ダウンタウンの物価は格安!メキシコ・カンクンの旅カルテ

旅の通知表「旅カルテ」!

今回はメキシコ・カンクンを独自に評価します!

美しい海が広がるカンクンは、アメリカを中心に多くの観光客が訪れている今注目のリゾート地です。

世界一周の経験をもとに物価や治安を評価しているほか、平均気温や降水量も記載していますので、カンクン旅行を計画する際の参考にしてみてください!

メキシコ・カンクン観光の旅カルテ

評価項目 5段階評価
おすすめ度 ★★★
治安 ★★★
物価 ★★★
街並み ★★
交通機関 ★★
英語力 ★★
美女・イケメン比率 ★★
日本車比率 ★★

カンクン近郊の気温と降水量

カンクン近郊の気温

カンクン近郊の平均降水量
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)のデータを基に筆者作成。※カンクン近郊にあるバヤドリド(Valladolid)のデータを使用。

ベストシーズンとは?

乾季になる11~4月がベストシーズンです。

降水量も少なく、気温的にも過ごしやすい季節になります。雨季は気温も高く、湿度も高いため、日本より蒸し暑く感じることもあります。

なお、2016年5月は月平均最高気温が38.6℃、月平均最低気温は24.6℃となり、1日の温度差が14℃になっています。

1年を通して寒暖の差が10℃以上になる場合が多いので、体調管理には注意してください。

■詳しい気候、日の出・日の入り情報はこちらをチェック!

【気候】メキシコ・カンクン近郊の平均気温、降水量とは?
【カンクン近郊の平均気温、降水量をチェックしよう】 メキシコ・カンクン旅行を計画する前に、現地の平均気温、降水量はチェックしておきたい項目です。 平均気温、降...

メキシコ・カンクン観光のポイント解説

おすすめ度:★★★

透明度の高い海水、白い砂浜など、有名なリゾート地とあって海はとてもきれいです。

また、近郊には世界遺産に登録されているマヤ文明の遺跡「チチェン・イツァ(Chichien Itza)」などもあり、海のアクティビティと歴史観光を合わせて行える点が高ポイント。

ただ、遺跡群については、大部分が修復されていたこと、入り口付近の物売りの多さなどに幻滅したこともあり、やや満足度に欠けるものではありました。

そのため、カンクンは1週間程度、海のアクティビティやホテルゾーンでゆっくり過ごす方が得策であり、新婚旅行のハネムーンなどにはおすすめできる場所という印象を持ちました。

なお、メキシコの雰囲気を感じたい人は、ダウンタウン・カンクンに宿泊することをおすすめします。

メルカド(市場)や屋外のフードコートなどがあり、メキシコ関連のお土産やメキシコ料理を味わうことができ、現地感をより満喫できるはずです。

カンクンはリゾート目的であればおすすめできる都市ですが、街並みや遺跡群を期待する人にはあまりおすすめはできません。

メキシコ・カンクンのホテルゾーンのビーチ

カンクンの治安:★★★

メキシコと聞くと麻薬やギャング、誘拐など良いイメージは抱きづらいですが、カンクンの治安は良好でした。

ホテルゾーンは外国人観光客を中心に賑わっているほか、ダウンタウン・カンクンの一部では現地の人で遅くまで賑わっている場所もあります。そのため、夜間に出歩いた際も、特に治安面で問題を感じるような場面には遭遇しませんでした。

しかし、深夜に1人行動しない、人のいない路地を通らないなど最低限の安全対策を行った結果であり、女性単独の夜間行動はおすすめできません。

個人的には星4つの評価ですが、カンクンでも場所によること、メキシコという立地もあり、注意を促す意味で星3つとしています。

カンクンの物価:★★★

日本と比較して物価は安いです。

特にダウンタウン・カンクンでは、水(600ml)は日本円で30~50円程度で購入でき、ジュースも70円ほどで購入できます。飲食費を節約したいなら、ダウンタウン・カンクンがおすすめです。

また、ホテルについても、ダウンタウン・カンクンでは3000円台から4つ星ホテルのシングルルームに泊まることができます。

ただし、カンクンはリゾート地のため、ホテルゾーンなどでは物価が高くなる点に注意してください。ホテル代を含め、ダウンタウンとはかなり異なります。

ホテルゾーンの4つ星ホテルは1万5000円台くらいから宿泊できる場所もありますが、多くは1泊2万円以上になります。カンクンのホテル代はこちらから

なお、コンビニ(OXOX)で購入したビールやカップヌードルの値段などをリストにしていますので、参考にしてみてください。

物価目安
水(600ml) 5~8メキシコペソ
ビール1本 7メキシコペソ台
カップヌードル 11メキシコペソ台
ポテトチップス 16メキシコペソ台
屋台のタコス(1つ) 20メキシコペソ
レストラン(ホテルゾーン) 500メキシコペソ前後
レストラン(ダウンタウン) 100メキシコペソ前後
4つ星ホテル(ホテルゾーン) 1万5000円台~
4つ星ホテル(ダウンタウン) 3000~5000円台

※1メキシコペソ=5.94円(2017年11月4日現在)

cancun-dish
※上記以外にも、スパイシーなスープ、トルティーヤ、コーラ付きで100メキシコペソ(ダウンタウン・カンクン)

