【世界トリップ写真館】ベトナム・ホーチミン編:日立じゃなくてヒトシ?!

サイゴン川の景色 ホーチミン

世界一周で巡ったベトナム「ホーチミン」の写真を大公開!日立(HITACHI)ではなく、ヒトシ(HITOSHI)という名の電子レンジがあった?!

ホーチミン人民委員会庁舎など観光の中心地の写真に加え、普通の街並みやサイゴン川沿い、レクサスの販売店などが見所です!

ホーチミンの写真(中心地)

ホーチミン観光の中心地になる「ホーチミン人民委員会庁舎」から写真はスタートします。こちらに掲載している場所については、ホーチミン人民委員会庁舎から徒歩10分圏内になります。

■おすすめポイント

近代的なビル群とフランス植民地時代の建物群のミックスが魅力です。

ビテクスコ・フィナンシャル・タワーやベトコンバンクタワーなど近代的なビルが建ち始めている一方、ホーチミン人民委員会庁舎やサイゴン・オペラハウスなどフランス植民地時代の建物群も随所に存在しています。

■サイゴン川も絶好の散策ポイント

ホーチミンの街中を歩いていると、排気ガスで気分が悪くなることがあります。

一部サイゴン川沿いには遊歩道が整備されているため、ちょっとしたリフレッシュも兼ねてサイゴン川沿いを散策してみるのがおすすめです。

小規模のコンテナ船がゆっくりと進み、現地の人が釣りを楽しむのどかな風景はきっとホーチミン観光の思い出の1ページになるはずですよ。

ホーチミンの写真(中心地以外)

ここでは、中心地から北東に行った地域(サイゴン動植物園からミエンドンバスターミナル周辺)、南西に行った地域(Hoa Binh Park周辺)の写真を掲載しています。■中心地から北東に行った地域

目を引くような建物は少ないものの、高級アパートメントのシティ・ガーデン(City Garden)に関心が向かいました。

1カ月の家賃は1LDK(70m²)で1300米ドル。ベトナムの富裕層や外国企業の駐在員向けといったところです。豪華な物件ですが、その周辺は高級住宅地として開発されておらず、一般的なホーチミンの街並みが広がっています。ホーチミンでも広がる格差が象徴されているような場所の一つと言えます。

■中心地から南西に行った地域

「Cách Mạng Tháng Tám」から南西に行った地域になります。

こちらについても見所は皆無です。悪い意味で中途半端な街並みが広がっているほか、交通量は多く歩いていると気分が悪くなってしまいます。

唯一の収穫はレクサスのディーラーを発見したことと、ヒトシ(HITOSHI)というブランド名の電子レンジを発見したことでした。

最後に

ホーチミンは素直に中心部を散策するのがおすすめです。

上記の通り、近代的なビルとフランス植民地時代に建設された美しい建物群が魅力だと言えます。

のどかな昔っぽい街並みについては、シティガーデン周辺がおすすめです。ただし、汚い川が流れているほか、ネズミの死骸が転がっている場合があるので、衛生面に敏感な人は注意してください。