【気候】メキシコ・カンクン近郊の平均気温、降水量とは?

【カンクン近郊の平均気温、降水量をチェックしよう】

メキシコ・カンクン旅行を計画する前に、現地の平均気温、降水量はチェックしておきたい項目です。

平均気温、降水量のグラフ、気候の特徴などを紹介しますので、旅行計画の参考にしてみてください!

※カンクンの気象データが取得できなかったため、チチェン・イツァ遺跡近くの都市「バヤドリド」のデータを使用しています。

目次
カンクンの気候について
カンクン近郊の平均気温
カンクン近郊の平均降水量
服装について
気になるベストシーズンとは?

カンクンの気候について

カンクンは熱帯気候であり、一年中暖かいのが特徴です。

11〜3月頃が乾季となり、観光に適したシーズンと言えます。11〜2月にかけて若干気温が下がり、その他シーズンと比較して過ごしやすくなります。

6〜10月頃がハリケーンシーズン(雨季)になります。いつもハリケーンが来るわけではありませんが、熱帯地域特有のスコールには注意が必要です。そのため、雨具などを持参しておくと安心して観光を楽しむことができます。

※日中は半袖・半ズボンのスタイルが基本になりますが、紫外線が強いので日焼け対策を万全にしておくことをおすすめします。

【湿度情報】

湿度は1年を通して70%を超える日が多く、90%以上になる日も珍しくありません。

乾季シーズンも湿度はあまり下がりません。日本以上に蒸し暑く感じることが多く、雨季・乾季問わず日中出歩く場合は水分補給を随時行ってください。

日の出、日の入り時刻、月平均日照時間

以下は日の出、日の入り時刻、月平均日照時間(1ヵ月合計)になりますが、その年や日によって変動するため、参考値としてご覧ください。

日の出 日の入り 日照時間
1月 6時30分 17時35分 224時間
2月 6時20分 17時50分 242時間
3月 6時00分 18時00分 272時間
4月 5時35分 18時10分 259時間
5月 5時15分 18時25分 251時間
6月 5時15分 18時35分 229時間
7月 5時20分 18時35分 223時間
8月 5時30分 18時20分 223時間
9月 5時40分 17時55分 203時間
10月 5時50分 17時30分 233時間
11月 6時05分 17時10分 209時間
12月 6時20分 17時15分 210時間

カンクン近郊の平均気温

カンクン近郊の気温

※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。※カンクン近郊にあるバヤドリド(Valladolid)のデータを使用。

【平均気温のポイント】

12 〜2月は平均気温が24℃前後、5〜10月は28℃前後になります。

4〜9月は最高気温が35℃を超える日が多くなるため、外出の際は熱中症などに注意してください。

その一方、11〜2月については、日没後に気温が下がるため、薄手のシャツを持っておくと安心です。※昼食時にレストランに入る場合も同様です。

カンクン近郊の平均降水量

カンクン近郊の平均降水量

※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。※カンクン近郊にあるバヤドリド(Valladolid)のデータを使用。

【平均降水量のポイント】

6〜10月までがハリケーンシーズン(雨季)になるため、降水量が多くなっています。

ただ、東京と比較した場合、9月のみ平均降水量が上回っているため、日本人にとっては気になるほどの降水量ではないと言えます。

11〜3月頃は乾季になるため、データ上でも降水量が少ないことが分かります。

なお、年間約115日雨が降ると言われており、特に雨季はスコールにも注意が必要になります。私が滞在していた際もスコールに遭遇しましたので、晴れている場合でも遠出をする際は雨具を持っておくと安心です。

服装について

旅行をする際の服装について、月別に半袖系、長袖系、ジャケット系、コート系の4つに分けておすすめの服装を紹介していきます。

温度差の大きさから日中、日没後で最適な服装が異なる場合がありますので、あくまで目安として参考にしてください。

※レストランなど室内が冷えている場合があり、4〜9月でも長袖のシャツを1枚持っておくと安心です。

半袖系 長袖系 ジャケット系 コート系
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

※◎=最適、=出番あり、△=持っていると安心

気になるベストシーズンとは?

気温が若干下がり、乾季になる11〜2月頃がベストシーズンになります。

ただし、それでも日中は暑く、室外で快適に過ごせる気候ではありません。蒸し暑さも含めてカンクンの美しい海を楽しむといいでしょう。

私は雨季に訪れましたが、ハリケーンに遭遇することはありませんでした。ハリケーンについては念のため注意が必要になりますが、過度に神経質になることもないと思います。

まとめ

カンクンは日本以上の蒸し暑さに驚かされた都市でした。

外出時はできるだけ薄着(半袖・半ズボン、サンダル)をして、室内に入る際には長袖のシャツを着るといったことで調節すれば、快適に過ごすことができますよ。

ぜひ、上記の気温、降水量情報を参考にして頂き、メキシコの人気リゾート地「カンクン」観光を楽しんでください!

■カンクンのおすすめ観光地はこちら!

世界遺産から穴場スポットまで!カンクンのおすすめ観光地9選
【メキシコ・カンクンのおすすめ観光地を写真とともに紹介!】 ホテルゾーンだけではなく、世界遺産に登録されているチチェン・イツァ遺跡などのマヤ文明の遺跡群、ダウンタウ...

■カンクンのおすすめ買い物スポットはこちらをチェック!

カンクンのおすすめ買い物スポット8選!高級ブランドから民芸品まで
【カンクンでショッピングを楽しもう!】 今回は多くの観光客が訪れるホテルゾーンを中心に、メキシコ・カンクンのおすすめ買い物スポットを8カ所紹介します。 ルイ・...