ナポリのおすすめ観光地15選!日本人に馴染み深い場所とは?

ナポリのパラッツォ・ドンナ・アンナ(Palazzo Donn’Anna)ナポリ

世界遺産都市「ナポリ」で観光を楽しみましょう!

ナポリには世界遺産に登録されている旧市街「ナポリ歴史地区」を中心に、多くの観光スポットが存在しています。

今回は世界遺産に加え、日本人に馴染みのあるナポリ民謡「サンタ・ルチア」で歌われているサンタ・ルチア地区、おすすめ教会、買い物スポットなども紹介していきます。ぜひナポリ観光の参考にしてください!

スポンサーリンク

旧市街のおすすめスポット

1.世界遺産

ナポリのヌオーヴォ城(Castel Nuovo)

ナポリ旧市街は1995年に「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されています。旧市街にはナポリのシンボルとも言える「ヌオーヴォ城(※写真)」に加え、1300年代からの歴史を持つ「ドゥオーモ」、イタリア三大歌劇場の一つ「サンカルロ劇場」などがあります。

南欧の旧市街らしく、旧市街は細い路地が入り組んだ迷路のような造りになっています。治安の悪い地域もありますが、日中は高齢者が出歩けるほど治安は安定しています。スパッカ・ナポリにはお土産屋さんも多く、旧市街は街歩きに適した場所になります。

なお、ナポリの世界遺産の詳しい情報については以下の記事をご覧ください。

ナポリの世界遺産まとめ!歴史地区の見逃せない観光地とは?
イタリア・ナポリは旧市街全体が世界遺産!「ナポリ歴史地区」にある見逃せない観光地とは?「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」からはポンペイ遺跡を紹介。ナポリ観光で押さえておきたい名所を掲載しています!

■スパッカ・ナポリ

ナポリのスパッカ・ナポリ(Spacca Napoli)

2.トレド通り(Via Toledo)

ナポリのトレド通り(Via Toledo)

16世紀に整備されたナポリ旧市街のメインストリート。ベルシュカやディズニー・ストア、H&M、キコミラノ、MACなど多くのショップが軒を連ねています。また、通り沿いには、世界遺産のウンベルト1世のガッレリアに加え、ナポリ銀行(Banco di Napoli)などもあります。

最寄り駅:地下鉄1号線「Toledo」駅(地図

3.ソプラムロ通り(Via Sopramuro)

ソプラムロ通り(Via Sopramuro)

ナポリで有名な通りの一つ。多くのナポリ住民が魚などを買い求めに来る場所です。日曜日には魚だけではなく、野菜や菓子、衣料品など多くのマーケットが開き、ノラナ広場(Piazza Nolana)も含めて賑わっています。ナポリ中央駅(Stazione di Napoli Centrale)に近く、アクセスの良さも高ポイント。活気ある雰囲気を楽しんでください。

最寄り駅:地下鉄3・4号線「Porta Nolana」駅、1・2号線「Garibaldi」駅(地図

4.国立考古学博物館(Museo Archeologico Nazionale)

1586年に建設が開始された騎兵兵舎が起源。1777年から博物館として利用されています。ポンペイ遺跡の出土品のコレクションが豊富で、エジプトコレクションやローマのカラカラ浴場で出土した大型の彫刻なども展示されています。

営業時間:9:00~19:30 ※火曜日は定休日
料金:15ユーロ(特別展の場合は異なる)
最寄り駅:地下鉄1号線「Museo」駅(地図
公式サイト:https://www.museoarcheologiconapoli.it/
スポンサーリンク

5.ナポリ港(Porto di Napoli)

ナポリ港(Porto Di Napoli)

年間約600万人の乗客が利用し、豪華客船も停泊する港。紀元前の古代ギリシャ人による統治時代からの歴史を持ちます。カルロ1世が統治した13世紀に港は規模を拡大させ、ナポリは港町として栄えていきました。

現在、こちらの港からシチリア島のパレルモを始め、カプリ島、プローチダ島、イスキア島、コルシカ島(フランス領)などに行くことができます。パレルモまではフェリーで11時間弱、往復9000円前後。

最寄り駅:地下鉄1号線「Università」駅(地図

ナポリ三大方尖塔

6.サン・ジェンナロ方尖塔(Obelisco di San Gennaro)

サン・ジェンナロ方尖塔(Obelisco di San Gennaro)

