イスタンブールの高級ブランド店街チェック!注目の買い物スポットとは?

【トルコ最大の都市「イスタンブール」で高級ブランド店巡りをしよう!】

トルコのGDPは順調な右肩上がりを続けており、所得水準の向上などを背景に、イスタンブールにも高級ブランド店街があります。

そこで今回は、イスタンブールの高級ブランド店街について紹介するので、観光の参考にしてください。

イスタンブールの高級ブランド店街について

イスタンブールの高級ブランド店街は、新市街のニシャンタシュ地区に位置するアブディ・イペクチ通り(Abdi İpekçi Caddesi)がメインになります。

また、アジア側にもルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)などがあるバーダット通り(Bağdat Caddesi)というブランド店街があるので、そちらについても紹介していきます。

新市街の高級ブランド店街
アブディ・イペクチ通り
アルトゥン通り
ザ・セント・レジス・イスタンブール
アジア側のブランド店街
バーダット通り

※各ブランドのブティックの場所は、以下のグーグルマップ(青色)をチェック!

新市街の高級ブランド店街

アブディ・イペクチ通り(Abdi İpekçi Caddesi)

新市街に位置する全長約700メートルの通り。

メトロM2線のオスマンベイ(Osmanbey)駅から徒歩7分の立地にあるため、交通アクセスの良い場所にあると言えます。

国内外のセレブが集まる場所でもあり、近くにはザ・リッツ・カールトン・イスタンブール(The Ritz-Carlton,Istanbul)、グランド・ハイアット・イスタンブール(Grand Hyatt Istanbul)、ヒルトン・イスタンブール・ボスポラス(Hilton Istanbul Bosphorus)などの5つ星ホテルもあります。

■ここがおすすめポイント!

シャネル(CHANEL)、エルメス(HERMÈS)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、プラダ(PRADA)など主要ブランドが揃っており、ブティックは充実していると言えます。

また、「Develi Nişantaşı」や「Kırıntı」など人気レストランに加え、カフェなども充実しており、昼食や休憩ポイントとしてもおすすめです。

■唯一の欠点&注意点

唯一の欠点はグッチ(GUCCI)のブティックがないことが挙げられます。

ただし、グッチは新市街側にあるイスティニエ・パーク(Istinye Park)というショッピングモールに入っています。

イスティニエ・パークについてはこちらの記事を確認してください。

イスタンブールのおすすめショッピングモール6選!イスティニエ・パークなど
イスタンブールはショッピングモールの宝庫!見逃せない高級ブランドが集結するモールとは?トルコ初のアップル・ストアがオープンした場所はどこ?各モールのブランド一覧を掲載。地下鉄で行ける好アクセスが魅力の6カ所を紹介!

また、シャネルとエルメスのブティックについては、その他ブランドのブティックと少し距離があるので注意してください。

さらに、観光ついでにタクスィム(Taksim)やドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Sarayı)側から行くと上り坂になります。

ブティックを構えるブランド一覧
アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)、アルマーニ(ARMANI)、バーバリー(BURBERRY)、カルティエ(Cartier)、シャネル(CHANEL)、クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)、エスカーダ(ESCADA)、エルメス(HERMÈS)、ランバン(LANVIN)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、モンブラン(MONTBLANC)、オメガ(OMEGA)、プラダ(PRADA)、ロレックス(ROLEX)、サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)、ティファニー(TIFFANY & CO)、トッズ(TOD’S)、トム・フォード(TOM FORD)など
一部ブランドの営業時間
シャネル 10:00~19:00 ※日曜日は定休日
エルメス 10:00~19:00 ※日曜日は定休日
ルイ・ヴィトン 10:00~20:00 ※日曜日は定休日
プラダ 10:00~20:00(月~土)、12:00~19:30(日)
観光情報
最寄り駅 メトロM2線のオスマンベイ(Osmanbey)駅から徒歩7分(地図

アルトゥン通り(Altın Sokak)

