イスタンブールのブランド店街チェック!注目の買い物スポットとは?

トルコ・イスタンブールのトプカプ宮殿イスタンブール

トルコ最大の都市「イスタンブール」でブランド店巡りをしませんか?

2000年以降の経済成長を受けてイスタンブールにもブランド店街が形成されています。

また、政情不安や対米関係の悪化等でトルコリラの価格が下落しており、日本人にとってはお得に買い物を楽しむチャンスになっています。今回はイスタンブールのブランド店街について紹介します。ぜひ観光の参考にしてください。

スポンサーリンク

イスタンブールのブランド店街について

イスタンブールのブランド店街は、新市街のニシャンタシュ地区に位置するアブディ・イペクチ通り(Abdi İpekçi Caddesi)がメイン。また、アジア側にもシャネルなどがあるバーダット通り(Bağdat Caddesi)というブランド店街があるので、そちらについても紹介していきます。

■新市街のブランド店街

■アジア側のブランド店街

新市街のブランド店街

1.アブディ・イペクチ通り(Abdi İpekçi Caddesi)

新市街に位置する全長約700メートルの通り。メトロM2線のオスマンベイ(Osmanbey)駅から徒歩7分の立地にあるため、交通アクセスの良い場所にあると言えます。

国内外のセレブが集まる場所でもあり、近くにはザ・リッツ・カールトン・イスタンブール(The Ritz-Carlton,Istanbul)、グランド・ハイアット・イスタンブール(Grand Hyatt Istanbul)、ヒルトン・イスタンブール・ボスポラス(Hilton Istanbul Bosphorus)などの5つ星ホテルもあります。

■ここがおすすめポイント!

シャネル、エルメス、ルイ・ヴィトン、プラダなど主要ブランドが揃っており、ブティックは充実していると言えます。また、「Develi Nişantaşı」や「Kırıntı」など人気レストランに加え、カフェなども充実しており、昼食や休憩ポイントとしてもおすすめです。

■注意点

シャネルとエルメスのブティックについては、その他ブランドのブティックと少し距離があります。また、観光ついでにタクスィム(Taksim)広場やドルマバフチェ宮殿(Dolmabahçe Sarayı)側から行くと上り坂になるので注意が必要です。

最寄り駅:地下鉄M2号線「Osmanbey」駅から徒歩7分(地図
ブランド一覧
・ALEXANDER McQUEEN
・Berluti
・CHANEL
・Christian Louboutin
・Ermenegildo Zegna
・ESCADA
・GUCCI
・HERMÈS
・KARL LAGERFELD
・LOUIS VUITTON
・MONTBLANC
・OFFICINE PANERAI
・OMEGA
・PRADA
・ROLEX
・Salvatore Ferragamo
・STEFANO RICCI
・TOD’S
スポンサーリンク

2.アルトゥン通り(Altın Sokak)

アブディ・イペクチ通り(Abdi İpekçi Caddesi)から横に伸びる全長約70メートルの短い通り。

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)、ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)など世界の名立たる高級腕時計メーカーのブティックがあります。記事執筆当時はIWC・シャフハウゼン(IWC Schaffhausen)、ユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN)のブティックもありましたが、現在は閉鎖されています。

最寄り駅:地下鉄M2号線「Osmanbey」駅から徒歩10分(地図

3.ザ・セント・レジス・イスタンブール(The St. Regis Istanbul)

アブディ・イペクチ通り沿いに位置する5つ星ホテル。オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet)、ショパール(Chopard)、パテック・フィリップ(PATEK PHILIPPE)、リシャール・ミル(RICHARD MILLE)などのブティックが入っています。

なお、上記(アブディ・イペクチ通り)で挙げたアレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のブティックもこちらのホテルに位置しています。

最寄り駅:地下鉄M2号線「Osmanbey」駅から徒歩14分(地図

アジア側のブランド店街

4.バーダット通り(Bağdat Caddesi)

オスマン帝国時代に貿易、軍事目的などで利用された歴史ある通り。通りの名前は1638年にスルタン・ムラト4世(Sultan Murad IV)がイラク・バグダード(バグダッド)を奪還したことに由来しています。全長約14キロの長い通りですが、メインはシャネルからゴズテペ・60. イル公園(Göztepe 60. Yıl Parkı)までの約2.7キロになります。休日になると若者を中心に賑わいをみせています。

ブランドについては、シャネルやルイ・ヴィトン、ディーゼルのほか、ファストファッション系ブランドが多く、トルコの高級ブランド「ワッコ(Vakko)」の店舗もあります。そのほか、トルコ料理のレストランやカフェ、英小売大手マークス&スペンサー(Marks & Spencer)、メルセデス・ベンツ(Mercedes-benz)のディーラーなどもあります。

最寄り駅:メトロM4線「Bostancı」駅から徒歩30分、カドゥキョイからドルムシュ(乗り合いタクシー)利用(地図

最後に

新市街の高級ブランド店街は坂道である点がマイナスポイントですが、新市街の観光の中心地であるタクスィム広場(Taksim Meydanı)にも近く、観光地としても押さえておきたいポイントだと言えます。

アジア側のバーダット通り(Bağdat Caddesi)については、アクセスがあまり良くないため、時間に余裕がある人は訪れてみてください。

なお、テロや軍事クーデター未遂など、治安面における不安は拭い切れないため、イスタンブールを訪問する際には十分注意してください。

※各ブランドのブティックの場所は以下のグーグルマップ(青色)にまとめています。