世界遺産「フィレンツェ歴史地区」の主要スポットまとめ!最大の見所は?

イタリア・フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)フィレンツェ

フィレンツェはルネサンス芸術の中心地!

イタリア中部のトスカーナ州に位置するフィレンツェ(Firenze)は、ルネサンス(14~16世紀)の中心都市であり、「屋根のない博物館」とも称されています。

そして、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)を核とする市街地は、「フィレンツェ歴史地区」として1982年に世界遺産に登録されています。

今回はフィレンツェ歴史地区の中から、何度も訪れた筆者が印象に残った10カ所を紹介します。ぜひフィレンツェ観光の参考にしてください!

スポンサーリンク

フィレンツェ歴史地区の主要観光スポット

1.サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)

1296年に建設が開始され、1436年に完成した教会。ドゥオーモとも呼ばれるこちらの建物が最大の見所になります。

アルノルフォ・ディ・カンビオ(Arnolfo di Cambio)が設計を担当し、フィレンツェのシンボルとして多くの人から愛されています。

なお、白、ピンク、緑の大理石で装飾されたネオゴシック様式の外装は、フィレンツェの建築家エミリオ・デ・ファブリス(Emilio De Fabris)により19世紀に制作されたものになります。

■ドゥオーモ内部

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の内部

開館時間:10:00~17:00(曜日などにより異なる)
料金:大聖堂は無料、クーポラや洗礼堂、ジョットの鐘楼等の共通券は18ユーロ
住所:Piazza del Duomo, 50122 Firenze, Italia(地図
公式サイト:https://www.museumflorence.com/ja

2.サンタ・クローチェ教会(Basilica di Santa Croce di Firenze)

イタリア・フィレンツェのサンタ・クローチェ教会(Basilica di Santa Croce di Firenze)

13世紀に建設された礼拝堂が起源。

フランシスコ会の創設者「アシジの聖フランシスコ(Francesco d’Assisi)」により設立されたとも伝わっています。

現在の教会は1294年に建設が開始され、1443年に奉献されたもの。また、ネオゴシック様式の大理石ファサードはユダヤ人建築家ニコロ・マタス(Nicolò Matas)により1857~1863年に建設されたものになります。

なお、ミケランジェロ(Michelangelo)、ガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei)、マキャヴェッリ(Machiavelli)、ジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini)などが眠っています。

開館時間:9:30~17:00(月~土) 14:00~17:00(日)
料金:8ユーロ(サンタ・クローチェ付属美術館との共通券)
住所:Piazza di Santa Croce, 16, 50122 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩10分

3.サン・ロレンツォ教会(Basilica di San Lorenzo)

イタリア・フィレンツェのサン・ロレンツォ教会(Basilica di San Lorenzo)

393年に奉献された教会が起源。

11世紀にはロマネスク様式で再建され、15世紀にはルネサス様式で再建されました。その際、ミケランジェロも階段や図書館デザインなどで関わっています。メディチ家代々の菩提寺でもあり、メディチ家礼拝堂が付属しているのも特徴です。

開館時間:10:00~17:30(月~土)、13:00~17:00(日)※11~2月は日曜日休館
料金:7.50ユーロ(図書館との共通券)
住所:Piazza di San Lorenzo, 9, 50123 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩3分

■メディチ家礼拝堂

イタリア・フィレンツェのメディチ家礼拝堂(Cappelle Medicee)

スポンサーリンク

4.サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(Basilica di Santa Maria Novella)

イタリア・フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会(Basilica di Santa Maria Novella)

9世紀に建設された教会が起源。2人のドミニコ会修道士によって設計され、13世紀~14世紀にかけて建設されたもの。ドゥオーモのドーム設計を担当したフィリッポ・ブルネレスキが製作した「キリスト磔刑像」、マザッチョ作「聖三位一体」などが見所になります。

開館時間:9:00~17:30(曜日により異なる)
料金:7.5ユーロ(美術館との共通券)
住所:Piazza di Santa Maria Novella, 18, 50123 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩7分、公式サイト:https://www.smn.it/en/visit/

5.サン・ミニアート・アル・モンテ教会(Abbazia di San Miniato al Monte)

