【気候】コロンビア・ボゴタの平均気温、降水量をチェックしよう!

【ボゴタの平均気温、降水量をチェックしよう】

コロンビアの首都「ボゴタ」は直行便がなく、訪問ハードルは高いと言えます。

そのため、旅行を計画する前に、現地の平均気温、降水量はぜひともチェックしておきたいところです。

今回は平均気温や降水量のグラフ、気候の特徴などを紹介しますので、旅行計画の参考にしてみてください!

目次
ボゴタの気候について
ボゴタの平均気温
ボゴタの平均降水量
服装について
気になるベストシーズンとは?

ボゴタの気候について

ボゴタは西岸海洋性気候(ケッペンCfb)になります。

標高2600メートルに位置しており、年間の平均気温は14℃前後で安定しています。

雨季と乾季が交互にくる特徴があり、雨季は3〜4月、9〜11月で、乾季は5〜8月、12〜2月になります。

高地に位置しているため、年間200日以上は霧が発生するほか、乾季でも突然天気が変わることも多々あります。

私は乾季である6月に滞在していましたが、滞在中の天気は良好でした。※モンセラーテの丘を登った際にスコール的な雨が降ったことを除きます。

ボゴタの平均気温

ボゴタの平均最高・最低気温(グラフ)

※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータ(2016年)を基に筆者作成。

【平均気温のポイント】

上記の通り平均気温は年間の平均気温は14℃前後で安定しています。

2016年の最高気温は17℃〜22℃程度、最低気温は6℃〜10℃程度になっています。

1月は平均最高気温が22℃ですが、平均最低気温は6.4℃になっており、1日の気温差が15.6℃にもなります。

高地であるため、日中と日没後の気温差には注意してください。

ボゴタの平均降水量

ボゴタの平均降水量(グラフ)

※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータ(2016年)を基に筆者作成。

【平均降水量のポイント】

3〜4月(5月途中も含む)、9〜11月が雨季になりますが、東京の平均降水量を上回っているのは10〜11月のみになっています。

全体的な降水量は東京よりも少なく、降水量は特に気にすることはないと言えます。

その一方、山の天気は変わりやすいことで有名ですが、ボゴタは標高2600メートルに位置しているため、天気は変わりやすいといった印象を持ちました。

登山中の突然のスコール、30分ほど大雨が降った後、虹が出るといったこともありました。

ウインドブレーカーを着てちょうどいい気温でもありますので、雨対策をした衣服で観光すれば一石二鳥になりますよ。

日の出、日の入り時刻、月平均日照時間

以下は日の出、日の入り時刻、月平均日照時間になりますが、その年や日によって変動するため、参考値としてご覧ください。

日の出 日の入り 日照時間
1月 6時05分 18時00分 151時間
2月 6時10分 18時10分 104時間
3月 6時05分 18時05分 95時間
4月 5時50分 18時05分 67時間
5月 5時45分 18時05分 59時間
6月 5時45分 18時10分 74時間
7月 5時50分 18時15分 84時間
8月 5時55分 18時10分 84時間
9月 5時45分 17時55分 83時間
10月 5時40分 17時45分 84時間
11月 5時45分 17時40分 86時間
12月 5時55分 17時50分 106時間

服装について

旅行をする際の服装について、月別に半袖系、長袖系、ジャケット系、コート系の4つに分けておすすめの服装を紹介していきます。

温度差の大きさから日中、日没後で最適な服装が異なる場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

私が滞在した6月はTシャツ、長袖シャツ、ウインドブレーカー、ジーパンで快適に過ごすことができました。

※平均気温が14℃前後のため、長袖系(ウインドブレーカーなど)が1年を通して適しています。女性の場合は薄手ではなく、比較的しっかりしたウインドブレーカーの方がいいかもしれません。

深夜に出歩く場合はコート類が必要になる場合もありますが、ボゴタは深夜に出歩く場所ではないため、今回は日中のみ出歩くことを考慮しています。

半袖系 長袖系 ジャケット系 コート系
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

※◎=最適、=出番あり、△=持っていると安心

気になるベストシーズンとは?

乾季になる5〜8月、12〜2月がベストシーズンになります。

ただ、雨季についても東京より降水量が少ない場合があるため、普通に観光を楽しむことは可能です。

平均気温は14℃前後で安定しているため、滞在時期については降水量で判断すれば問題ありません。

まとめ

ボゴタは標高2600メートルの高地にあるため、気温は比較的安定していると言えます。

そのため、降水量を考慮し、乾季になる5〜8月、12〜2月に滞在されることをおすすめします。

服装については1年を通して防水効果のあるウインドブレーカーが基本になります。

ジャケットでも問題はありませんが、ボゴタということもあり、小綺麗な格好はおすすめしません。黒・グレーなど地味な色のウインドブレーカーを選ぶようにしてください。

※地味な服にすることで、犯罪のターゲットになる確率を下げることができます。

ぜひ、上記の平均気温、降水量情報などを参考にして頂き、ボゴタ観光を楽しんでください!

■気になるボゴタの治安情報はこちらでチェック!

コロンビア・ボゴタの治安を一刀両断!ホテルは新市街一択
コロンビアの首都ボゴタは危険地帯なのか?!観光で得た経験や現地の人による情報から記事を作成。旧市街の注意地帯も地図でしっかりカバー!強盗に遭遇した場合の対処法も解説。ホテルに泊まるなら新市街一択、その理由とは?

■ボゴタのおすすめ観光スポットはこちら!

ボゴタのおすすめ観光地17選!穴場の夜景スポットとは?
コロンビアの首都「ボゴタ」のおすすめ観光地17選!夜景を見渡せる絶好の穴場スポットとは?モンセラーテの丘には歩いて登れるのか?ボリーバル広場や黄金博物館など定番スポットもしっかり掲載。フリーマーケット情報も!