アブディ・イペクチ通り(Abdi İpekçi Caddesi)から横に伸びる全長約70メートルの短い通り。

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)やオフィチーネ・パネライ(OFFICINE PANERAI)、IWC・シャフハウゼン(IWC Schaffhausen)など、世界の名立たる高級腕時計メーカーのブティックが集結しています。

比較的こじんまりとした店舗が多いものの、これだけの時計メーカーのブティックを1カ所で見ることのできる通りは珍しいため、訪れてみる価値はあります。

高級腕時計メーカーのブティック一覧
IWC・シャフハウゼン(IWC Schaffhausen) 10:30~18:45 ※日曜日は定休日
ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre) 10:00~19:00 ※日曜日は定休日
オフィチーネ・パネライ(OFFICINE PANERAI) 10:00~18:30(土~16:00)※日曜日は定休日
パテック・フィリップ(PATEK PHILIPPE) ※代理店ホームページ
ユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN) ※代理店ホームページ
ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN) 10:00~18:45 ※日曜日は定休日
観光情報
最寄り駅 メトロM2線のオスマンベイ(Osmanbey)駅から徒歩10分(地図

ザ・セント・レジス・イスタンブール(The St. Regis Istanbul)

アブディ・イペクチ通り沿いに位置する5つ星ホテル。

オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet)、ショパール(Chopard)、ヴェルサーチ(VERSACE)などのブティックが入っています。

なお、上記(アブディ・イペクチ通り)で挙げたアレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)、ランバン(LANVIN)、トム・フォード(TOM FORD)のブティックもこちらのホテルに位置しています。

ブランド情報(ブランド名・営業時間)
オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet) 10:00~19:30 ※日曜日は定休日
ショパール(Chopard) 10:00~18:30 ※日曜日は定休日
ヴェルサーチ(VERSACE) 10:00~19:30(月~土)、12:00~19:00(日)
観光情報
最寄り駅 メトロM2線のオスマンベイ(Osmanbey)駅から徒歩14分(地図

アジア側のブランド店街

バーダット通り(Bağdat Caddesi)

オスマン帝国時代に貿易、軍事目的などで利用された歴史ある通り。

通りの名前は1638年にスルタン・ムラト4世(Sultan Murad IV)がイラク・バグダード(バグダッド)を奪還したことに由来しています。

全長約14キロの長い通りだが、メインはルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)からゴズテペ・60. イル公園(Göztepe 60. Yıl Parkı)までの約2.5キロになります。休日になると若者を中心に賑わいをみせています。

ブランドについては、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のほか、ファストファッション系ブランドが多く、トルコの高級ブランド「ワッコ(Vakko)」の店舗もあります。

そのほか、トルコ料理のレストランやカフェ、英小売大手マークス&スペンサー(Marks & Spencer)、メルセデス・ベンツ(Mercedes-benz)のディーラーなどもあります。

ブランド・ショップ一覧
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、ディーゼル(DIESEL)のほか、H&M、インティミッシミ(intimissimi)、ラコステ(LACOSTE)、マック(M·A·C)、マンゴ(MANGO)、マッシモ・ドゥッティ(Massimo Dutti)、ナイン・ウエスト(NINE WEST)、パンドラ(Pandora)、ザ・ボディショップ(THE BODY SHOP)、ザラ(ZARA)など
一部ブランドの営業時間
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) 10:30~19:30(月~土)、12:00~19:30(日)
H&M 10:00~22:00(月~日)
ザラ(ZARA) 10:30~20:30(月~土)、13:00~20:00(日)
観光情報
最寄り駅 メトロM4線のボスタンジュ(Bostancı)駅から徒歩30分、カドゥキョイからドルムシュ(乗り合いタクシー)利用(地図

まとめ

新市街の高級ブランド店街は坂道である点がマイナスポイントですが、新市街の観光の中心地であるタクスィム広場(Taksim Meydanı)にも近く、観光地としても押さえておきたいポイントだと言えます。

アジア側のバーダット通り(Bağdat Caddesi)については、アクセスがあまり良くないため、時間に余裕がある人は訪れてみてください。

なお、テロや軍事クーデター未遂など、治安面における不安は拭い切れないため、イスタンブールを訪問する際には十分注意してください。