【世界トリップ写真館】スペイン・マラガ編

世界一周で巡ったスペイン南部の都市「マラガ」の写真を公開!

マラガ港周辺の美しい景色、旧市街の狭く趣きのある路地が最大の見所です。

特に旧市街については多くの写真を掲載していますので、ぜひマラガ観光の参考にしてください。

世界トリップ写真館【マラガ】

マラガのマラゲータ闘牛場(Plaza de toros de La Malagueta)
ヒブラルファロ城に向かう道から撮影(市庁舎方面)
ヒブラルファロ城に向かう道から撮影(旧市街方面)
マラガ砦(Alcazaba de Malaga)
マラガ砦付近の通路(雨の日は要注意)
マラガ砦のトンネル
マラガ砦、ローマ劇場の入口
スペイン・マラガのローマ劇場(Teatro Romano de Malaga)
三美神の噴水付近
マラガ港
マラガ港(Puerto de Malaga)
マラガ港で見た魚の群れ
マラガ港
マラガ港(Paseo del Muelle Dos)
マラガ港(Puerto de Malaga)
Centre Pompidou Malaga付近
マラガ灯台(La Farola de Malaga)
マラガのマラゲータ海岸(Playa de la Malagueta)
マラガ・ピカソ美術館(Museo Picasso Malaga)
マラガのメルセー広場(Plaza de la Merced)
サン・ファン・デ・レトラン通り
マルケス・デ・ラリオス通り
マルケス・デ・ラリオス通り
マラガのマルケス・デ・ラリオス通り(Calle Marques de Larios)
マヌエル・ドミンゴ・ラリオス(1836~1895年)の銅像付近
マリーナ広場(カテドラル方向)
マリーナ広場
スペインのマラガ市庁舎(Ayuntamiento de Malaga)
マラガ公園(Parque de Malaga)
スペインのマラガ大聖堂(Catedral de la Encarnacion de Malaga)
マラガのカテドラル(Catedral de la Encarnacion de Malaga)
サンタ・マリア通り
サンタ・マリア通り
憲法広場
エスペセリア通り
マルケス通り
サン・フアン・バティスタ教会付近
サン・ファン通り
アンドレス・ぺレス通り
セルバンテス劇場
シグロ広場
カルデレリア通り
ウンシバイ広場
カサパルマ通り
グラナドス通り
マラガ・マリア・サンブラーノ駅
マラガ・マリア・サンブラーノ駅の構内
マラガ・マリア・サンブラーノ駅
マラガ・マリア・サンブラーノ駅付近
エクスプラナダ・デ・ラ・エスタシオン通り
サリトレ通り
グアダルメディナ川
マヌエル・アグスティン・エレディア通り
マヌエル・アグスティン・エレディア通り
コルドバ通り
カサス・デ・カンポス通り
アラメダ・プリンシパル(通り)
アラメダ・プリンシパルの花屋さん
マラガのアタラサナス中央市場(Mercado Central de Atarazanas)
モレノ・カルボネロ通り
カレテリア通り
エスペランサ橋から撮影

写真はヒブラルファロ城周辺から撮影したマラガの景色から始まり、マラガ砦やローマ劇場などの遺跡群、マラガ港周辺の景色を掲載しています。

ローマ劇場横の道からヒブラルファロ城に向かうことができ、マラガの景色を一望できること、人の少なさからもおすすめできる観光コースです。ただし、足元が滑りやすいため、雨の日は特に注意が必要になります。

マラガ港周囲にはショップや雰囲気のいいレストランがあり、夕食を食べに行く場所として押さえておくといいと思います。

続いて、ピカソ美術館からは旧市街の街並みを掲載しています。メインストリートのマルケス・デ・ラリオス通り、大通りのアラメダ・プリンシパルのほか、南欧の旧市街特有の狭い路地はここマラガでも見ることができ、味わい深い通りを散策することがマラガ観光の醍醐味と言えます。

そのほか、マラガ・マリア・サンブラーノ駅周辺、マヌエル・アグスティン・エレディア通り周辺、アタラサナス中央市場周辺の写真を掲載しています。

まとめ

マラガは天才画家「パブロ・ピカソ(Pablo Picasso、1881~1973年)」が生まれた場所として知られ、ヨーロッパ各地からリゾート目的で多くの人が訪れています。

日本人にあまり馴染みのある都市ではないですが、旧市街やマラガ港周辺は散策するだけで満足度が得られる魅力的な場所になっています。また、観光地がコンパクトにまとまっている点でも、観光がしやすい都市と言えます。そのため、滞在期間は2、3日で十分です。

スペイン周遊の際はぜひマラガも検討してみてください。