【ローマの治安】テルミニ駅周辺に要注意?!イタリアの旅カルテ

スポンサーリンク

旅の通知表「旅カルテ」!

今回はイタリアの首都「ローマ」を取り上げます。

ローマは日本人観光客も多く、イタリアでも人気の観光都市です。

古代ローマ時代の遺跡など、古い歴史を感じることができる世界有数の都市でもあります。

そんなローマの物価や治安、街並みなどを独自に評価するほか、気温や降水量も記載しているので、ローマ観光の参考にしてみてください。

イタリア・ローマ観光の旅カルテ

評価項目 5段階評価
おすすめ度 ★★★
治安 ★★★
物価 ★★★
街並み ★★
交通機関 ★★★
英語力 ★★
美女・イケメン比率 ★★★
日本車比率 ★★

ローマの気温と降水量

ローマの平均最高・最低気温(グラフ)

ローマの平均降水量(グラフ)
※出典:気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/frame.php)などのデータを基に筆者作成。

ベストシーズンとは?

4~6月辺りが観光にはおすすめです。気候がいいので、観光で歩き回るには最適の時期になります。

夏場(7~8月)は本当に暑いので避けた方が無難です。熱中症や脱水症状対策として市の関係者が観光客に水を無料で配っているほどです。

なお、冬場の最高気温は11℃前後、最低気温は大体6℃前後になります。

イタリア・ローマ観光のポイント解説

おすすめ度:★★★

トレビの泉やスペイン広場、コロッセオ、バチカン市国など誰もが知る有名な観光スポットが多いことが高ポイントになります。

その一方、観光スポット以外の場所は単調でやや刺激に欠け、活気を感じることができなかったこと、テルミニ駅周辺のイスラム化、それによる治安面の不安などをマイナス評価とし、おすすめ度は星3つとしています。

古代ローマの遺跡群も魅力の一つですが、いかんせん似通ったものばかりなので、1カ所行けば十分です。

私はフォロ・ロマーノ(Foro Romano)とカラカラ浴場跡(Terme di Caracalla)に行きましたが、実際に行ってみると無料で見れる範囲で十分といった感じでもありました。

なお、コロッセオなど観光地で入場待ちをしていると、結構な確率で割り込みされますが、文化の違いと割り切るようにしましょう。

※ローマの世界遺産をおさらいしよう!

ローマの世界遺産まとめ!見逃せない“四大バシリカ”とは?
ローマの世界遺産まとめ!見逃せない“四大バシリカ”とは?
【世界遺産溢れるローマを堪能しよう!】 イタリアの首都「ローマ」には、1980年(1990年に拡張登録)に世界遺産登録された「ローマ歴史地区・教皇領とサン・パオロ・...

ローマ・コロッセオ(Colosseo)の外観

治安:★★★

昼夜を問わず、ローマの街中を歩けるだけ歩きましたが、治安面で特に問題は感じませんでした。

しかし、テルミニ駅周辺は黒人男性やイスラム系男性が多く、ガラの悪い地区になっています。警察車両に車止めを投げつけていた人もおり、テルミニ駅周辺は治安があまり良くないと感じました。※日中観光する分には問題はありません。

また、観光スポットではありませんが、二コラ・カリパリ庭園(Giardini Nicola Calipari)周辺もイスラム系住民が多いので、夜間は注意してください。

テルミニ駅周辺以外についても、細く人目に付きづらい道が多くあるので、夜間は入り込まないように気を付けてください。

なお、治安の悪い街の特徴としては、黒人・イスラム系住民が多いこと、落書きが異様に多いこと、ごみが散乱していることなどが挙げられます。

嫌な雰囲気を感じたら、すぐにその場から立ち去ることをおすすめします。

物価:★★★

ローマの物価については、フランスなどと比較して安く、日本とほぼ変わらないという印象を受けました。

ローマには「Coop」や「CONAD」などのスーパーマーケットがあり、飲料品の購入など上手に使えば滞在コストを削減することができます。

食事については、スナックバーやイスラム系レストランでは6ユーロ前後、中華レストランでは12ユーロほどで食べることができます。

イタリア料理レストランでは、ペスカトーレ(リゾット)とイタリアンビールで16ユーロほど。20ユーロもあれば、そこそこの物が食べられると考えて大丈夫です。

なお、ホテル代(日本円換算)の目安としては、3つ星ホテルが5000円台~、4つ星ホテルが7000円台~、5つ星ホテルが1万円台半ば~になります。

☆Hotels.com☆ローマのホテルがお得!