イタリア・フィレンツェのサン・ミニアート・アル・モンテ教会(Abbazia di San Miniato al Monte)

8世紀に建設された礼拝堂が起源。現在の教会は11世紀~12世紀に建設されたもの。鐘楼は1499年に崩壊した後、1523年に再建されました。ロマネスク様式の傑作の一つとして評価されています。

開館時間:7:00~夕暮れ(夏期)、7:00~13:00/15:30~19:00(冬期)
料金:無料
住所:Via delle Porte Sante, 34, 50125 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩30分

6.サンタ・マリア・デル・カルミネ教会(Chiesa di Santa Maria del Carmine)

イタリア・フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミネ教会(Chiesa di Santa Maria del Carmine)

1268年に建設が着工された教会(ファサードは未完成)。1328年、1464年に食堂などが拡張されています。16~17世紀にはバロック様式に改装され、1771年の火災を受けてその後ロココ様式で再建されています。

マザッチョ、マソリーノのフレスコ画が見所。ルネサンスの巨匠「ミケランジェロ」が模写をするために通ったほどの名作になります。

開館時間:10:00~17:00(月~土)、13:00~17:00(日・祝日)※火曜日は休館
料金:6ユーロ
住所:Piazza del Carmine, 50124 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩15分

7.ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)

イタリア・フィレンツェのヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)

アルノルフォ・ディ・カンビオ(Arnolfo di Cambio)によって1299~1314年に建設された宮殿。

フィレンツェ共和国の政庁舎として使用され、メディチ家の宮殿として利用されました。現在はフィレンツェ市庁舎として使用されています。なお、特徴的なタワーは1353年に造られたものですが、1667年にゲオルク・レダール(Georg Lederle)によって造られたレプリカと交換されています。

開館時間:9:00~23:00(4月~9月)、9:00~19:00(10月~3月)、※木は9:00~14:00
料金:博物館は16.5ユーロ、博物館+タワー等は21.5ユーロ、全共通券は23.5ユーロ
住所:Piazza della Signoria, 50122 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩5分
公式サイト:http://musefirenze.it/
スポンサーリンク

8.ヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)

イタリア・フィレンツェのヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)

ローマ時代に建設されたと伝わる橋。この橋の存在が最初に登場するのは996年の文献でのこと。その後、洪水などの被害を受けて1117年、1345年に再建されました。現在は宝石店が軒を連ねており、観光客にも人気のスポットになっています。

住所:Ponte Vecchio, 50125 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩8分

9.ピッティ宮殿(Palazzo Pitti)

イタリア・フィレンツェのピッティ宮殿(Pitti Palace)

銀行家ルカ・ピッティ(Luca Pitti)により15世紀に建設が着工された宮殿。その後、ルカ・ピッティの死によって建設が中断されましたが、16世紀にメディチ家当主により買い取られ、建設が再開されました。1859年までトスカーナ大公の宮廷として利用されました。

開館時間:8:15~18:50 ※月曜日は休館
料金:16ユーロ〜(プランにより異なる)
住所:Piazza de’ Pitti, 1, 50125 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩13分

10.ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)

イタリア・フィレンツェのウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)

ジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)の設計で1560年に着工し、1580年に竣工したフィレンツェの行政機関事務所が起源。サンドロ・ボッティチェッリ作「ヴィーナスの誕生」が有名。その他、レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロなどの作品が展示されています。

開館時間:8:15~18:50 ※月曜日は休館
料金:20ユーロ〜
住所:Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze, Italia(地図
アクセス:ドゥオーモから徒歩8分
公式サイト:http://www.uffizi.com/

最後に

ドゥオーモを中心とする市街地は「屋根のない博物館」と言われる通りの景観が広がっています。

ミケランジェロ広場(Piazzale Michelangelo)からはそれらの街並みを一望することができ、フィレンツェを訪れて良かったと心から思わせてくれます。

地下鉄やトラムがなく不便ですが、観光地は小規模にまとまっています。そのため、3日程度の滞在なら、徒歩でほぼ全ての観光地を回ることは可能です。中世ヨーロッパの景色を色濃く残す街並みは一見の価値ありです!

※上記のおすすめの観光スポットの場所は以下のグーグルマップ(赤色)にまとめています。