ナポリ三大方尖塔で最も古い方尖塔。1631年のヴェスヴィオ山噴火の後、1637〜1660年に建設されました。設計等はコジモ・ファンツァーゴ(Cosimo Fanzago)が担当。様式はバロック様式で、高さは約24メートル。頂上部分にはナポリの守護聖人「聖ジェンナーロ」の銅像があります。

最寄り駅:地下鉄1号線「Dante」駅(地図

7.サン・ドメニコ方尖塔(Obelisco di San Domenico)

サン・ドメニコ方尖塔(Obelisco di San Domenico)

サン・ドメニコ・マッジョーレ広場に位置する方尖塔。フランチェスコ・アントニオ・ピキアッティ(Francesco Antonio Picchiatti)が設計を担当。1658年に建設が始まりましたが、現在も未完成のままになっています。なお、頂上部分には聖ドミニコの銅像があります。

最寄り駅:地下鉄1号線「Dante」駅(地図

8.インマコラータ方尖塔(Obelisco dell’Immacolata)

ジェズ・ヌオーヴォ広場(Piazza Gesù Nuovo)

18世紀に建設されたジェズ・ヌオーヴォ広場に位置する方尖塔。バロック様式で高さは22メートル。頂上には無原罪の御宿りの聖母マリア像があります。そのほか、聖イグナチオ、聖フランシスコ・ボルハ、聖フランシスコ・ザビエル、聖フランシスコ・レジスなどの彫刻があります。

最寄り駅:地下鉄1号線「Dante」駅(地図
スポンサーリンク

おすすめの教会

9.サン・ドメニコ・マッジョーレ教会(Chiesa di San Domenico Maggiore)

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会(Chiesa di San Domenico Maggiore)

カルロ2世の命により、1283〜1324年に建設されたナポリで重要度の高い教会。ナポリ大学が置かれたこともあります。建設後に発生した地震、火災を受けて改修等が実施されています。

様式はゴシック様式、バロック様式が混在。ピエトロ・カヴァリーニ(Pietro Cavallin)作のフレスコ画などが見所。なお、有料でアラゴン王の墓、16世紀の服のコレクションなどを見ることができます。

開館時間:10:00〜18:00
料金:5ユーロ〜(大聖堂は無料)
最寄り駅:地下鉄1号線「Dante」駅(地図
公式サイト:https://www.museosandomenicomaggiore.it/

10.サンタンジェロ・ア・ニーロ聖堂(Chiesa di Sant’Angelo a Nilo)

サンタンジェロ・ア・ニーロ聖堂(Chiesa di Sant'Angelo a Nilo)

1385〜1401年に建設された教会。現在の外観はアルカンジェロ・ググリエルメッリ(Arcangelo Guglielmelli)によって1709年に改修されたもの。バロック様式。ナポリ貴族の「ブランカッチョ家」の墓碑などがあります。

なかでも、ドナテッロ(Donatello)やミケロッツォ・ディ・バルトロメオ(Michelozzo di Bartolommeo)の彫刻が施されたライナールド・ブランカッチョ(Rainaldo Brancaccio)枢機卿の墓があることで知られています。

開館時間:8:30〜13:00/16:30〜18:30
料金:無料
最寄り駅:地下鉄1号線「Dante」駅(地図

11.サンタ・カテリーナ・ア・フォルミエッロ教会(Chiesa di Santa Caterina a Formiello)

サンタ・カテリーナ・ア・フォルミエッロ教会(Chiesa di Santa Caterina a Formiello)

1505〜1593年に建設されたルネッサンス様式の教会。1659年にはフランチェスコ・アントニオ・ピキャッティ(Francesco Antonio Picchiatti)作の聖者の像などが追加されています。ルイジ・ガルジ(Luigi Garzi)作のフレスコ画などが見所。なお、教会の隣には15世紀に建てられたカプアーナ門(Porta Capuana)があります。

料金:無料
最寄り駅:地下鉄「Piazza Garibaldi」駅(地図

サンタ・ルチア地区周辺のおすすめスポット

12.サンタ・ルチア地区(Santa Lucia)

ナポリ民謡「サンタ・ルチア」で日本人にとって馴染み深い場所。卵城(Castel dell’Ovo)やサンタ・ルチア港など海沿いは景観が良く、5つ星ホテル「Grand Hotel Vesuvio」など4~5つ星ホテルが軒を連ねています。ナポリ中央駅周辺より治安が安定しているため、治安面が気になる方はサンタ・ルチア地区の滞在がおすすめです。