チチェン・イツァ遺跡へのツアー代について

スペイン語・英語のツアーは30~100米ドルくらいと料金の幅は広くなっています。また、メキシコペソではなく、米ドルで支払えるケースも多くあります。

■基本的なツアーの流れ

ホテルを出発(朝7時)⇒遺跡(お土産屋)⇒昼食(ビュッフェ形式)⇒遺跡(セノーテ)⇒ホテルに到着(夕方18時頃)。※ツアーによって前後あり。

主な違いは、バスのグレード(リムジンバス or バン)、ビュッフェの内容、セノーテが1つか2つ、といったところです。

■ツアー参加の注意点

遺跡内やセノーテ見学では自由時間があります。そのため、添乗員と「いつ・どこに集合」するかといった大切なコミュニケーションが取れないと、置いていかれたりするリスクがある点には注意が必要です。

■安いツアーは必要最低限のサービス

私は70米ドル、40米ドルのツアーに参加しましたが、40米ドルの方が満足度は高かったです。

70米ドルの方は観光客向けのお土産屋に連れていかれ、うるさい添乗員が乗客をいじり(寝るといじられます)、散々でした。

40米ドルの方は無駄なことはしない、ただ必要最低限のサービスを提供するといったスタンスでした。

なお、英語、スペイン語に自信のない人は日本語ツアーに参加することをおすすめします。

※トゥルム(Tulum)遺跡、コバ(Coba)遺跡についても上記の内容とほぼ同様になります。

メキシコ・カンクン近郊にあるチチェン・イツァ遺跡

街並み:★★

海やマングローブがきれいな点は高ポイントですが、街並みという観点では魅力はありません。

ダウンタウン・カンクンもメルカド(市場)などメキシコっぽさを味わえるところもありますが、基本的には写真のような殺風景が広がっています。リゾート地ということもあり、あくまで自然を楽しむという場所になります。

■カンクンの街並みは世界トリップ写真館でチェック!

【世界トリップ写真館】メキシコ・カンクン編
世界一周で巡ったメキシコ・カンクンの写真を公開! チチェン・イツァ遺跡(Chichen Itza)などマヤ文明の遺跡群に加え、ダウンタウン・カンクンの写真を中心に...

メキシコのダウンタウン・カンクンの景色

交通機関:★★

地下鉄など電車がなく、主要交通手段はバス、タクシーになるため、交通は不便と言わざる得ません。

また、バスはとても混雑しています。朝はダウンタウン・カンクンからホテルゾーン行き、夕方からはホテルゾーンからダウンタウン・カンクン行きが特に混雑しています。

混雑しているため、バスに乗れないこともしばしばあり、交通面での不便さを感じたので星は2つとしています。

ホテルゾーンからダウンタウン・カンクンへの移動手段(約10km)
バス 8.5メキシコペソ(一律)
タクシー 200メキシコペソ前後(片道)
徒歩 無料(2時間以上)

メキシコ・カンクンのバス

英語力:★★

米国からの旅行者が多いことから、ホテルやツアーでは英語が通じる場合が多いです。

ただ、ダウンタウン・カンクン(レストランなど)ではあまり英語が通じませんでした。

重要な部分では英語が通じるため問題はないですが、現地の人とコミュニケーションを取りたいならスペイン語一択になります。

美女・イケメン率:★★

残念ながら美女、イケメンにはほとんど出会うことはありませんでした(観光客を除く)。スタイルでいえば、ずんぐりむっくりな人が多い印象です。

現地の人は男女とも身長が低く、176cmの私が巨人に感じるくらいでした。

日本車比率:★★

日本車比率は高くないですが、日本車の中では日産の強さが目立っていました。

タクシーも日産車が多く、メキシコに工場があることなどが要因になっているのかもしれません。

全体的には欧米車の比率が高く感じ、日本車については今後の展開に期待といった状況です。

まとめ

カンクンとは、“優雅にきれいな海を楽しむ場所”、これが実際に行ってみた感想です。

しかし、遺跡群にも一度行ってみることをおすすめします。ツアーに参加する場合は、空港ロビーでは予約せず、安価で予約できるホテルや街のツアーセンターで予約することをおすすめします。

なお、チチェン・イツァのピラミッドに向かって手を叩くと音が反響するので、滞在中はそのような発見も楽しんでみてください。

最後に宿泊地については、リゾート目的ならホテルゾーン、メキシコのムードを味わいたいならダウンタウン・カンクンを選べば、それぞれの良さを楽しむことができると思います。

■近郊の世界遺産などカンクンのおすすめ観光スポットはこちら!

世界遺産から穴場スポットまで!カンクンのおすすめ観光地9選
【メキシコ・カンクンのおすすめ観光地を写真とともに紹介!】 ホテルゾーンだけではなく、世界遺産に登録されているチチェン・イツァ遺跡などのマヤ文明の遺跡群、ダウンタウ...

■カンクンのおすすめ買い物スポットはこちら!

カンクンのおすすめ買い物スポット8選!高級ブランドから民芸品まで
【カンクンでショッピングを楽しもう!】 今回は多くの観光客が訪れるホテルゾーンを中心に、メキシコ・カンクンのおすすめ買い物スポットを8カ所紹介します。 ルイ・...