については以下の記事を参考にしてください。

フィレンツェのブランド本店10選!グッチ、フェラガモなど
フィレンツェに本店を構える10ブランドを紹介!グッチやサルヴァトーレ・フェラガモ、エミリオ・プッチ以外の注目ブランドとは?イタリアの老舗陶磁器メーカー、日本法人もあるレザーブランドの本店も掲載。ディスプレイ商品の価格等が見所です!