最寄り駅:地下鉄1号線「Municipio」駅、2号線「Napoli Piazza Amedeo」駅(地図

13.パラッツォ・ドンナ・アンナ(Palazzo Donn’Anna)

ナポリのパラッツォ・ドンナ・アンナ(Palazzo Donn’Anna)

15世紀にドラゴネット・ボニファシオ(Dragonetto Bonifacio)によって建設された宮殿。1640~1648年にナポリの著名建築家コジモ・ファンザゴ(Cosimo Fanzago)によって再建されました。ナポリで有名な建物の一つですが、現在は一般には公開されていません。

最寄り駅:地下鉄2号線「Mergellina」駅から徒歩24分(地図
スポンサーリンク

おすすめの買い物スポット

14.ブランド店街

ガエタノ・フィランジエーリ通り(Via Gaetano Filangieri)からミッレ通り(Via dei Mille)にかけてがナポリのブランド店街になっています。それらの通りには、ルイ・ヴィトンのほか、ブルガリ、フェンディ、フルラ、エルメス、ヒューゴ・ボス、マイケル・コース、プラダなどがブティックを構えています。

最寄り駅:地下鉄2号線「Napoli Piazza Amedeo」駅(地図

15.ラ・レッジア・デザイナー・アウトレット(La Reggia Designer Outlet)

ナポリ近郊のラ・レッジア・デザイナー・アウトレット(La Reggia Designer Outlet)

ナポリ近郊にあるアウトレット。アルマーニ、ヒューゴ・ボス、ポロ・ラルフローレン、ヴェルサーチなどが入っており、免税対応もバッチリです。品揃えについては、ポロ・ラルフローレンは店舗が大きく種類も豊富。ヒューゴ・ボスはスーツが豊富(サイズは大き目)でした。

行き方については、ヌオーヴォ城近くのナポリ港などから専用のシャトルバスが出ています。料金は往復15ユーロで、乗車後に運転手に支払うシステム。なお、乗り場や時刻など詳しい情報はLa Reggia Designer Outletのホームページで確認してください。

営業時間:10:00~21:00(毎日)
住所:S.P. 336 Sannitica, 81025 Marcianise CE, Italia(地図
公式サイト:https://www.mcarthurglen.com/

なお、ナポリのおすすめ買い物スポットについては以下の記事をご覧ください。

ナポリのおすすめ買い物スポット10選!アウトレットからブランド店街まで
ナポリのおすすめ買い物スポットを10ヵ所紹介!ナポリ近郊のアウトレットの見所は?気になるブランド一覧とは?メインストリートはカジュアル系ショップが多い?歴史地区でお土産を購入するならどこ?穴場のマーケットなどショッピング情報が満載!

番外編

ナポリ中央駅(Stazione di Napoli Centrale)

ナポリ中央駅の構内

ナポリ中央駅周辺は治安が良くありません。特に夜は注意をするようにしてください。

その一方、日中については観光客を含めて多くの人がいるので、スリだけに気を付けていれば問題ないと言えます。実際に降り立つ駅前周辺の景色を見ておくだけでも安心感は違うと思いますので、写真も掲載しています。

なお、ナポリの治安については、以下の記事を参考にしてください。

ナポリの治安を一刀両断!スペイン地区以上に注意すべき場所とは?
ナポリは本当に治安が悪いのか?筆者が黒人男性に胸ぐらを掴まれた場所とは?スペイン地区以上に注意すべき場所があった?!女性、ファミリー層などナポリ中央駅周辺に滞在する方は必見。実際に滞在した筆者がナポリの街を歩き倒して感じた情報を掲載しています!

最後に

世界遺産だけではなく、買い物スポットを訪れるのもナポリ観光の醍醐味になります。

お土産ならスパッカ・ナポリ(Spacca Napoli)、高級ブランド品ならサンタ・ルチア近くのガエタノ・フィランジエーリ通り(Via Gaetano Filangieri)、ミッレ通り(Via dei Mille)などになります。

なお、高級ブランドの紙袋については、防犯上の理由からブランド名などが目立たないようにしてください。アジア人が高級ブランド店の紙袋を下げている場合は、紙袋の中にブランド品が入っていると思われ、窃盗などのターゲットになります。

そのように最低限の治安対策を心掛ければ、ナポリは安全に楽しめる街。余計な心配はせず、しっかりナポリを楽しんでください!

※上記おすすめ観光地の場所は以下のグーグルマップ(青色)にまとめています。