島武意海岸の見所は屏風岩?展望台から見た景色や行き方は?

島武意海岸の看板小樽・積丹

芦屋雁之助演じる山下清も見た絶景!

島武意海岸の見所は屛風岩だった?入口のトンネルがわくわく感を演出!展望台から見た絶景とは?筆者が気になったマナー違反って?小樽駅からバスを利用した行き方、運賃なども紹介しています!

今回は筆者が撮影した写真を中心に、島武意海岸の魅力についてお伝えします。最寄りのバス停から海岸までの行き方、海岸から見た景色の写真も掲載しています。小樽・積丹観光を計画される方はぜひ参考にしてください。

なお、その他積丹ブルーの絶景スポットは以下の記事をご覧ください。

小樽からバスで行く、積丹ブルーの絶景ベスト3!
北海道の絶景「積丹ブルー」を満喫しませんか?小樽市から気軽にバスで行くことができる絶景スポットを紹介!296メートルの山から見下ろす積丹ブルー、海岸線の景色とは?人気スポット「神威岬」のおすすめポイントは?運賃や所要時間なども掲載しています!
スポンサーリンク

島武意海岸とは?

島武意海岸は北海道積丹郡積丹町入舸町に位置し、「日本の渚百選」に選ばれている海岸です。ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にあり、積丹ブルーや屛風岩を見ることが出来る絶景スポットとして人気の観光地になります。

駐車場はもちろん、海岸に下ることの出来る遊歩道も整備されています。バス停「島武意海岸入口」があるため、小樽駅や神威岬方面からバスで行くことも出来ます。筆者が訪問した際は通行止めになっていましたが、源義経伝説が残る「女郎子岩」もこちらの海岸にあります。

小樽から島武意海岸へ

これから小樽中心部からバスを利用した行き方、筆者が撮影した写真などを紹介していきます。以下のグーグルマップも合わせて参考にしてください。

スポンサーリンク

小樽駅バスターミナルから島武意海岸へ

■小樽駅バスターミナル

小樽駅の中央バス乗り場

小樽駅バスターミナルの5番乗り場「余市・積丹」方面のバスに乗車。出発時刻は夏ダイヤと冬ダイヤで異なるため、最新情報を公式ホームページなどで確認するようにしてください。

■バス停「島武意海岸入口」付近

バス停「島武意海岸入口」付近

バス停「島武意海岸入口」は入舸郵便局前に位置しています。駐車場のPマークの先にある小屋がバス停の待合室ですが、筆者が訪れた際は蜂が出入りしていたので利用される方は注意してください。

なお、小樽駅バスターミナルからの乗車時間は約1時間50分、運賃は1590円(片道)。運賃はSuicaやPASMOでも支払うことが出来るのでとても便利です。

※美国バス停でトイレ休憩があります。

■バス停から島武意海岸へ向かう道路

バス停から島武意海岸へ向かう道

バス停から旅館「鱗晃荘(りんこうそう)」を曲がったところから撮影。島武意海岸の入口はこちらの道をまっすぐ行ったところにあります。筆者が訪れた7月下旬は紫陽花が咲いていてとても綺麗でした。

スポンサーリンク

■駐車場付近

島武意海岸の駐車場付近

分かりづらいですが、手前はバス専用の駐車場、三角屋根の建物がある辺りが一般車の駐車場になります。駐車場にはトイレのほか、お食事処「鱗晃」などがあります。

■島武意海岸の入口

島武意海岸の入口

筆者が訪れた際は熊出没のため、積丹出岬灯台、第二展望デッキ、女郎子岩展望台に向かう道は通行止めになっていました。

■島武意海岸トンネル

島武意海岸トンネル入口

こちらのトンネルの先に島武意海岸の展望デッキがあります。

■トンネルの先にある展望デッキ

島武意海岸トンネル

スポンサーリンク

展望デッキから撮影した島武意海岸

■屛風岩と積丹ブルー

島武意海岸

島武意海岸の見所は、積丹ブルーと屏風岩になります。展望デッキからはそれらが一望でき、夏場に訪れると白い紫陽花の花も合わせて楽しむことが出来ます。

展望デッキから海岸へ

■海岸へと下る遊歩道

島武意海岸へ下る道

海岸までは5~6分で行くことができ、夏場は「神輿草」など野草の花を見ながら下ることが出来ます。ただし、アブによる「ブンブン攻撃」には注意が必要で、虫除けスプレーを携帯しておくと安心です。

■タケノコ岩方面

島武意海岸

スポンサーリンク

■遊歩道正面の海岸

島武意海岸

積丹ブルーについては、海岸で見るものより、展望デッキから見た方が綺麗です。体力に自信のない方や時間が限られている方は無理をせず、展望デッキから景色を楽しめば良いと思います。

海岸で撮影した写真

■遊歩道

島武意海岸から見た遊歩道側の景色

■タケノコ岩

島武意海岸のタケノコ岩

スポンサーリンク

■タケノコ岩付近で撮影した展望デッキ側の景色

島武意海岸

■屏風岩

島武意海岸の屛風岩

海岸から見る屛風岩は圧巻。海岸からは積丹ブルーが分かりづらいですが、そびえ立つ屛風岩の迫力は海岸に下った方が分かりやすいです。

残念だったこと

■海岸で発見した焚き火跡

焚火跡(島武意海岸)

みなさんはこのような焚き火跡を見てどのように感じますか?

島武意海岸への観光を楽しみにしていた方、自然を愛している方は憤りを感じ、残念に思われるのではないでしょうか。事実、筆者はそのように感じ、思わず写真を撮りました。

こちらの海岸は老若男女問わず訪れるため、写真の炭が燃えたまま放置されていた場合、子供が炭に触って火傷をする可能性があります。また、残された炭は動植物に悪影響を及ぼす可能性があるほか、炭の放置は廃棄物処理法違反になる可能性もあります。

なお、このようなことが頻発した場合、将来的な立ち入り禁止につながりかねません。ゴミを捨てない、周りの人に迷惑を掛けないといった最低限のルールを守れば、きっとみんなが訪れて良かったと思うようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

基本情報・滞在後記

基本情報
住所北海道積丹郡積丹町入舸町(地図
料金無料
最寄りのバス停島武意海岸入口
小樽駅バスターミナルからの乗車時間約1時間50分
運賃1590円(片道)
最寄りのバス停から展望台までの所要時間約10分
公式サイト

滞在後記

島武意海岸は近くの神威岬と比較した場合、インパクトに乏しいという印象を受けました。どちらに行くか迷っている方は、神威岬に行かれた方が良いと思います。その一方、筆者は芦屋雁之助さんが画家の山下清さんを演じたドラマ「裸の大将」が大好きで、25話「清・北の国のキューピッド」で清が見た景色と同じ景色を見ることができ、とても満足のいく訪問になりました。

そのほか、駐車場が整備され、簡単に行くことが出来るが故、マナーの悪い人が目立っていたのは残念でした。よく外国人のマナーの悪さが問題視されますが、人を見下した挑発的な言動など日本人の方がマナーの悪さが目立っているように感じます。

以上、島武意海岸への観光を計画されている方はぜひ参考にしてください。