物価目安
水(0.5L) 0.60ユーロ
コーラ(1L) 1.10ユーロ
ファンタオレンジ(0.5L) 0.75ユーロ
桃(1kg) 1.50ユーロ
バナナ(1kg) 0.80ユーロ
ピザ(サイズ小) 1.20ユーロ
スナックバー(食事) 6ユーロ前後
レストラン 10ユーロ~
3つ星ホテル 5000円台~

※1ユーロ=124.55円(2017年5月29日現在)

ローマのレストランのペスカトーレ

街並み:★★

街を歩いていると古代ローマ時代の遺跡が点在しており、独特な景観を築き上げています。しかし、遺跡は似通ったものが多く、感動するのは最初だけかもしれません。

また、トレビの泉やスペイン広場など観光スポットは多いですが、観光地から少し離れると趣きのある建物は少なくなります。

特徴のある建物は意外に少なく、地味で華やかさに欠ける街並みになっています。そこが魅力かもしれませんが、華やかなヨーロッパらしい街並みを期待する人にはやや不満が残るかもしれません。

さらに、街中は緑が少なく、落書きも多いため、観光地以外の景観はいいとは言えないことから星2つとしました。

※ローマの街並みを世界トリップ写真館でチェック!

【世界トリップ写真館】イタリア・ローマ編
【世界トリップ写真館】イタリア・ローマ編
世界一周で巡ったイタリアの首都「ローマ」の写真を大公開! トレビの泉やスペイン広場、コロッセオなどローマの主要観光スポットに加え、通りをメインとしたローマの街並みが...

ローマのコルソ通り(Via del Corso)

交通機関:★★★

主要交通機関は地下鉄とバスになります。

ローマの街は意外と狭いので、パンテオン(Pantheon)を中心にすると、大体の観光地には2キロ以内で行くことができます。

そのため、時間に余裕のある人は散策がてら歩いて観光することをおすすめします。普通の観光客とは違ったローマの顔を垣間見てみましょう。

なお、路線図については、ローマの地下鉄を運営するATACのホームページで確認できます。

地下鉄は、「MA(オレンジ)」「MB(ブルー)」「MC(グリーン)」の3つで、グリーンのC線は建設中で一部開通しています。

共通チケットの料金
1回券 1.50ユーロ ※100分間有効
1日券 7.00ユーロ ※刻印後24時間有効
2日券 12.50ユーロ ※刻印後48時間有効
3日券 18.00ユーロ ※刻印後72時間有効

※チケットは自動券売機、キオスク、バスターミナルのチケット売り場などで購入ができます。

ローマのテルミニ駅(Termini Station)の構内

英語力:★★

英語圏からの観光客も多く、ホテルでは英語が通じます。

しかし、観光地付近ではないレストランやスナックバーでは英語が通じなかったため、簡単なイタリア語は覚えておいた方がいいかもしれません。

簡単なイタリア語
こんにちは ボンジョールノ(Buongiorno)
ありがとう グラッツェ(Grazie)
いくら?(値段) クアント コスタ(Quanto costa)
これが欲しいです ヴォリオ クェスト(Voglio questo)
トイレ トイレッテ(Toilette)

美女・イケメン率:★★★

ラテン系は美人・イケメンが多いです。

肌を小麦色に焼いている人が多く、スタイリッシュな人が多かった印象があります。

しかし、観光客や移民が圧倒的に多いので、割合的に少なく感じる点には注意です。

日本車比率:★★

イタリアということもあり、フィアット車が多いです。また、オペルやフォルクスワーゲン、Smartなども目立っていました。

日本車の中ではトヨタがダントツで、続いて日産という感じでした。そのほか、米フォード車を多く目にし、少し驚いたことを覚えています。

ドライバーについては、気持ちに余裕がないのか、せっかちな人が多いのか、運転の荒い人が多いとの印象を受けました。

また、ローマは歩道が狭い道も多いですが、容赦なくクラクションを鳴らされるので、車には注意して歩くようにしてください。

まとめ

ローマは歴史を感じる見所の多い観光地であることは間違いありません。

しかし、観光地は点と点という形になっており、街全体としての魅力につながっていない印象を受けました。

人それぞれ感じ方は違いますが、観光地以外の景観についておすすめできる場所は少ないと感じたほか、テルミニ駅を中心としたイスラム化もマイナス要因になります。

2、3日あれば大体の観光地に行くことができるので、短期間の滞在が適しています。

その他イタリアの都市にも同様のことが言え、7~10日間で3都市くらい周遊すると満足度の高いイタリア観光ができると思います。

※フェンディなどローマにあるブランド本店はこちら!

ローマで高級ブランド本店巡り!フェンディ、ブルガリなど
ローマで高級ブランド本店巡り!フェンディ、ブルガリなど
【スペイン広場周辺が高級ブランド店街!】 イタリアは多くのファッションブランドを産み出していますが、ローマにもフェンディ(FENDI)やブルガリ(BVLGARI)な...