タイ・バンコクの平均気温、降水量で注意すべき点とは?【気候情報】

【タイ・バンコクの平均気温、降水量をチェックしよう】

今回はタイの首都「バンコク」の気候について紹介します。

バンコクはスコールなど雨が多い印象ですが、実際はどうなのでしょうか。

平均気温や降水量のグラフ、気候の特徴などを紹介しますので、ぜひ旅行計画の参考にしてください!

目次
バンコクの気候について
バンコクの平均気温
バンコクの平均降水量
服装について
気になるベストシーズンとは?

バンコクの気候について

バンコクはケッペン気候区分のサバナ気候に属し、5〜10月が雨季、11〜2月が乾季、3〜4月は暑季になります。

平均最高気温は33℃前後になりますが、4〜5月は36℃と暑さが際立っています。平均最低気温は24〜28℃のレンジで推移しています。

1年を通して高温多湿になり、相対湿度は年平均で78%、5〜11月は80%台、12〜4月は70%台になります。

■平均降水日数

雨季になる5〜10月の降水日数が多く、5〜6月は16日、7・10月は17日、8月は19日、9月は21日程度になります。

乾季、暑季の平均降水日数は少なく、11月は5日、12〜1月は1日、2月は2日、3月は3日、4月は6日程度になります。

■平均日照時間

月平均の日照時間は6〜10月が150時間以上、11〜5月が200時間以上になります。

ヨーロッパなどでは日照時間が300時間を超えるシーズンがありますが、日の出・日の入り時刻の関係などにより、バンコクは乾季でも日照時間は200時間台になっています。

日の出、日の入り時刻、月平均日照時間

以下は日の出、日の入り時刻、月平均日照時間になりますが、その年や日によって変動するため、参考値としてご覧ください。

日の出 日の入り 日照時間
1月 6時45分 18時10分 272時間
2月 6時40分 18時25分 251時間
3月 6時25分 18時30分 269時間
4月 6時05分 18時30分 258時間
5月 5時50分 18時35分 217時間
6月 5時50分 18時45分 177時間
7月 6時00分 18時50分 170時間
8月 6時05分 18時40分 161時間
9月 6時05分 18時20分 156時間
10月 6時10分 18時00分 198時間
11月 6時20分 17時50分 234時間
12月 6時35分 17時55分 263時間

バンコクの平均気温

バンコクの平均最高・最低気温(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。

【平均気温のポイント】

平均最高気温は1年を通して30℃台になり、4〜5月は36℃台、3・8・11月は34℃台と厳しい暑さになっています。暑季は名前の通り暑く、40℃を記録する日もあります。

なお、平均最低気温は3〜11月は27℃前後、12〜2月は24℃前後になります。

バンコクの平均降水量

バンコクの平均降水量(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。

【平均降水量のポイント】

雨季になる6〜10月の降水量が多く、乾季・暑季に降水量が少なくなっています。

2016年6月の降水量は460ミリで、東京の約3倍の雨量を記録しています。8〜10月も東京より降水量が多く、特にスコールなどに注意が必要になります。

なお、乾季・暑季の2〜4月、11〜12月の降水量は30ミリ程度になっており、気になる雨量ではありません。

服装について

こちらでは月別に半袖系、長袖系、ジャケット系、コート系の4つに分けて、旅行する際のおすすめの服装を紹介していきます。

1日の温度差や気候状況により、最適な服装が異なる場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

1年を通して半袖・短パンが基本的なスタイルになります。ただし、レストランなど建物内はエアコンが効き過ぎている場合もあり、特に女性はシャツなどの上着を持っておくと安心です。

なお、王宮や宮殿、寺院などは、短パンや丈の短いスカートなど肌を露出した格好では入場できません。破れたジーンズもNGになる場所があります。訪問予定のある方は薄手のシャツやチノパン等を持っていくようにしてください。

半袖系 長袖系 ジャケット系 コート系
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月  ◎
11月
12月

※◎=最適、=出番あり、△=持っていると安心

気になるベストシーズンとは?

乾季になる12〜2月がおすすめしたいベストシーズンになります。

平均気温が比較的低いこと、降水量が少ないこと、日照時間が長いことを考慮しています。

雨の多い時期は建物内の観光がメインになり、しっかりとバンコクの街を楽しむには乾季が適しています。

4〜10月は暑季、雨季のため、気象条件の悪さからおすすめシーズンからは除外しています。

まとめ

今回のバンコクの記事で押さえておきたいポイントは以下の通りです。

・乾季の12〜2月がベストシーズン(平均気温、降水量、日照時間を考慮)

・平均最高気温は1年を通して30℃台、暑季(4月前後)は高温に注意

・6月の降水量は東京の3倍!雨季(5〜10月)の降水量には要注意

雨季は特に東南アジア特有のスコールに見舞われることがあります。私が滞在していた際も夕方以降になると毎日のようにスコールになっていました。

スコールの時は嫌な気持ちにならず、食事や休憩をする時間だと思い、気長に待ってみましょう。それがきっと良い思い出にもつながると思います。