バクーのおすすめ買い物スポット5選!ヤシルバザールで人気のお茶は?

バクー
菓子類を販売する店

アゼルバイジャンの首都「バクー」で買い物をしょう!

バクーのメインストリートは女性だけで出歩いても大丈夫?バクーのブランド店街に出店しているブランドは?バクー最大の食料品マーケットは愛想の良い店主が多い?

今回はバクーのおすすめ買い物スポット5ヵ所を紹介!ショッピングストリートや清潔な無料トイレが利用できるショッピングモール、マーケットを掲載しています。ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

バクーのおすすめ買い物スポット5選

1.ニザミ通り(Nizami küçəsi)

ニザミ通りはバクー中心部に位置するショッピングストリート。通りの主要部分は歩行者天国のようになっており、多くの人が集まるバクーのメインストリートとも呼べるような場所になります。カジュアルファッション店から雑貨店、ギフトショップなどがあるほか、ファストフード店などの飲食店も多く展開されています。

■女性だけで出歩いても大丈夫?

夜も多くの人で賑わっているほか、警察官のよる巡回、防犯カメラによる監視が行われているエリアになります。そのため、女性一人でも安心して街歩きが楽しめます。

アクセス:地下鉄レッドライン「Sahil」駅から徒歩5分
スポンサーリンク

2.ネフチラル通り(Neftçilər Prospekti)

ネフチラル通りはカスピ海沿い近くに位置するブランド店街。Bottega VenetaやBrunello Cucinelli、CELINE、GUCCI、Marina Rinaldi、Salvatore Ferragamoなどのブランド店があります。なかでも、Burberry、Dolce & Gabbana、Emporio Armani、GUCCIといったブランドがキッズウェア専門店を出店している店が特徴です。通り近くにはBVLGARI、Tiffany & Co.があるほか、通り沿いには現地クチュールレーベルの「Sophie Couture」、5つ星ホテル「フォーシーズン・ホテル・バクー」もあります。

アクセス:地下鉄レッドライン「Sahil」駅から徒歩2分

3.ポート・バクー・モール(Port Baku Mall)

ポート・バクー・モールはネフチラル通り沿い、バクー中心部から東に行ったエリアにあるショッピングモール。BALENCIAGAやChloé、GIORGIO ARMANI、GIVENCY、ROLEX、TOD’S、VALENTINO、その他多くのハイブランドが入っている点が特徴。

1階がハイブランドのブティック、2階はマーク・ジェイコブスを除いてカジュアル系ブランドが多く、3階は子供服などが売られていました。筆者が確認した限りではフードコートはありませんでしたが、スターバックスなどのカフェ、その他レストランなどがある。規模は大きくありませんが、清潔感のあるトイレが無料で利用できるため、近場に来た際は立ち寄りたいモールになります。

営業時間:10:00〜22:00
住所:151 Neftçilər Prospekti, Bakı, Azərbaycan
アクセス:アクセス:地下鉄レッドライン「Sahil」駅から徒歩21分
公式サイト:https://portbakumall.az/
スポンサーリンク

4.デニス・モール(Deniz Mall)

デニス・モールはバクー中心部の南、アゼルバイジャン国立絨毯博物館近くのカスピ海沿いに位置するショッピングモール。Denizはアゼルバイジャン語で「海」という意味です。店舗はLCワイキキやスワロフスキーなど比較的手が出しやすい価格のブランドが多い印象を受けました。

3階のフードコートは、マクドナルドやバーガーキング、KFC、パパジョーンズ、ケバブ系店舗などで構成されています。旧市街から徒歩圏にありますが、昼食時でも座席は選びたい放題で混雑とは無縁といった状況でした。筆者はバーガーキングで注文しましたが、オーダー(店舗前の端末)はスムーズで、店員さんも親切でした。さらに、マクドナルドの無料WiFiがすぐに利用できることもあり、旧市街観光の後に訪れると良い思います。

なお、トイレは無料で利用でき、きちんと清掃が行われているようでした。

営業時間:10:00〜22:00
住所:26a Neftçilər Prospekti, Bakı, Azərbaycan
アクセス:地下鉄レッドライン「Icherisheher」駅から徒歩18分
公式サイト:https://denizmall.az/

5.ヤシル・バザール(Yaşıl Bazar)

ヤシル・バザールはバクー駅の北東に位置するバクー最大の食料品マーケット。野菜や果物はもちろん、ドライフルーツやお茶などが販売されています。お茶を販売していたお母さんはとても良い人で、Google翻訳で行った質問に快く応じてくれ、写真のお茶が人気だと教えてくれました。値段は220gで12マナトとそこそこします。

その一方、入口近くのドライフルーツを販売している店は押し売りをしてくる感じなので注意が必要です。以下の写真左のトルコ系菓子は500gで22マナトほどでした。そのほか、少量ですがお土産も売られていました。各店舗の店主は愛想の良い人が多く、味見も積極的にさせてくれました。いい意味で観光客にスレていない人が多く、バクー観光では押さえておきたい場所だと思います。

営業時間:8:00〜21:00
住所:9VP3+4PC, Xətai prospekti, Bakı, Azərbaycan
アクセス:地下鉄グリーン・レッドライン「28 May」駅から徒歩16分
スポンサーリンク

最後に

今回紹介したショッピングモール以外にも、ネフチラル通り沿いなどにショッピングモールがあります。そのほか、旧市街はカーペット類や小物類を主とするギフトショップが多く、お土産を購入するなら旧市街がおすすめです。筆者は旧市街でカーペット柄のマウスパッドやザクロの形をした楊枝入れ?、キーホルダーなどを購入しました。

ぜひ皆さんも今回紹介した買い物スポットや旧市街で買い物を楽しんでください!なお、今回紹介した買い物スポットの場所は以下のグーグルマップで確認してください。