【世界トリップ写真館】トルコ・イスタンブール編

世界一周で巡ったトルコ最大の都市「イスタンブール」の写真を大公開!

「イスタンブール歴史地区」として世界遺産に登録されている旧市街の街並みが見所です。

トプカプ宮殿、スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)、地下宮殿などの世界遺産に加え、旧市街、新市街、アジア側の写真を掲載しています!

イスタンブール旧市街側

アヤソフィア(Ayasofya Müzesi)
トルコ・イスタンブールのスルタンアフメト・モスク(Sultan Ahmet Camii)
スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)
スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)の行列
トルコ・イスタンブールのスルタンアフメト・モスク(Sultan Ahmet Camii)内部
トルコ・イスタンブールのスルタンアフメト・モスク(Sultan Ahmet Camii)の天井
スルタンアフメット広場(Sultanahmet Meydanı)
スルタンアフメット広場(Sultanahmet Meydanı)
アラスタ・バザール(Arasta Bazaar)
ディワーン・ヨル通り(Divan Yolu Caddesi)
イスタンブールのスルタンアフメット(Sultanahmet)駅周辺の景色
ディワーン・ヨル通り(Divan Yolu Caddesi)
地下宮殿入口
地下宮殿(Yerebatan Sarnıcı)内部
イスタンブル地下宮殿(Yerebatan Sarnıcı)のメデューサの頭部像
地下宮殿近くのモニュメント
トルコ・イスタンブールのトプカプ宮殿
トプカプ宮殿(Topkapı Sarayı)内
トプカプ宮殿・宝物館の行列
トプカプ宮殿内
トプカプ宮殿内
トプカプ宮殿内
トプカプ宮殿から見たガラタ橋方面の景色
トプカプ宮殿から見たアジア側の景色
アーレムダール通り(Alemdar Caddesi)
タヤ・ハトゥン通り(Taya Hatun Caddesi)
Nöbethane Caddesi
Muradiye Caddesi(Sirkeci駅付近)
スィルケジ(Sirkeci)駅のホーム
スィルケジ(Sirkeci)駅のホーム
ニューモスク付近のフェリー乗り場
イスタンブールのガラタ橋(Galata Köprüsü)
ガラタ橋で釣りを楽しむ人々
トルコ・イスタンブールのガラタ橋(Galata Koprusu)から撮影した夕日
名物「サバサンド」を調理している船(ガラタ橋付近)
イスタンブール名物「サバサンド」
ガラタ橋(Galata Köprüsü)付近の屋台
トルコ・イスタンブールのイェニ・モスク(Yeni Cami)
イェニ・モスク(Yeni Cami)※ニューモスク
イェニ・モスクの天井装飾
トルコ・イスタンブールのイェニ・モスク(Yeni Cami)内部
トルコ・イスタンブールのスパイスバザール
Bankacılar Sokak
Hasırcılar Caddesi
Mahkeme Sokak
イスタンブールの魚屋さん
Çakmakçılar Yokuşu
イスタンブールのマフムートパシャ坂
グランドバザール(Büyük Çarşı)の入口の一つ
イスタンブールにあるグランドバザール
トルコ・イスタンブールのグランドバザール
ディワーン・ヨル通り(Divan Yolu Caddesi)
イスタンブール大学(正門)
Mithat Paşa Caddesi
İnkılap Caddesi
Dibekli Cami Sokak
Neviye Sokak
イェニカプ(Yenikapı)駅周辺
イェニカプ駅付近の長距離バス乗り場
Manastırlı Rıfat Sokak
アクサライ(Aksaray)駅周辺
アクサライ(Aksaray)駅周辺
トルコ・イスタンブールのヴァレンス水道橋(Valens Su kemeri)
フェウズィ・パシャ通り(Fevzi Paşa Caddesi)
ファーティフ・モスク(Fatih Camii)
ミマール・メフメットアー通り(Mimar Mehmet Ağa Caddesi)
イスタンブールの線路道
Keresteci Hakkı Sokak
ケネディ通り(Kennedy Caddesi)
トルコ・イスタンブールのパールキオスク
イスタンブールのアクサライ(Aksaray)駅
アタテュルク国際空港

■アヤソフィア周辺

イスタンブール観光の中心地になるアヤソフィア周辺から写真はスタート。

ブルーモスクやスルタンアフメット広場、ディワーン・ヨル通り、地下宮殿の写真を掲載しています。

ブルーモスクは世界で最も美しいと評価されるほど。また、入場列はあるものの、その分初めての人でも入りやすく、おすすめの観光スポットになります。

■トプカプ宮殿~ガラタ橋

ここではトプカプ宮殿からガラタ橋にかけての写真を掲載。

トプカプ宮殿は巨大なダイヤやエメラルドなど宝石が有名(撮影NG)。また、新市街やアジア側の景色を見渡すこともできます。

タヤ・ハトゥン通りはお土産屋さんが軒を連ね、スィルケジ(Sirkeci)駅のホームは卍LINE(窪塚洋介)の「KEY MAKER」のPVにも登場する印象的な場所です。

ガラタ橋横にイスタンブール名物のサバサンド屋さんがあるほか、橋からはきれいな夕日を見ることができます。釣り人が竿を垂らす光景もガラタ橋名物!

■ニューモスク周辺

マフムートパシャ坂の写真まではニューモスク周辺の街並みになります。

ニューモスクの美しさはブルーモスクに劣っておらず、人も少ないためおすすめの場所。近くにはスパイスバザール(エジプシャンバザール)があり、様々なお土産品を購入できます。

また、ニューモスクとグランドバザールの間の坂道エリアには多くの衣料品店があり、子供服も豊富。ストール専門店もあり、お土産が購入できる穴場的スポットになります。

■その他

グランドバザールの写真からは、イェニカプ駅周辺、アクサライ駅周辺、ヴァレンス水道橋、海沿いを走るケネディ通りなどの写真を掲載しています。

イスタンブール新市街・アジア側

カバタシュ(Kabataş)駅
ドルマバフチェ宮殿のゲート
イスタンブールのドルマバフチェ宮殿の庭園
イスタンブールのドルマバフチェ宮殿の門
イスタンブールのドルマバフチェ宮殿
ドルマバフチェ宮殿
ドルマバフチェ宮殿内
ドルマバフチェ宮殿にいるクジャク
ドルマバフチェ・モスク(Dolmabahçe Camii)
ドルマバフチェ通り(Dolmabahçe Caddesi)
チュラーン通り(Çırağan Caddesi)
ベシクタシュ通り(Beşiktaş Caddesi)
Akmaz Çeşme Sokak
ベシクタシュ市場(Balıkçılar Çarşısı)周辺
Şehit Asım Caddesi
5つ星ホテル「W Istanbul」付近
ザ・リッツ・カールトン・イスタンブール
タクスィム広場(Taksim Meydanı)
タクスィム広場(Taksim Meydanı)
イスティクラル通り
イスタンブールのイスティクラル通り
イスティクラル通り
イスタンブールのガーリップデデ通りにある楽器屋さん
トルコ・イスタンブールのガラタ塔(Galata Kulesi)
ユクセッキ・カルドゥルム通り(Yüksek Kaldırım Caddesi)
カラキョイ(Karakoy)駅周辺
ガラタ・ハードウェア市場(Galata Hırdavatçılar Çarşısı)
メジュリスィ・メブサーン通り(Meclis-i Mebusan Caddesi)
メジュリスィ・メブサーン通り(Meclis-i Mebusan Caddesi)
新市街で見かけた猫の親子
アジア側に向かうフェリー内
イスタンブールのボスポラス大橋
Surp Krikor Lusavorich Church
パシャ・リマヌ通り
pasa-limani-caddesi-1
パシャ・リマヌ通り(Paşa Limanı Caddesi)
イスタンブールのパシャ港公園から撮影した新市街
ユスキュダル(Üsküdar)埠頭
ユスキュダル(Üsküdar)埠頭周辺
Üsküdar Harem Sahil Yolu
トルコ・イスタンブールの乙女の塔
Üsküdar Harem Sahil Yolu沿いのマリーナ
ハレム(Harem)埠頭

■ドルマバフチェ宮殿~リッツカールトン

ドルマバフチェ宮殿に向かう際に利用するカバタシュ(Kabataş)駅から写真はスタート。

ドルマバフチェ宮殿はオスマン帝国の王宮として利用されていた場所。内部は撮影NGのため写真はないですが、豪華な造り、オリジナルで残されている調度品などが見所。庭園も管理が行き届いています。

そのほか、ベシクタシュ市場周辺、リッツ・カールトン・イスタンブールの写真を掲載しています。

■タクスィム広場~ガラタ橋周辺

新市街観光の中心地がタクスィム広場。

メインストリートのイスティクラル通りは多くの人で賑わい、カジュアル系ショップや飲食店などが軒を連ねています。また、ガラタ橋方面に向けて歩いていると楽器街もあります。

ガラタ橋周辺は特に坂道が多く、タクスィム側から下りながら観光すると疲れづらいです。新市街最後の写真は広場で見かけた猫の親子。

■アジア側

フェリーの座席の写真からはアジア側で撮影した写真を掲載。ボスポラス大橋付近からハレム(Harem)埠頭までの間がメインになります。

海沿いから少し離れた場所にショッピングストリートやモールなどがあり、アジア側は新市街や旧市街側の景色を見るポイントとして押さえておくのが無難です。

まとめ

世界一周を通して一番活気を感じた都市がイスタンブールになります。

街を歩けば東ローマ帝国時代や中世に起源を持つ建造物が多くあり、歴史と活気が交錯する街は歩いているだけでわくわくするような場所でした。

そのため、押さえるべき観光スポットを押さえた後は適当な場所を街ぶらするのがおすすめです。日本語で話しかけてくる悪質な物売りや飲食の誘いを除けば、治安面で問題がある場所は少ないと言えます。

なお、テロ事件が発生しているので、人が多く集まる場所(特に外国人)では周囲を警戒するようにし、長居は避けるようにしてください。